冬ドラマ終盤他視聴メモ

・カルテット  ⑧⑨
 
 WBCが長すぎてカルテットを見る体力が残らず、録画視聴。
 素晴らしいドラマですが、気楽に見られぬ。体力が要る。

 8話は、かわいいすずめちゃんの切ない夢の話が印象的な。

 すずめちゃん宅建持ってたんだ、ちゃんとしようと思えばできるんだ。
 それだけ今までいろいろあったんだな・・という切なさ。
 新しい職場で、爺さんたちに受け入れられて居場所ができたのが感涙です。
 ミッキーカーチスありがとう。
 すずめちゃんを迎え入れて、理解して受け止めてくれて。
 きれいな恋愛色の濃かった回で、ラスト1分の爆弾。
 マキさんは別人?どういうことだ。なんかもう全然予測つかん。

 9話は、最終章前編らしい。
 ああ。なんか言葉になりませんが。また書き加えるかもしれませんが。

 「そうか、マキちゃんは普通の人になりたかったんだ」
 ・・とは、私も思っていたけれども、ここまでの事情とは。
 ふわふわな芸術家のお嬢さんが、「普通」のままごとしてみたかったのかな、
 程度にしか。ほんともう、何が隠れてるのかわからん。
 「それで今度は旦那が失踪」と半笑いの大倉刑事さんはひどいんだけど、
 思い入れがなければ確かに滑稽な話かもしれん。私は泣きそうだったが。

 自転車事故で2億円はひどいと思うが、法律で上限は決まってなかろうから、
 延々と被害者から請求され続ければそれもあるか。もはや強請りか・・。
 ここは漫然と見ちゃいましたが、家森さんの謎の可能性があるらしい?

 ありすちゃんは、これで退場?行動原理はお金?なるほど?
 最終回でスッキリ落ちる可能性もあるので、少し保留。

 クライマックスですずめちゃんの演説が響かなかったのだけが残念。
 最後の夜は胸に迫りました。みんなに会えたからやり直さない。

 マキさんが結局何をしたのかはまだ謎で、最終回は全く想像つかない。
 このドラマとお付き合いできてよかったです。あと1回。


・タラレバ娘

原作を読んでいなかったら、これでも面白いと思えただろうか。うーん。
 あの面白い原作を、なんでわざわざこんなにしちゃうのか。
 モチーフにしてるだけで、別物ってことなんでしょうけども。

 香にしても小雪にしても、不毛な恋愛とは身に沁みつつ、
 好きな気持ちがあるうちに別れるのはホントつらいだろうから、
 あれくらいエグイ展開にならないと決断できないだろうなと思うんですよ。
 原作はホント、生々しく痛ましくて、それがリアルで良かったのに。
 
 香、「セカンドじゃなくてサードだ」ってぶった切られるとこ、
 財布やスマホや化粧品が入ったバッグを置き去りにしてでも、
 この場で断ち切って去れって言われるとこ、すごくよかった。
 鳥肌立った。キイ最高だった。
 
 小雪、秘め事()の場に踏み込んでくるのが相手の姉ちゃんって、
 絶妙な人選だった。嫁ならばまだ、夢の続きが悪夢になるだけ。
 「あなた、そういうことだから」と小雪に、
 「さあ支度して。赤ちゃんに会いに行くよ」と弟に。
 ありふれた修羅場ではなく、ものすごく生活感あふれてリアルな。
 あれはもうどうしようもない。覚めるしかない。なんて見事なんだ。

 これは漫画の話で、ドラマは似てるようでぜんぜん違いました。 

 ただ、自分の好みは置いといて、原作と差別化は目指してんかなとも思った。
 二人とも、外からの圧力で抜け出すきっかけは掴むけど、
 ドラマではちゃんと自分の言葉で相手に別れを告げてるんですよな。
 ぬるいっちゃぬるいかも知れんけど、まぁ優しくきれいに作ってあるか。
 丸井が「やっぱりピンと来ない。可愛いのかどうかわからない」
 とかだったらどうするつもりだったんだ。まぁいいか。

 「恋愛はいつでもできるけど出産はリミットがある」なんて、
 新進気鋭の脚本家が有難がるような新鮮なセリフか?普通じゃね?
 ・・みたいなところまで引っかかるのは、ちょいマイナス傾向。
 
 ラスト、早坂さんの鍋をぶん投げて弱ったキイに向き合うのは・・
 原作と比べなければ、キュンとかしたのかなあ。。どうなんだろ。
 りんこさん、電話気づいたなら出ろよ。事情を話せ。話せるでしょう。
 原作とは違う。事態は緊迫してないし、自分が追ったわけでもない。
 偶然会っただけなんだから。
 ほっとけなきゃ、連れてって鍋食わせたっていいくらいだから。
 
 そもそも東京狭すぎでしょうよ・・道一本しかないのかよ。
 どんだけ偶然会ってんだよ。
 ここだけは突っ込まないで我慢しようと思ったのに(笑
 坂口健太郎のキイはすごく良いと思ったんだけど、なんか薄いし情けない。
 もっともっとインパクトある破壊的なキャラに出来たんじゃないのか。
 期待しすぎたな、たぶん。ドラマのコンセプトがそもそもライトなのだ。 

 これもあと1回です。文句言いましたけど楽しみですよ。


・3月のライオン ㉑

 大好きな人間将棋の回。高齢化社会の希望。
 原作を読んだときにものすごく感動した話。
 過疎地の高齢社会のモデルケースになる話。素晴らしい。
 
 そして、ふくふくだるま爆誕の回。
 ひなちゃんの夢。これもリアルで良い話。子どもの具体的な希望と未来。
 もしかしてこれが最終回になるかと思っていたけど違った。

 新学期と、隈倉九段の登場もアリか。
 じゃあラストシーンはあれか。夕暮れの部屋のテレビか。

 絶対2期がある、と考えていいですかね。


 余談のメモになりますけど。
 アニメになって、より将棋を近しく感じてきた・・のはある。
 漫画の時は、わかんないとこは飛ばしてたし。
 その中で、現実の棋士さんにも少しだけ興味が湧いて。

 良い話じゃなくてアレですが、八百長疑惑のニュースを読んでみた。
 けっこう騒ぎになったし表層は聞いてたけど、
 詳細は気持ち悪すぎて避けていたんで。

 だって、疑惑をかけられた三浦棋士が、
 ベルセルクのウラケンと共に私の好きな土橋9段のモデルだと言うし。
 冤罪だったら大変なことになる告発側の渡辺竜王は、
 私が進撃のために買ってた雑誌で、漫画になってた人だし。

 で、いろいろいきさつを読んだ結果・・よくわかりませんでした。
 一応、疑惑はシロという形で、冤罪だったという決着らしい。
 だとしたら、告発側が何の責任も取らないのはどうかと思うし、
 疑わしきは罰せず程度で、疑惑が残るのなら、
 土橋さんはそんな人じゃないよう(涙

 こんどNHK杯とか見てみようかな、棋士覚えようかな、とか
 明るい展望で考えたいんですが、やっぱり気持ち悪い話でした。
 こんなことが起こらなければ良かったのに。薄いタラレバ。
 


・大河

 見てますよ。特に書くこともないけど。
 
 ええっと、菜々緒が早くも阿部サダヲに粗末にされてます。
 次回は少しは大事にしてくれるのだろうか。
 浅丘ルリ子さんが美しい妖怪のようでした。ちょと怖い。
 傑山?はいいですねえ。昊天?も良いです。
 
 この場を借りてっていうのも変ですが、高橋一生がブレイクしてます。
 ここでも萌えっぽい美味しい役で出ています。彼について少し。

 最初に存在を認識したのは、デトロイトメタルシティかなぁ。
 半落ちかもしれない。テレビのクライマーズ・ハイかもしれない。

 あんまり得意じゃないんだよな。気味悪い人だと思う。ごめん。
 でもキライではなく、このところ良い役がついててそれはスキ。
 この小野も良いし、家森さんも良いし、民王がとにかく良かった。
 まだ見てないけど、たぶんシン・ゴジラも良いんだと思う。
 ある系統で、すごく魅力の出る人だと思う。
 
 でも、ハマらないと気持ち悪いし怖い。無表情が怖い。
 笑うとしわくちゃになって可愛いというけど、私は怖い。
 目が笑ってない。何考えてるかわからない。どっか異質で不穏。
 笑顔がパックリ割れて、ズラッと生えた牙とかベロとか現れそう。
 そうだ、ズバリ寄生獣みたいなんだ・・。ごめんごめん。
 逃げ恥最終回の日の,多部ちゃんとの単発恋愛ドラマ、
 見た人の評価は高いけど、私にはぜんぜん無理だった。
 演技は上手かったのかもしれないけど、不自然でキモくて怖かった。

 でも最近の役はみんなスキだから、ずっとこのまま行ってほしい。

そのほか・・うーん・・。

・バイプレイヤーズ

 レンさんが仕事入れ過ぎて倒れて、みんなで代役やる回は笑った。
 面白いんだと思う・・けど、残念ながら相性は良くない。
 本人役で出演っていうのが、すべて生理的に苦手なんだと思う。
 どこで誰が出てきても、1メートルくらい冷めてしまう。
 大丈夫だったのはSpecのエグザイルくらいですかね。
 あれは笑った。知らない人だったせいもあるけど。

 そんなわけで苦戦してますけど、も少し見てみる。

こんなところですかね。
豊かな時期だったと思いますよ。まだ締めくくりが残ってるが。

春ドラマもけっこう情報出てますね。
自分比で、わりあい豊作な気配がします。いくつかチェック。
進撃とベルセルクも始まるし!

冬ドラマ最終回の後にまとめよう。

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/23983539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-03-16 22:31 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)