フィギュアJr.ワールドとその他メモ

シーズン最大のイベント・世界フィギュアまであと1週間。
その前にあった大会について、自分のためにかんたん備忘メモ。


・ジュニアワールド

 今季は今までで一番盛り上がりました。女子フリーは地上波生放送。
 スター候補が出てくると違うな、やはり。まぁ、有難くご相伴にあずかる。

 男子シングル。

 ビンス・ゾウ大爆発。なにこれ、去年までと全然違うじゃん。
 クワド3回降りて、フリーの技術点は100点越え。羽生くんやネイサンレベル。
 総合で260点近く、ジュニアの点じゃないよこれ。

 サマリンやアリエフ、サモーヒンなども、クワドを織り込んで高得点。
 フィギュアの進化早すぎ。怖いよ。
 スポーツなんだから良いんだけど、楽しいより怖い気持ちが先だった。
 男子ジュニアはまだコドモも多くて、身体が出来ないのに高難度過ぎなような。
 でもそんなこと、私が心配することじゃないですね。
 無理すんなよとも言えないので、目の前の出来事を素で楽しめるよう努める。

 日本男子は、友野君、島田君。
 彼らだって彼らなりに悪くないし、9位と14位で2枠を取れてるし無問題。
 でも、上位とはあまりにもレベルが違ってしまい、目指すものも違いすぎ。

 
 女子シングル。

 ものすごい盛り上がりでしたよ。
 結果はあの通り、ロシアのザギ子が世界最高レベルで200点越えの優勝。
 連覇を狙ったマリンちゃんが、やはり200点超えても及ばず、2位でした。
 
 簡単に書いたけど、マリンちゃん素晴らしかったです。
 子どもなのに媚媚過ぎて、周囲のアゲも強すぎて、
 変態ロリのコメントもイヤすぎてちょっと苦手だったんだけど、
 も、ほんと素晴らしかったです。優雅できれいで可愛かった。
 そしてパーフェクト。

 去年の女王とはいえ、去年は有力選手棄権の間隙をぬった棚ボタもあり、
 報道があおるほど有力だとは全く思ってなかったんですが、
 ごめんなさい、おばさんの目が曇ってました。
 こんなに魅力的な演技をする人だとは。
 本人も、勝つつもりだったんですね。

 それを上回ったザギ子がすごいということでした。
 基礎点がそもそも高いので、ノーミス同士では勝てない。
 芸術点では差を埋められませんでした。
 残念だったけど、たいへん面白い試合で、予想以上に楽しめました。
 来季のシニアがまた楽しみ!

 坂本さんが3位。彼女も良かったですよ。
 ジュニアの試合、とくくってしまえば、一番爽やかで清々しかった。
 豪快なジャンプと健康的なステップ、すごく気持ちいい演技。
 レベルが高すぎて3位だけど、優勝だっておかしくなかった。

 白岩さんが5位。SPまとまって良かったです。
 フリーは・・転倒もあったけど、ちょっと固く感じた。
 背中の膏薬も痛々しく見えた。
 万全に健康になったら、彼女もトップに来ると思う。
 少女たちが津波のように。

 そのほか、優勝候補と思われたツル子が、精彩を欠いて10位。
 去年、怪我してないときはあんなに無敵だったのに。
 楽しみにしてたので、少し残念。怪我が完治すれば戻る?
 それとも、ほかの多くのロシア選手のように、一瞬の輝きで沈むのか。
 別の意味で恐ロシア・・。

 それと、韓国から新星が出ました。ほっそいんだけどジャンプ凄い。
 さすが五輪の秘密兵器、と思ったら、出られないんだって。
 勝負は北京らしいです。

 女子は勝負が面白いですね。来期以降もめっちゃ楽しみです。

 カップル競技。
 ペアもダンスも一組出場。いいじゃないですかー。
 順位はどっちも13位くらい。点数も120点くらい。
 そんなに悪くないと思う。これからのこと考えたら全然悪くない。
 これからも見守りたいです。



・冬季アジア大会

 1月にやってたやつ。(違った。2月だった。四大陸の翌週だ)
 トップレベルの大会とはいいがたいんだけど、予想を超えて楽しかった。
 いろんな国の選手が、それぞれ目標をもって頑張ってました。
 アラブの全身タイツ女子に感動。
 マレーシアの男子選手にも感動。3連続バタフライ。
 インドの選手が、花をもらって喜んでたと言う報道に涙。

 勝負のほうは。

 男子シングル。
 宇野昌磨くん、フリー2コケながら僅差で優勝。
 ボーヤン・ジンもまとめましたが及びませんでした。
 普段見ない人は納得いかない結果かもしれない。
 まぁでも、この結果。
 3位はハン・ヤン。彼も良かった。順当な結果か。
 いや。テンくんが不調だった。四大陸でなくこっちに出たのは何故。

 女子シングル。
 坂本さんがインフルで欠場、りかちゃんもいまいち。
 優勝は韓国の美人、2位が李子君ちゃん、3位がトゥルシンバエワ。
 見てた限りでは、順当でした。

 ダンス。
 クリカナ、四大陸よりもはるかによかったですよ。
 ベストに近かったのでは?惜しくも2位でした。

 ペア。
 海龍の海ちゃんがインフルで欠場。マジか。どこまで続くインフル禍。
 楽しみにしてたんだけど仕方ない。
 成嶺はドキドキでしたが、この前よりずっとレベル上がってた気がする。
 SPは46点くらい出たかな?海龍とそんなに差がなくなって来た。
 スゲー。・・と思ったが、フリーはまだメタメタだった・・。
 でも伸びる希望があるのはワクテカですよね。
 ジュニアのペアといい勝負になって来てるし。

 
・ルクセンブルクの大会

 この大会にトップ選手が出る意味がまったくわかんないんだけど、
 宇野君がエントリーして、ほかの選手と別次元の演技して300点。
 調子がいいのがわかったことはよかった。
 無良氏はぜんぜんダメでした。何しに行ったんだ。
 リカちゃんも一応優勝でしたけど、160点くらいでレベルが。
 ノービスやジュニアも優勝してましたけど、うーん、
 遠くまで行って練習試合。いや、いいんだけど、


こんな感じで。


世界選手権については、宮原さんの怪我が癒えず、欠場となりました。
リカちゃん大車輪の代役です。

五輪の3枠は、絶望的ってことはないけれど難しくなりました。
新葉ちゃんが大舞台で強さを発揮してくれることを祈る。
まぁ、2枠になっちゃっても仕方ないです。
ただ、そうなったら真央ちゃんの五輪は完全にないな、と
そう思っちゃったことだけが、ちょっと痛恨。

男子は、枠については心配してないです。当然といえば当然。
でもここも、エース二人のどっちかが出られなくなって、
ほかのふたりがデカくんと無良氏とかなったら、いつかの悪夢再現ですが。

カナクリ、すみオデも含めて、みんなのベストの演技が見られますように。

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/24010615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-03-21 21:50 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)