テレビ映画3題備忘

録りためていたTV放送の映画を、ここしばらくでいくつか観ました。
単独でレビューするほどでもないので、観たよという覚え書き。


・「告白」

 R指定じゃなかったっけ。普通にテレビ放送。BSのほうがゆるい?さて。

 めっちゃ話題になった映画ですね。当時レンタルで1度観ました。
 原作も読んでおり、めずらしく映画のほうがより面白いと思った。
 賛否両論あったけど、今も変わらずあるのだろうか。
 人の心に自然とあるタブー意識は、目に見えるより千差万別なのかも。
 私には、素でたいへん面白かった。勧善懲悪で痛快とすら思えた。

 私が動物の苦しみを無条件で見ていられないように、
 どんな子どもであろうと、犯罪者であろうと、
 子どもが酷い目に会うのを見ていられない人も多いのだろうと類推。

 彼がクラスで苛烈ないじめを受け、反撃するところも痛快でしたよ。
 彼にも女教師にも特段の感情移入はできず、
 ただ、胸糞悪い出来事がいくつか起こってその多くに報いがあり、
 それらの仕掛けが面白かったというのは直球です。

 橋本愛は史上最強の美少女でした。あの子は気の毒だった。
 このころが最高。桐島は良かったが、あまちゃんの時は既に下降気味。
 一番美しい時期が映像で残されるとは幸せなことです。
 能年ちゃんが出ているらしいんだがいまだに見つけられない。
 いじめのリーダー格だったクラスの女王様ふうの女の子、
 ああ、これが「ブシメシ」のヒロインの子なのか。
 男の子たちは、大人の俳優に育たなかったのだろうか。


・「ミスト」

 キング原作のパニックホラー。
 指折りの鬱映画として、一部で話題になりました。

 ずっと気になっていて、放送があったので録画したんですけど、
 実はラストを観ていないのですよ。怖すぎて。
 そこに至るまでのB級パニック描写でさえ怖くて消耗。
 この後何が起こるのかがわかっていてさえも怖い。
 怖い映画を見慣れていないということもあるのだろうが、
 つまり私はこの映画を誉めているので、どうぞご覧ください(何?)。


・「超高速参勤交代」

 これもけっこう話題になりましたね。成績も良かったのでは。
 でも、普通の娯楽時代劇ですよね。
 悪くはなかったけど、なんであんなに売れたのかはわからなかった。
 
 バカみたいな笑わせどころがあり(西村さんの井戸落ち爆笑。不覚)、
 ねえよ!みたいなツッコミどころもあり(敵の忍者弱すぎだし)、
 それでも最後にはスッキリと大団円。深キョンはかわいいね。

 水戸黄門みたいでした。
 続編もあったんですよね。どうだったんだろう。
 そっちの噂は聞いてない。

こんな感じで。

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/24056780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-04-01 00:40 | 映画 | Trackback | Comments(0)