レンタルDVD「シン・ゴジラ」

わりと楽しみにしていました。
ブルーレイは借りられず、DVDで。

実は私、ゴジラ映画って、見るの初めてだったんですわ。
全く惹かれるものがなかった。なんであんなにみんなゴジラが好きなのか。
高橋幸治さん目当てで「ビオランテ」を見ようと努力した時も無理だった。

なので、後半に米軍の攻撃が効いてゴジラが深手を負い、
「ゴ、ゴジラが怒った・・」みたいな不穏な盛り上がりの中で、
ゴジラがぐわわわっはーーーー!!と火炎を吐き、
背中からぐわしゅわっぱーーーー!!とレーザービームを噴出させた時は、
「うわあああーーひえーーーギャーーーー!!」みたいな感じで、
ものすごくびっくりして大騒ぎをしてしまった。映画館で見なくて良かった。

それで夫が帰ってきたとき、
「ゴジラが火ぃ噴いたんだけど!!知ってた!?ゴジラが火噴くの!!」
と訴えて、
「そんなことを言う日本人が存在することが俺は信じられない。常識だろうが」
・・と、ぶった切られた・・・。冷静に考えると、その通りのような気がする。
私も、一般常識としては知っていたような気もする。
それでいて、ほんとうに火を噴くとは思ってなかったのかもしれない。
本気で驚いてしまったので。

一番インパクトが強かったことを、まず書いてしまった。

あらためて感想を言うと、たいへん面白かったです。
それはたぶん、私が震災を経験した大人の日本人だからです。
ゴジラ映画としてどうなのかは判断できないですけど、
エヴァンゲリオン風味のプロジェクトXパニック映画として、
巨大な天災に立ち向かうちっぽけな人間たちの総力戦として、
日本の働く大人の物語として、涙しつつ見届けました。


こまかいあれこれ。

いちいち出てくる細かい字幕はネタとしても、
何言ってるのか全然わからないのは困った。
なので邦画なのに字幕で見ました。映画館組はよく聞き取れましたね。

ストーリー展開でも、2回見てもよくわからないところが。
レジャーボートの博士は、結局ゴジラにどういうかかわりがあったのか。
折り紙の謎も、解けても結局よくわからない。

ヤシオリ作戦と電車爆弾は胸熱だったが、あれって・・
飲み込んでくれなかったらどうするん。線路のないところに行かれたら。
まぁここは通す。これを突っ込むのは野暮だと思われる。

広島と長崎の話が出た時は、チリッと嫌な感じ。

途中、アニメ版の亜人とかぶるところがあってちょい混乱。
米軍の突入とか核攻撃とか、米側の美人とか。デジャヴュ。


キャラのこと。

全員触れたいが長くなるのでピンポイントで。

石原さとみはひどかったが、たぶんお笑い担当だったと解釈し、通す。
ハーフの女優さんとかじゃダメだったのか。きっとわざとだったんだろう。

ヒロインは尾頭さんだったと私も思う。

戦車隊でサンシャイン斎藤が出た時は吹いてしまった。インパクト強すぎ。
自衛隊はみんなカッコいい。國村さん。ピエールさん。
なんか片桐様もいたぞ。

夫は、塚本晋也の学者が小汚くてイヤだって言うけど、私は好きだ。

進撃も巨人のキャストたくさん。ちょい役で豪華キャストたくさん。

最大の萌えキャラはかまた蒲田くん!!出た時爆笑しちゃった。
かわいい。かわいすぎる。間抜けすぎるけどスーパーラブリー。
ネットで大評判になったものわかる。グッズほしい。

2回目は夫と観ましたが、
夫は「ハリウッドのゴジラのほうが面白かった」って言ってました。
ゴジラ映画としての評価は、私にはわからんのです。
日本人にしか受けない映画、という評価は、その通りだと思います。

でも、楽しみにしていた分、期待していた分は、たっぷり報われました。
面白い映画でした。

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/24088723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-04-09 15:29 | 映画 | Trackback | Comments(0)