春ドラマ序盤メモだけメモ(何

あらまし始まりましたかね。感触だけの覚え書き。
けっこう頑張ったのですが、今のところ、そんなに・・という感じ。
事前予想に沿って。

・CRISIS

 いちおう2話まで頑張って観ました。何とか観られた。
 BORDERも、見てるうちにだんだんとハマったし、
 野間口さんが良い感じなので何とか続くかも知れない。
 楽しみではない。


・フランケンシュタイン

 おっと、まだ始まってなかった。


・小さな巨人

 ドラマ見るのって、こんなに疲れたっけ・・。
 私、半沢直樹も結局そんなに・・だった気がする。
 1話を最後まで見られていない。尾頭さんに会えてない。
 厳しいかも知れない。



第2群。

・リバース

 近頃あんまり藤原君が得意じゃないので、どうかなと思いつつ。
 うん、1話まぁまぁ良かったです。「Nのために」の雰囲気が少し。
 藤原君はやっぱり上手いね。ダサい役はちゃんとダサく見える。
 山口まゆちゃんにちょっと注目。
 これもまだ、楽しみってほどじゃないけど、次回も観てみます。


・あなたのことはそれほど

 ええ・・?これは・・?
 ひどい評判を先に聞いちゃったが、最初の10分はそこそこ見られた。
 酷評の不倫相手は、太めの福士蒼汰に見えた。確かに魅力はない。
 私はけっこう東出が好きなので、こっちのほうが良いじゃないかと思える。

 ・・という評価ができる段階ですらなく、
 「卵半分割れる呪い」の時点で、もしかして無理だ、と思った・・。
 ハルちゃん、こんなに下手なの?なんなのこの娘。どうしたの。
 誰に言わされてんの・・。なんなんだこの不自然さは。
 
 ONでも、最初下手糞すぎて無理だと思いながら少し回復したので、
 もう少し我慢したら、ハルちゃんの特異な魅力が現れてくるのかもしれない。
 でも、なんか、ストーリー自体がある程度我慢を強いられる内容なので、
 この上,棒まで我慢できる気がしない。。嗚呼。


・女囚セブン

 おっとこれもまだか。


NHK群。

・ツバキ文具店

 うーん・・・。

 雰囲気はあるので、好きな人は好きなんだろうな。。とはおぼろげに。
 冒頭の葬式とか、多部ちゃん大暴れとかは少し笑えたんだけども、
 多部ちゃん、私もこの代筆、大嘘だと思うわ。
 病むくらいなら、命の短いペットなど飼うべきじゃないだろうと思うと、
 悲しむ人にもあんまり感情移入できなかったし、
 それはそれとして、あれほど悲しんでいる人に、
 他人に書かせた言葉を届けるという欺瞞の意味は何なんだと思ってしまう。
 
 ちょっとご縁ないかな。


・みをつくし

 まだだった。


・4号警備

 窪田君と北村さんは悪くなかった。

 30分。見やすいよりも説明不足と感じた。
 目の見えない人の、杖を持つほうの手を引くのも気になった。
 途中から失明した人は、杖より人の手を頼るのかしら・・?
 あの犯人は結局何者だったんだ・・。
 2話目はあきらめちゃった。まだ再放送はあるか。


こんな感じで、今のところ掘り出し物はないです。
ちょっと頑張らないと全滅の危機。

でも実は大丈夫。


・大河

 今一番楽しみです。面白いと思う。
 重厚なヤツが好きな人には嘆かわしいかもしれないけど、
 金も人材もない小国の、知恵と勇気の奮闘が新鮮で楽しい。
 まだギリギリ臭くはない。

 モブとしか思えなかった中野君と六左衛門がたいへんかわいい。
 状況も逆転逆転で予想がつかない。
 不憫な政次が、絶妙に切なくて良い。
 坊さんたちも引き続き良い。


・朝ドラ
 
 いろいろあって、今週からは、夕食時に夫と録画を見るようになってます。
 「あさが来た」以来です。
 庶民の地味な話ですが、安定。聖火リレーは泣かされた。ベタなのにー。
 一択が出てくるとテンションがあがる。意外と好きだった。
 朝ドラを楽しめるのは幸せなことですわ。


そのほか、進撃とベルセルクも楽しみにしてるし、
松の再放送もあるし(前半見ていないので)、
今更ながらに夏目友人帳も見ようかなと思い始めた。
春ドラマはやや厳しい状況ですが、全体としては悪くなく、助かります。


番外メモ。

前期の作品ですが「猫忍」を遅ればせながら完走。
いや、面白かったですわ。猫侍より良かったかも。

猫と笑いだけを期待した人には不評だったかもしれない。それもわかる。
猫侍よりも少しストーリーがあり、少しシビアな展開もあった。
まぁ、全体としてはバカバカしくて他愛ないのですが。

主役の大野君は口元に特徴があり、私にはイケメンに見えませんが、
コミュ障気味なところが面白くて、だんだん可愛くなりました。
デブ猫はそんなに可愛くなかったですが、猫であるだけで充分。
模様があるのでダブルキャストも難しいでしょうし、
撮影は大変だったでしょうに、とてもおとなしい賢い猫でした。

迫田孝也さんがバカみたいな役で出ていて笑った。
真田丸の三十郎である程度メジャーになったのでは。

ほんのりとラブストーリー的な展開まであって盛りだくさん。
女忍者の女優さんが、谷村美月ちゃんと浅田舞ちゃんを美人にしたような、
いや、あの、たいへんキレイな子だったので注目・・してたら、
なんかリバースに出てるみたい。ちょっとラッキー。

映画を見には行かないですけど、レンタルは楽しみにしたいです。
謎が残っているので、映画で解明されるのかどうか。
先々に繋がる楽しみ。

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/24105854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-04-19 23:33 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)