夏ドラマ取り急ぎチェックと時期の視聴メモ

まだ大丈夫、次始まってないですよね。
春ドラマはまずまずでした。今期もなんとか。


・コードブルー

 えと、あの、前シリーズ見てないのですよ。
 でも、全体見渡してみて、なんか今期いまいち?と不安がよぎり、
 たぶん一番人気であろうコレを、とりあえずキープしておこうと思って。
 前回時期よりもたぶん、私、ガッキー好きだし。逃げ恥のおかげ。
 「ガッキーだから見てみよう」くらいの引力はまだ続いています。



・ハロー張りネズミ

 弘兼原作で瑛太。作り方次第か。おためし。



・僕たちがやりました

 もしかしたら、あんまり好きじゃないかもしれない。
 窪田くんと、間宮くんほか若手に薄く期待。


うーん。以上3作も、そんなに期待してるわけじゃない・・
以下3作は、さらに下回りつつ、希望は捨ててない、程度。

・カンナさーん

 うーん(笑
 渡辺直美ちゃんはキライじゃないんだけど、西島とのCMはいまいち。
 芸人ならいいけど、主婦を演じた時に好きになれるかどうか。


・愛してたって秘密はある

 うーん(笑笑
 若向けの漫画みたいな話かも。


そのほか、1~2ミリ引っかかったもの。

・脳スマホ
・悦ちゃん
・ウチの夫
・居酒屋ふじ


例外(?)

・ごめん、愛してる

 はらちゃん、ありすちゃん、ピース(キィ君でもまぁ可)。
 普通だったら今期の一番手に挙げても良い。内容も面白いかもしれない。
 でもまことにすいません、無理です。韓流のリメイクというだけで無理。
 どん引く気持ちを、自分の中に確認しました。仕方ないです。
 食わず嫌いで面白いものを見逃していくとしても、仕方ない。
 それ以外のものを見て生きていきます。

不思議なんだけど、韓流系でも映画はあまり気にならない。
 映画の韓流ってけっこうレベル高いと思うしリスペクトっぽい気持ちもある。
 何が違うんだろうか。こんど突き詰めて考えてみよう。
 


いま一つの中、かなり頑張って数を拾ってみました。
1か月後にはどうなっているのか。


時期またぎNHK2作。

・みをつくし

 もうすぐ終わる。2話まで何とか見た。乗れてない。
 でも頑張ってみる。


・ブランケット・キャッツ

 1話見逃してしまった。これは見るつもりです。
 原作を読んでましたが、実は重松作品の中では好きじゃないほう。
 猫をレンタルするっていう設定自体に共感できなかった。かわいそう。
 でも、少し設定が変わってるので、3日貸し出される猫たちに説得力あり。
 仏頂面の西島ときれいな吉瀬さんも悪くない。猫はもちろんかわいい。


番外。


・大河

 引き続き楽しんでみています。
 井伊は材木や綿布の商売をし、少しづつ立て直してはまたピンチ。
 政次の存在感は抜群ですが、もうすぐ退場なのは悲しい。
 龍雲丸はいまいち。カジとかゴクウとか手下たちは結構良し。
 方久は良し!六左とゆきのじも良し。坊さんたちも良し。高瀬かわいい。
 今川の殿様も、意外に良いですね。
 桶狭間の後の今川って、全然印象なかったけど、頑張ってたんだな。

 タイトルはもう、ふざけてるんだなっていうことが分かった。
 綿毛の案とか、もう、ギリギリ・・(苦笑 まぁでも、許すか。


・朝ドラ(大長文)

 停滞気味に思えた赤坂編ですが、このところの宗男週には感動しました。
 宗男が汚な過ぎて賛否両論みたいですけど、私は久々に泣きました。
 「奇跡の人」を見てた人は、あの醜さに免疫がついてたようです。

 彼のイギリスへのこだわりと戦争のトラウマは、まぁ、普通でした。
 伏線で想像していた範疇の、わりと真ん中へんでした。ひねりはなし。
 突然「埴生の宿」とか「おーい一緒に日本に帰ろう」とかじゃないよな、
 などと余計な心配もしましたが、さすがにそれはなかった。
 ジャングルの中で敵兵とバッタリって、割と使われるシチュエですよね。
 昔、川崎のぼるの読みきりでも見た。あれは悲惨なラストでしたが。
 
 島谷君のチケットを受け取らなかったのは・・「えっ」となったけど、
 ちょっと考えて、ああそうか、と私は納得できました。
 あれを受け取れば、結局、コネのある人が得をしたことになるから。
 なんのしがらみもない、でもものすごく行きたがっていた人に渡るのが、
 あの流れでの筋の通った成り行きだったんだなと。
 
 武道館の外で「やっぱりやんなきゃ良かった」と漏らす宗男も、
 めっちゃ素直で可愛かったですけどね。そうだよなぁと思って。
 でかい嫁しずちゃんが、もう、かわいくてかわいくて。

 ビートルズの歌が全く流れなかったことも、私は納得なんだけど。
 だって、関係者一同の中で、コンサートに行けた人はいないんだもの。
 あれは、コンサートに行けなかった人たちの物語なんだから。
 オリンピックの時だって、そうだったし。
 時代の大きな出来事に寄り添った、市井の人たちのそれぞれ。
 宗男がちゃんとそう言ってましたし。

 宗男は戦争を生き延びて、なんだかんだ幸せな家庭を築いて、
 愛に満ち溢れて暮らし、この日戦争が終わったんですよね。
 私は大号泣して見てました。おかしいのかもしれない(笑

 あかね荘と赤坂周辺の皆さんも、好きになって来たかも。
 島谷君は、どこがいいのかずっとわからなかったけど、
 みね子ちゃんが好き、と認めるときの竹内君は素晴らしかったです。
 島谷君はいまも大して良くないですが、竹内君はやっぱり良いです。
 ヒデくんはもちろん良いですね。イケメン枠の中で一番良い。

 滑りまくりの漫画家ふたりも、かわいく見えてきました。
 ふたりいる意味もわかった。
 彼らは笑いのオチ担当で、いじられ役でサンドバッグなのね。
 ひとりしかいなかったら、イジメみたいに見えたかも。
 でも彼らはふたりでいてそれなりに幸せだから、惨めじゃない。
 最後には成功のきざしくらいはつかむかもしれない。サクセス!(?

 和菓子屋のヤスハルも、かわいい感じがしてきた。
 高ちゃんや元治も良い感じに見えてきた。

 早苗さんといちこはもともと良い。
 中華料理屋夫婦は変わらない。可も不可もない。

 三宅裕司だけは、今もむり。浮いてる。

 これからちょっとラブな展開になってくようです。
 まさかの宗男ロス気味ですが、これからも楽しみです。
 たすかる。 

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/24748990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-07-06 22:15 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)