新アニメ中心 ベルセルク雑感

そんなわけで、2017年春アニメ、ベルセルク2期が終わりました。
前期の終わりには新シリーズの発表がありましたが、今回はなし。
「この物語は続く」とだけ。うーん。ないのかな。
採算のことを考えると厳しいのかな、とも思うが、
全話映像化に情熱を燃やしてる人がいる気配だし、
アニメがあれば原作も続く気がするので、何とかお願いしたいなぁ。


アニメの2期、魔女っ娘編の出来具合については、ええと、
滑り出しは1期より良かったと思うんですけど、
終盤だいぶ力尽きてたような気がします。
途中に入った総集編がひときわ酷かった。
万策尽きた時間稼ぎなのは理解できますけど、
せめて総集編として、話がつながるように編集したらどうなんだ。
ただの名場面集で、結果「灰よ」の大安売り。苦笑を禁じえぬ。

そして、満を持したはずの狂戦士の甲冑話は紙芝居。
大物咬ませ犬の炎竜のオハナシで状況が語られていく。
そりゃ原作もそうなんだけどね。ちょっと古い演出。

アニメにしてくれただけで奇跡、文句言っちゃいかんと戒めつつ。

まぁ原作のほうでも、ここいら辺は賛否も別れ、脱落者多数だったはず。
私も実質はこの辺で脱落してました。
1期の断罪の塔篇は、アニメのおかげで理解が深まり感動したけど、
2期はそこまでではなかった。普通のアニメ化への感謝。

ああ、海辺でのガッツとシールケのラブシーン(違います)は良かったかも。
あれは原作では引いたから。なんだこれ不自然だろ、と思って。
なんでガッツここに来る、そんなにラブシーン(違うって)やりたいのかと。
でも、何故かアニメではすんなり受け入れられたので良かった。
妖精の状況説明はウザかったですけど。

3期あるとしたら、グリフィス側の物語が中心、
ガッツのほうは、船を手に入れるまでのファル里帰り編と、
そのあとやるなら海賊と人魚か。うーん(笑

ところどころ、見たいシーンもなくはないな。
シリーズ中、最もかっこいいピコとかね。
そうだ、ガッツと牛(違)の共闘!あれは良かった!落雷食らっても無事な人たち。
やっぱり3期欲しいですかね。期待せず待ってます。

原作で一番好きなのは、まぁ黄金時代篇は別として、
やっぱりロストチルドレンなんですよな・・。アニメ化は無理なのね。
ひとつのエピソードとしての完成度が完璧だと思うんだけど。
ガッツの戦いの壮絶さ、ストーリー展開の見事さ、
敵の残酷さとかわいらしさと悲しさ。ラストシーンの美しさ。
映画でもOVAでもダメですかね。今の時代は厳しいですからね。
エログロ児童ポルノ扱いになってしまうのでしょうか。仕方ない。


原作は、たぶんアニメのおかげで、何とか話が進み始めてます。
彼らが妖精島を目指し始めてから10年あまり、先日ついに到着(涙
最新39巻では、画集のような美しい絵で描かれる、キャスカの夢の回廊。
13巻以降、およそ20年謎のままだった彼女の内面に迫る旅。
ついにメインの傷、蝕の記憶にたどり着く直前で、また休載。
次回は冬頃再開と言うけど、今年の冬とは言ってない(笑

絵が少し変わっていることは、ちょっと痛みを感じました。
私が愛していたガッツは、もういなくなってしまったなと思って。
それは37巻の過去篇のあたりから、薄く感じ始めてたんだけど。

ガッツって、すごく美しい子どもだったと思うんですよ。
4~5巻あたりの、まだ不安定な古い絵のころから、
ちょっと半端じゃないと思ってた。私ショタじゃないですけど。
でも、37巻で出てきた少年ガッツはもう別人になってた。
大人が若作りしてるみたいな無理やり感で。
時間が経ちすぎて、愛してた相手も変質してしまったなぁ、みたいな感傷。
ストーリーもそうなのかもしれないけど、まだ愛してるぞ。

正気を取り戻したキャスカは、グリフィスの所へ行っちゃうのだろうか。
新生鷹の団に、彼女の居場所はないような気がする。
でも、リッケルトもウェルカムと言われてたし、来るものは拒まないか。

それとも、戦うために会いに行こうとするのだろうか。うーん。

一読者たる自分は、何を望んでるのかなぁ。わからんなぁ。
私ももうずっとベルセルクのことは忘れていたから、
(新刊に気づけば買っていたくらい)
物語の先を待ち焦がれる気持ちもなくしていたけど、
アニメのおかげでまたざわざわして来て、電子でアニマルを買ったり、
休載のお知らせに猛然とガッカリしたり。もう。どうしてくれる(笑

若い時より気は長いけれど、愛する気持ちで待つのはつらいわ。
先は知りたい。でも、そして終わってしまうのかと思うと、それも寂しい。
どんなラストを、自分は望んでいるのかなぁ(再


「炎竜の騎士」のこと。

初の公式ノベル。グルンベルドが使徒になるまでの物語。
なんでヤツなんだろうか、と皆さん思ったでしょうが、
ここからは始まるのならば最適だったかなぁ、と読後は思った。

ひとつのダークファンタジーとしたら普通ですが、
ベルセルクファンならば読む価値のある良作だと思います。
世界観を損なっていません。適度にグロく、酷く、切ないです。
文章がライトで読みやすいのもマルです。一気に読めます。
過剰に上質な文学的表現などされると、違うものになっちゃうので。

そしてグルンベルド氏は、新生鷹の団の中で最も健全ですね。たぶん。
蝕を起こして愛するものを捧げても、人間性を失ってはいない。
ギリギリ必要なステップを踏みつつ、むしろ救いを感じさせる。
捧げられた彼女たちも、彼を恨まないでしょう。
読者も、グルンベルドを好きになって後味良く終わる。

もしもこれが成功すれば、ほかの使徒たちの物語も、
こういう形で知ることが出来るんじゃないかと思う。
結末が決まっているのでバリエーションが難しいかもしれないけど、
だからこそ楽しみな気がします。陰鬱で胸糞なまま終わるのもアリ。
続編があるとしたら、主人公はロクスかなと思います。
作中で名前が出ていたので。

本編がさくさくと進むことはあんまり望めないぶん、
こういう形のスピンオフは大歓迎です。続いて欲しい。
そのためにも、ベルセルクファンの皆さん、この本買ってください。
三浦氏の挿絵も拝めますよ。864円ですよ。(何者なんだ私・・)

[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/24884819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by michiko0604 | 2017-06-30 22:55 | サブカル・エンタメ | Trackback | Comments(0)