小説「ラスト・イニング」 あさのあつこ

うーん、2巻のあとに7巻に飛ぶような愚挙よりはマシかと思ったが、
やっぱり無謀だったかもしれない(苦笑)。

「バッテリー」の1巻を返してみると、児童文学コーナーに2巻以降は一冊もなく、
唯一、一般図書扱いで陳列場所が違っていたこの外伝だけが借りられた。
主役二人のライバル、強豪校の二人の物語。

映画を見ていたので、話が通じない、とか人物がわからない、とか、
そこいらへんの心配はなかったんだけど、
やはり本編を読破してからにするべきだったな、と思うのは。
このシリーズが、映画よりはるかに、濃密な情念に満ちた特別な空気をまとっているから。
本編を読み込み、どっぷりとこの世界観に浸かってからのほうが、
この外伝も、ねぶるように味わって楽しめるんじゃないかな。
映画と一巻だけでは、まだ完全には入り込めていなかったかなー。。
主役の二人、巧と豪にきちんと感情移入してからじゃないと、
ちょっと、特に前半、キツイ感じがした。
方々にベクトルは向いていても、中心には彼らがいる、
濃厚な片想いと、コンプレックスの負のオーラに酔いそうだった。

なんというか、とても、BL色の濃い作品でした。今更かもしんないけど。
ファンになったあとだったら、こういう描写が美味しかったかもしれないが、
「美人で生意気で、女だったら好みのタイプ。マヨネーズかけて食いたい」とか、
中学男子が言うのだろうか。言ってもいいけど、なんか。すいません、引きました。
豪の笑顔が好きだったが、シリーズが終わる頃にはこんなにシリアスに、
ある意味悲壮になっていくのか?そういう関係性って幸せなのか。よくわからん。
まだ中学一年なのに。赤ん坊ではない、とはわかるけど。
うーん、だめだ、好意的に書けない。ヘンな抗体ができてしまったかもしれない。

自分が邪道な読み方をしたために失敗した典型。
楽しみにしていたので残念。いったんクリア、きちんと本編から入りなおします。
[PR]
トラックバックURL : http://nazuna44.exblog.jp/tb/6360548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 粋な提案 at 2010-09-05 23:56
タイトル : ラスト・イニング あさのあつこ
大人気小説「バッテリー」。あの伝説の試合がここに──!! 全国劇場公開される人気小説「バッテリー」。その中でも屈指の人気キャラクター・瑞垣の目を通して語られる、巧、豪、門脇らのその後とは──。ファン速..... more
Commented by 藍色 at 2010-09-06 03:09 x
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Commented by michiko0604 at 2010-09-07 17:56
ありがとうございます。あんまり誉めてませんけど、良いのでしょうか・・。

実は未だにトラックバックって良くわからないのですが、頑張ってみます。
by michiko0604 | 2007-10-13 01:01 | | Trackback(1) | Comments(2)