記憶にないほど大豊作のシーズンですが、却って散漫になってしまって、
初回はとりあえず覚書のメモ。ちょっとずつでも。

その前に、自分のために、開始前のチェックをおさらい。

(再掲)

「・3月のライオン 二期

 お待ちしておりました。楽しみ。

・いぬやしき
 
 原作を最初のほうだけ読んでます。実写映画もやりますね。
 アニメは主演が小日向さんで笑った。実写もそれでいいのに!!
 小日向さんのために初回は見ます。その後も見るかも。

・鬼灯の冷徹

 第3シリーズ。
 今までは見てなかったんだけど、最近ぽつぽつ読むようになり、
 面白いんじゃないかな、と思い、見てみようかなと。

・松 2

 もしかすると私、乗れないかもしれない。
 でも一応はチェック。


・魔法使いの嫁

 好きなんじゃないかという気がする。


・宝石の国

 なんとなく。


・クジラの子らは砂上に歌う

 知らないんだけど何だかとても気になる


・されど罪人は竜と踊る

 どうだろう。


・インフィニティフォース

 世代なものですから・・。


・銀魂

 今までほとんど見てなくて今更なんですが。」


。。というふうな、事前の心構え。
・・からの、第一話を見た結果。

MXは電波が不安定なので(リビングのTVでは映るけど、寝室は不安定。なぜだ)
録画はBSを頼っております。この機会に整理して自分でも把握しよ。


①3月のライオン(土曜夜NHK)

 楽しみにはしていましたが、進撃やベルセルクのような待ち望み方ではない。
 静かな立ち上がりで、原作通りの流れを独特の演出で。悪くはないが良くもない。
 ケーキ瞬殺芸の隈倉九段、部活のラムネ、どっちも人気のエピソード。

 初回最大のインパクトは、柳原棋匠の声優・大塚芳忠さん・・佐藤さんやんか!
 豪華すぎる。イメージとはちょっと違った。も少し飄々、または一見平凡な。
 彼に当てられると既にただ者じゃなくなってしまうが、
 あの震える棋匠戦をやってくれるんだな、という期待はがぜん高まる。
 やっぱり一番楽しみかなという気はする。


②いぬやしき (木曜深夜フジ)

 素晴らしい初回だったと思うんですが!(笑
 絵もきれいだったし話もよくまとまって、めっちゃ面白かった。
 コヒさんは素晴らしいです。アニメにはまだ馴染んでないかもしれないけど。
 次回は獅子神ターン?虹郎くんと本郷カナタやで。
 これも楽しみですよ。


③クジラの子らは砂上に歌う (火曜深夜BS211)

 いちげんさんの中では、一番面白いと思いました。
 「新世界より」を思い出す雰囲気があり、はぐれ船はちょっとラピュタのような。
 リコスだっけ?拾われた娘。あれは綾波レイちゃんぽい。
 内容をぜんぜん知らないので、調べたりせずに楽しもうと思う。


④キノの旅 (土曜深夜BS211)

 事前チェックには入ってなかったですが、思いついて録画してみた。
 しゃべるバイクと、諸国放浪。銀河鉄道みたいな感じ。抒情アニメ。
 良い感じでした。これも、予備知識つけないで新鮮に見ようと思う。


⑤魔法使いの嫁 (水曜深夜BS211)

 どストライクかと思ったんですが、思ったほど好きじゃなかった。
 うーん。サービス過剰と感じた。初回からハグとかお姫様だっごとか満載。
 なんか早々におなか一杯。7億円で買ってきた嫁か。
 絵もあんまり好みじゃなかった。女の子も感情移入できなかった。
 初回はあんまりピンと来なくて残念。もう少し様子を見る。


⑥インフィニティ・フォース (火曜深夜日テレ)

 予想以上に面白くて,視聴継続決定。
 ゲームのようなフルCGで唖然としたけど、すごい技術。すぐ慣れた。
 ストーリーはバカみたいだけど、それでいい気がする。キャラも濃くて楽しい。
 4人のヒーローの中で、テッカマンだけ一度も見たことなくてよく知らない。
 でかいえんぴつがチョコレートに見えて間抜けなのはご愛敬。


⑦宝石の国 (土曜夜BS211) ライオンと同時刻か。

 思ってたのと違った。絵面は華やかできれいだったけど。
 ちょっとこれは客層が違うかもという気がして、もういいかなと切りかけたが、
 終わってみると少し後を引いてるような気がして、もう少し見てみる。
 これも、どういう話なのかよく知らないので、そのまま行こうと思う。


⑧松2期  (月曜深夜テレ東)

 ええっとー(笑
 いろんなことをひっくるめて、ひどいけどすごいです。小並感。
 見ていて「わー」とか声出ちゃうし、やっぱり笑っちゃう。
 熱狂はできないですけど、「松クォリティ」を維持してかっ飛ばしてくる、
 狂気のような毒ある笑いはさすがだと思いますわ。
 よくこんなこと次々思いつくなあ。


⑨銀魂ポロリ (日曜深夜テレ東)

 いやぁ・・(笑
 テレ東って何考えてるんでしょうね(賛辞
 これもいい意味でひどいですが、才気を感じる。すごい。
 面白かったですが、松同様、やがて疲れてくる。
 録画はします。元気な時に見るかもしれない。


⑩鬼灯の冷徹 (土曜深夜BS211)

 3期じゃなくて2期か?
 漫画の彼らが動いてしゃべるのは普通に楽しかったです。
 でも、漫画のほうが面白くて笑えたなぁ。
 決して悪くはなかったですが、わざわざ見なくてもいいかな、とも思った。
 

こんな感じでした。ちょっと疲れた。楽しいばかりじゃなかった。
まぁでも、無いよりはありがたいです。
だんだん減ってくるかもしれないが、それはそれで普通。
積極的に楽しみにできるものが増えてくるとありがたい。

「されど罪人」は延期になったみたいです。忘れそう。それはそれで。


連載漫画2題。

・セトウツミ

 ドラマが始まったばかりなのに、連載は次回で最終回だそうです。
 読んでいる人たちがなんだかざわついていたので、
 単行本を7巻まで電子で買っていたけど、このたび掲載紙も買ってしまった。
 別冊チャンピオンだったのね。
 電子は便利。でも、セトウツミは紙で買えば良かった。
 紙で買いなおすかもしれない。最終回次第では、

 ラス前の2話一挙掲載。想像を超える衝撃の展開でした。震えるような。
 いや、今までも、漫才のような練られた上質の笑いの中に、
 シリアスな不穏が確かに垣間見えてはいましたけれども、
 こ、ここまでの闇だったなんて・・こういう話だったのか?

 映画の内海が池松くんだった意味がわかりました。
 ・・って、この設定までを含んでいたなら、ということですけど。
 池松君と菅田君でラストまで見たかった・・と初めて思った。
 
 最終回の着地次第では、とんでもなく素晴らしい漫画になるかもしれません。
 (いや、たとえ腰砕け尻すぼみだとしても、私は大好きですけども)
 この展開をドラマでやりき通すのだとしたら、ドラマも伝説になるかも。
 あの若い二人が、表現しつくしてくれられるのだろうか。。

 これが、今一番書きたいことでした。インパクト強すぎ。


・ファイアパンチ

 一週お休みがあって、もうすぐ再開されます。
 しばらくの間、私の一番の楽しみでした。更新が待ち遠しかった。

 今も楽しみではあるのですが、待ち遠しいというほどではない。
 評価が下がったということではなくて、
 私が一番見たかった場面は、もう終わったという気がして。
 それはたぶん、テナたちとの和解と別れ。期待以上の出来で、満足しています。
 この作品にしてはみんなの予測通りだったけど、演出が素晴らしかった。
 このあと、パンツマン()が手当てされて生き延び、彼女たちを守ってくれたら、
 一点の曇りもなく満足ですが、そうでなくても充分。

 このあと何が起こってどんな着地になっても、
 それはすべて「ファイアパンチの終わり方」として受け止められると思う。

 ・・・なんてこと言ってて、タツキ氏は予想の2段くらい斜め上をかましてくる。
 どうなっちゃうんだろうか、とはかすかに不安であり、とても楽しみ。


とにもかくにも、自分のお楽しみの話。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-10-15 22:53 | サブカル・エンタメ | Trackback | Comments(0)

終わっちゃいました「ひよっこ」。
終盤に正視に堪えないほどのグダグダな回もあり、
夫が突然キレて「くだらん。脚本家仕事しろ」と罵倒しだしたり、
紆余曲折的なこともありましたが、トータルではだいたい楽しく、
無事完走いたしました。

最終週は怒涛のハッピーエンドラッシュ。

・三男は米子を選ぶ。角谷家は伝統的にカカア天下なので順当。
・早苗さん、彼氏が迎えに。圧倒的に只者じゃない雰囲気のオッサン。良し。
・愛子さんはシェフの奥さんに。
・豊子と澄子があかね荘に。マジか。もう終わっちゃうのに(笑
・漫画家たちはついに一旗。
・中華料理屋に養女茜。ヤスハルまた株を上げる。
・時子と世津子の共演。時子は下手、フォローもしない。良いでしょう。
・谷田部家のフラワー革命発進。花はしょぼかったがイメージ映像とみなす。
・次郎さん村長選に。結果はどうなったの!!
・牛を世話する時子兄。みね子の上京がなければ、嫁入り先はここだったかも。
・和夫さん!!

そしてヒデくん、にんじん剥きながらプロポーズ。ほっぺチュー2連発。
イチャイチャしやがってハイハイ。

ラス前と最終回で、谷田部家は歌合戦のため上京。
涙くんさよなら。ブレない宗男。伏線大回収。
おじいちゃんの1万円、鈴ふり亭のハヤシライス、そして重箱。
記憶が戻ったわけではない、でも、なんだかそんな気がした。
ゆっくりと。

土曜日は夫がいなかったので、ひとりで放送をリアタイで・・。
4回見て4回とも号泣という異常事態。なんでなのかわからん。
そこまで感動的だったわけでもないと思うんだけど。
7時半のBS,8時の総合、10時45分のBS。
12時45分からは、まさかもう4回目だしと思ったのに、やはり泣いた。
夫が帰って来て、5回目を録画で見てやっぱり泣いた・・。おかしい。
「そこまで良かったか?」と夫にもいぶかしがられた。うん。おかしい。

でもやっぱり楽しかったし、寂しかったんだと思いますよ。
これがロスということなのか。半年間、どうもありがとう。


朝ドラロスについて考えてみた。


夫と朝ドラを見る習慣が出来たのは、カーネーションから・・だと思う。
歴代を調べてみて、それまでに多少なり見続けた記憶があるのは、
「凛凛と」「ひらり」「ふたりっ子」「天うらら」くらいですかね。
数話くらい見た、だったらも少しあるか。存在を把握してない作品も多々。
少し前まで再放送していた「こころ」とか1ミリも覚えがない。
夫と見ていたわけではなく、すべて終盤は飽きて覚えていない。
ロスは無縁。

2010年、ゲゲゲの評判が良かったので、ちょっと見てみる?ということになり、
録画して夜見てみたが「てっぱん」と「おひさま」は続かず。

「カーネーション」はずっと面白かった。いや、最後のひと月は別のドラマに。
オノマチ最終回は神回で泣けたが、あとが長くてやや冷め、ロスまでは起きず。
ああ。今気づいた。娘が進学して二人暮らしになった時期だったんだ。

そのあとの「梅ちゃん」は、夫は楽しんでだけど私は途中で脱落。
「純と愛」は、城田優が見たくて頑張ったけど無理だった。
初期で脱落。その後のあらすじも悲惨すぎてビビる。

「あまちゃん」は全編楽しかった。歴代1位をカーネと争う。
最終週は水曜日まで神回の連続で滂沱の涙。
最終盤はそれなりに落ち着き、終わりを受け入れる気持ちになれた。
ただ、紅白の157話はいま見ても泣ける。
来年見ても泣けると思う。30年後でも泣けるかもしれない。

「ごちそうさん」は、ものすごく良かったわけじゃないが、
そこそこ楽しめて完走。どんなに棒でも東出は好き。杏も好き。
別にロスは起こらない。ああ終わった・・と思って終わる。

「花子とアン」は、村岡さんの訳好きだし赤毛のアンも思い入れあり、
楽しみに見始めたけど、何故か続かなかった。特に悪くはなかったが。
吉田さんとか窪田くんとか、鈴木亮平も良かったんだけど。

「マッサン」は相性が悪くてダメでした。
今でもシャーロットが苦手。

「まれ」は・・田中泯さんが見たくて楽しみにしてたんだけど、
なんか全然ダメでした。少しも面白くなくストレスになり脱落。

「あさが来た」久々の大ヒット。ダレ期もあったが、面白くて完走。
最終週は、月曜からじっくりじわじわ旦那様との別れ、
泣きすぎて週半ばで疲弊し、おかげさまでロスは回避。
最終回は賛否あるが良かった。しみじみほのぼのと暖かく終わった。

「とと姉ちゃん」は、夫は完走したが、大して面白くはなかったらしい。
私は脱落した。会話が不自然で無理だった。

「べっぴんさん」は普通に脱落。
2週ぶん頑張って見たが、ぜんぜん面白いと思えず続かなかった。
高良やB太は好きだったんだけれども。

そして「ひよっこ」。地味だったんだけど、これがロスか。
でももう回復しました。当日だけでした。よかった。


「わろてんか」が始まっています・・・。こ、これは・・・。
どうしよう。ぜんぜん笑えない。
高座を台無しにして、みんなどうして笑えるの。皆さん落語を見に来たのでは。
蝶々で笑うのはわからなくもないが、その後のドタバタはひどい。
あんな小さな子に、テーブルの反対側から酌をさせるのも意味わかんない。
お客様がガチで怒っちゃうのもつらい。ひどい。

めっちゃベタ。しかも絵面があさちゃんと丸かぶり。そして笑えない。
これで高橋一生出てきたら、まるでディーン様二番煎じじゃないですか・・。

困った。どうしよう。まぁ、朝ゆっくり支度できていいか・・・。
あっ忘れてた、千葉くんは良いです。私、彼は好きみたいです。
年頃の分からない人やね。成人なんだろうけど中高校生にも見える。
今ココです。


・とってつけたように大河

 菅田くんが、ものすごく主人公感を振りまきながらついに登場。
 面白かったですよ!!(笑

 菅田くんやっぱりスゴイですわ。何がって、心君の雰囲気を残してるの。
 あの子が育ってこうなった、てちゃんと伝わってくるの。
 イノのほうは、あんなに美少年だったのにちょっと残念に(ごめん)。
 高瀬と中野弟は、ちゃんと連続性のある感じに大人になりました。
 
 癇癪持ちの虎松を(万千代か・・)、冷静なイノが宥めながら、
 これから直政の出世物語が始まるようです。面白そうです!
 あと3か月ですが、楽しめそうです。助かる。
 タイトル大喜利も続いております・・。次回は「天正の草履番」。
 よく出来たほうかと。

異様に大豊作の秋アニメもボチボチ始まってきました。
一回りしたら、別枠つくって記録したいかな。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-10-03 21:31 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

なんかほんとうに9月は一瞬でした。なんでだか。
これと言って何があった、というのもぜんぜん浮かばないのですが、
それはそれで、体調も精神状態も安定していたということ・・なのだろうか。
たいらかだったであろう日々を、無理やり振り返ってみる。


・除草隊落胆

 いきなりマイナスの思い出から。
 上旬、そろそろかな、まだかなーと暫く楽しみにしていたこと、
 去年一昨年と、夏の終わりから秋のはじめに出現していた、ヤギ除草隊。
 
 去年まではほぼフルタイムで、帰り際ちょっとしか会えなかったけど、
 今年からは半ドンの日にうまく当たれば思う存分遊べる・・
 
 それなのに残念ながら、今年はヤギ除草隊はありませんでした。
 ある日、人の手で刈り払われていました。めっちゃガッカリしました・・。
 たぶんもう、今後ともヤギ除草隊は不採用なのでしょう。
 悲しいですが、2年会えたことをラッキーだと思うことにします。


・更年期症状

 アカン、またマイナスの話題だ。

 現実に渦中に身を投じるまで、更年期について全く無知だった自分に驚く。
 更年期と言えば、機嫌悪くなるくらいしかイメージがなかった。
 イコールこれと言っていいくらい、ホットフラッシュはメジャーだったんですね。

 去年の夏に突然始まって丸一年、症状は続いてます。当初ほどじゃないけど。
 寒くなってくると、これも悪いことばかりじゃないはず。昨冬はそうでした。
 朝起きた時に「なんだ今日あんまり寒くないな」とか思ったら−5℃だったり、
 極寒の日も元気よく起きられる、というのはメリットなのではないかと。
 自家発電(違 

 この程度で済んでくれるなら、まだ前向きに付き合っていけます。
 早く乗り越えて、乾燥して安定したおばさんにバージョンアップしたいです。


・一回くらい台風が来たような気がする。列島縦断くらいな勢いで。
 でも自分の居住地は微妙に回避されて、大したことなかった。


・ポポー

 今年も季節がやってきました。既に2回購入。
 最初は「B品」650gで2000円。
 大き目の実が3個、送料込みだと1個1000円見当で、さすがに尊すぎる。
 2回目は「規格外」1.5キロで1500円。大中小10個。こっちが自分向き。
 シーズン終了までに、あと1回くらい頼みそう。
 今年こそ種を蒔いてみようと思う。マイポポーを目指す。


・栗の渋皮煮

 地場野菜のお店で栗が安く出てたので、仕込みました。ゆうべ。ほやほや。
 不器用で雑なので、過程で1/5くらい爆発してしまいましたが・・。
 残りはきれいに煮えました。御の字です。
 煮終わって、常温でなじませている段階です。
 つまみ食った感じだと、たいへん美味しく出来ました。季節の仕事。


・稲刈りは大詰めか。

 毎年書いてるかもしれませんが、稲刈りは好き。とても豊かな風景。
 新米で弁当作って、学校の運動会へ。栗や梨や青蜜柑。
 やっぱり運動会は5月じゃない、秋でしょう。
 ノスタルジー。


・息子が、友達の結婚式でちょっとだけ帰って来ました。
 隣県の大学に行ってた時よりめっちゃ帰ってくる。地元の空港助かる。
 友達は公務員同士の職場結婚で、地元で暮らすなら盤石です。
 それを見てか、転勤族となったことについて、ちょっと思うところがあるようです。
 地面に根を張って暮らしたい・・のか。
 その気持ちもわからないではなく、でもせっかくの上場企業ももったいない。
 悔いない選択をして、幸せな人生を歩んでもらいたい・・と、
 陳腐な定型句を書いてしまうほどに、これは親の普遍的な願いなのだろ。
 

・時事ネタ。

 突然衆議院が解散しました。ビックリしました。そんな気配あった?
 なんで今?
 そして、民進党の話もものすごくビックリしました。
 すでに死に体だったことは確かかもしれんけど、さすがにこれはひどい。

 「えっ?えっ?どういうこと?民進党はなくなるの?どうするの?
  百合子さんのところ行くの?百合子さんて保守じゃなかった?
  てか国会出るの?オリンピックどうなるの?築地は?
  ちゃんとやってよ百合子さん!!」

 じゃっかん取り乱し騒いでしまい、夫に落ち着けと笑われました。
 モリカケ隠しと北朝鮮、千載一遇と思っての解散・・・なのか?

 私もさすがにひところほどは安倍ちゃん支持じゃないですけど、
 それでもなお、モリカケなんかどうでもいいよと思っているし、
 今この世界情勢で安倍ちゃん交代は不安すぎてイヤです。困ります。
 「試しにやらせてみよう。ダメだったら戻せばいい」はコリゴリです・・
 投票は来月か?どうなりますでしょうか。


・・・と、こんなところでしょうか。
こんな感じで、原則として平和でした。
穏やかな秋の始まりでした。うむ。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-09-29 22:03 | 日記メモ | Trackback | Comments(0)

もう次期のことも書いちゃったし、簡単に。


・コードブルー

 えーと。いやそれなりに面白かったです。
 前番組の番宣ネプリーグから見ちゃったので、リアタイで。
 ネプリーグめちゃくちゃ面白かった・・。山Pかわいいですね。
 始まる時のは見なかったので、今回、振り返りのミーアキャットで爆笑。
 そして、成田凌くんはセンスあって賢かったです。モテるだろ彼。

 「最後まで見れば誰でもわかるクイズ、コードブルーは終わるか続くか」
 見ないでもわかるだろ、こんな問題になる時点で。

 特に感動するようなところはなく、突っ込みたいところはたくさん・・。
 名取先生の説教や、お父さんの心変わりの速さは半笑い。
 あっでもお父さんの俳優さんは好き。いっつも同じような役だけど。
 
 冴島ナースが言うことブレ過ぎなのも苦笑い。
 
 緋山先生と料理人のラブは、私は良かったと思いますよ。
 先週で終わりだったなら、本気でこのくくり要らなかったもん。
 
 ピアノ少女もやっと解決。なんでこんなに特別扱いだったんだろう。
 人間国宝かなんかだったのか?それにしても。
 安藤政信はよくわからない役で、しかも善人を演じるとヘタクソでしたが、
 色褪せない美貌は堪能。10歳違いの山Pにもそんなに負けてない。

 映画やるらしいです。見には行かないですけどTVでやったら見よう。

 最終回後、録りためていた1stの8話~最終回を見ました。
 で、古いファンの皆様の気持ちもちょっとわかった。
 すんごい面白かったもの。涙腺に来るところもたくさんあったし。
 黒田先生あってのコードブルー、と言われる意味もわかった。
 ぜんぜん別物だったのだな。

 まぁ、3も単体で見ればそこまで悪くなかったですよ。お疲れ。



・ごめ愛

 見ましたけど、特に書くことないかな・・うーん。
 ヒロインとのラブは、薄味だったですね。なくてもいいくらい。
 そういうわけにもいかないか。

 おかあさんとのラブはちょっと良かったです。
 ごはんつくってもらうところは、うっかり感動しそうになりました。
 でも一口しか食べなかったので、頼んどいて残すとか許さん、とは思った。

 わかなとさかなも、出てきた意味はよくわからんかったけども
 悪くはなかった。律くん、愛してくれる人がいるじゃないですか。

 おっさんが黙って勝手に赤ちゃん捨てたとか、医者が口裏合わせたとかは
 ありえな過ぎて笑っちゃった。普通に犯罪やんか。

 少し前に、原作はヒロインが後追い自殺するってネタバレを食らい、
 そんなん見たくねーけど、別なラストになるのではと予測。
 死んだら思い出すことも出来なくなるんですよ(違
 ますます薄くはなってしまったけど、生きるラストで良かったわ。

 長瀬くんはかっこよかったです。暑苦しかったけど。
 そして1話しか出なかった韓国俳優も、あまりに美しくて印象的な。
 やっぱり韓国は芸能のレベルが高いんですね。プロ意識を感じるよ。



・カホコ
 
 いや。これこそあんまり書くことがないな・・。
 最終回は義務のような気持ちで見ました。
 そうかそうかと思って消しちゃった。
 終盤は好みに合いませんでした。
 でも、完走はしたよ。


・僕やり

 予告どおり、最終回だけ頑張って見てみた。
 やっぱり暴力から始まったのでちょっと後悔した・・。
 でも間宮くんの「そして父になる!!」は不覚を取って笑った。
 で、ああ、多分こういうところも人気の一端なんだという気がした。
 
 最終回だけでは、良さはわかりませんでした。当然かもだけど。
 それでも、好きな人は好きだろうなということもおぼろげに。
 私は怖くて見られませんでしたが、意欲作でしたね。たぶん。



・君の声をなんとか

 いや、最終回じゃない。始まったばっかりだけど。
 NHKで竹野内のヤツ。
 ニュースの後に何となく見始めて、入り込みかけたところで地震情報。
 見てみようかと思って、仕切り直しの翌週を録画したけど、何故か最初の5分切れ。
 たぶんもう無理なんだけど、見ようとしたことがあったという記録。



・大河

 見てますよー。

 井伊谷が潰れて、直虎は農婦となりカシラと暮らす。
 柴咲コウさんが、ほんとキレイ・・。身なりは質素になったけど。
 でも母上様、孫はさすがにもう無理では・・。死んじゃうよトワ。

 高瀬はやっぱり間者だった様子。透き通るような美少女。

 これからどうなってクライマックスに持っていくのか。
 主役は次回から菅田くんになるっぽいです。虎松が育った。
 直虎はどうかかわっていくのかな?
 よく知らないので楽しみに見続けよう。

しかし、タイトルで大喜利やり続けるの、
 面白いっちゃ面白いけど、、真顔で「ヒドイ」と思う時もある。
 ふざけすぎのような気もする。「復活の火」は許しても良い。


・朝ドラ

 あっと、最終回間近。
 いろんなところで、小さな風呂敷をたたみまくる。

 それなりに行く末は気になるので最後まで見るし、
 時々良い回もあります。おとうちゃんの再プロポーズとか。
 
 ・・でも、「見るに堪えない回」が現れてきた・・。つらい。
 延々と続く女子会がつらい。「つまんない」を超えるほどつらい。
 こんな最終盤に来てこんな目に会うとは。

 でも見届ける。これからも、良回はあるはず。


こんな感じでした。
こんなでも、ひとつも見続けられないクールもあることを思えば、
まずまずの時期でした。 

[PR]
# by michiko0604 | 2017-09-21 23:32 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

自分にしては早目なチェック。まだ始まりませんからね。
それというのも、ドラマは普通なんですけど、
見たいような気がするアニメがいつになく異様にたくさんなので、
自分の心構えを整理しておきたいため。
アニメのほうが早く始まるし。

まずはドラマのほうから。

・コウノドリ

 これは鉄板かなぁ。人気作の続編。
 変なところもあるけど、やはり感動的なのでは。


多分見るかなと思えるのは、今のところこれだけ。
以下、気になったけど見るかどうかは半々なもの。

・監獄のお姫さま

 クドカン作品だという点が最大の魅力。キョンキョンは好きじゃない。
 菅野美穂も実は好きじゃない。伊勢谷さんは良いかな‥。
 満島ひかりも、最近は良いかな。どんな話なのか。


・奥様は、取り扱い注意

 金城作品ということだけは魅力。


・陸王

 また池井戸で日曜劇場。
 あんまりあざとさが鼻につかなければ、見られるかな。


以下、上記3作よりさらに可能性低いけど、ちょっと引っかかったもの。


・今からあなたを~

 ディーン様久々の民放作品。たぶん見なそうなんだけど、一応。
 妊婦を酷使すんなとも思えるし、なんか、ドラマに入り込めなそう。


・重要参考人探偵

 リバースで良かった玉森君チェック。


・刑事ゆがみ

 漫画を読んだことあったので。
 これは、このくくりの中では見るかもしれないうち。
 神木君だし。




・朝ドラ「わろてんか」
 うーん。まぁ、見てみますよ。面白いといいな。

・大河
 
 秋も続きます。それなりに面白く見てるので、秋からも見るだろう。


こんな感じかな・・・。今のところ薄め。
豊作になるかもしれないし、コウノドリしか見ないかもしれない。
ていうか、コウノドリも続くとは限らない(汗


追記:忘れてた!!

・セトウツミ

 これは見ます!耐え難いつくりでない限りは。
 映画の池松・菅田コンビが、豪華だし評判良いので大変そうですが、
 ドラマは、えーと、高杉×葉山。うーん(笑
 内海は映画より見た目が良く、私はイメージが近い。あとは演技力でどうか。
 瀬戸は断然映画のほうがカッコいいなぁ。小粒になってしまった。
 まぁ、映画が良すぎた。バカな面が強調された瀬戸ならばアリかな?
 楽しみです。これが一番楽しみかも。テレ東深夜。期待!




で、アニメ。

・3月のライオン2

 お待ちしておりました。楽しみ。


・いぬやしき
 
 原作を最初のほうだけ読んでます。実写映画もやりますね。
 アニメは主演が小日向さんで笑った。実写もそれでいいのに!!
 小日向さんのために初回は見ます。その後も見るかも。

・鬼灯の冷徹

 第3シリーズ。
 今までは見てなかったんだけど、最近ぽつぽつ読むようになり、
 面白いんじゃないかな、と思い、見てみようかなと。


・松 2

 もしかすると私、乗れないかもしれない。
 でも一応はチェック。


ここまでは、原作があったりシリーズものだったり、
だいたいは様子がわかっているもの。

以下は、いちげんさんなんだけど、珍しく気になったもの。


・魔法使いの嫁

 好きなんじゃないかという気がする。


・宝石の国

 なんとなく。


・クジラの子らは砂上に歌う

 知らないんだけど何だかとても気になる


・されど罪人は竜と踊る

 どうだろう。


以下、微妙なんだけどスルー出来なかった。

・インフィニティフォース

 世代なものですから・・。


・銀魂

 今までほとんど見てなくて今更なんですが。


どうしよう、こんなにある。
とにかく、がんばって1話見てみよう・・。
楽しみなんだかめんどくさいんだか。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-09-18 23:46 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

ものすごくいろんなことがあり、それぞれ楽しみましたが、
タメ過ぎて書ききれる気がしない・・。
何とか少しずつでも。順不同。


・世界水泳

 夏の世界大会、先陣を切って。
 それなりに楽しかったですが、期待度の割には結果は地味。
 金メダルはゼロ。不調の萩野君の涙などもあり、ちょっとしょっぱい。
 でも五輪翌年、ここからですよ。
 世界は伸びて、うかうかしてられないのは確かとしても、
 ニューヒロイン大橋さんや、ポテンシャルの高い個メの二枚看板、
 平泳ぎや背泳ぎの高記録保持者、池江ちゃん、きれいな娘たち、
 世界に近づいて来た自由形など、楽しみはいっぱい。


・世界陸上

 これはもともと世界から遠い競技ですし、結果の地味さは仕方ない。
 ・・といっても、それにしても地味すぎたかなぁ。
 参加記録が出せなくても、やり投げやハードルなど、
 招待されて何人か追加で出られたのですが、
 戦うには力が足りない感じではありました。
 時差で真夜中だったこともあり、好きなんだけどあまり見られなかった。

 そんな中、競歩はきちんと結果を出して銀と銅。荒井さーん(歓喜
 そして400リレーもきちんと銅。桐生君頑張った!!
 ラストランのボルトが故障ですっころんだ結果の銅ではあるんですけど、
 まぁ、走り切るのも実力ですし。


・時期は最近の話ですが、陸上の大快挙。
 ついに出ました桐生君、10秒の壁を破って9秒98。
 期待されて結果が出ない、苦しい4年間でしたがとうとう扉が開いた。
 話を聞いてても、不細工なうえに頭も悪い感じですが(ごめんなさい)、
 そんなものは全部後ろへぶん投げて誠にカッコよかったです。
 これから、プレッシャーのかかる場面でもきちんと出てくれれば。


・世界柔道

 東京五輪のスーパースター候補、阿部一二三選手鮮烈デビュー。
 カッコよかった。半端ねえ。みんなどんどん投げられて飛んでいく。
 でも、リオの選考は理由があって落ちたんですよ。海老沼のせいじゃない。
 明らかに強かったので、出しても良かったとは思いましたけどね。
 そしたら特例ということになり、結果が出なかったらそれこそ大変。

 軽量級の勢いに比べ、重量級がしぼんだのは残念。特に超級。
 リネールと戦うこともできなかった。でも、これからですよ。
 心と身体がバラバラな感じの原沢は心配だけど、王子谷は経験。
 混合団体戦では活躍して圧倒的金メダル。

 女子は全体的に良かったです。軽量級は男女とも無双。
 朝比奈沙羅も頑張った。
 
 今回からルールが変わり、技で勝負がつく傾向になったので、
 社交ダンスが減ってたいへん面白くなりました。
 ただ、必然的に延長戦は多くなり、そこで指導のサドンデスだけはちょっと。
 そして放送もちょっと。
 無料で見せていただいてるので文句は言いたくないですけど、
 午後11時前後の準決・決勝、ライブでやっていただけないものですか?
 ゴールデン生中継なんて贅沢は言わないですけど、このくらい何とか。


・卓球

 中国の有力選手が出ていないとはいえ、張本君がボルに勝って優勝。
 ライストが見られなくなって悲しい。ダゾーン入ろうかしら。
 みうちゃんみまちゃんひなちゃん、そのほかたくさん。


・バドミントン
  
 大きな大会で、日本選手大活躍。女子シングル優勝。
 桃田君も、少しずつ積み重ねて戻って来てます。待ってるよ。

 
・新体操

 詳しいことはわかんないですけど、すごく良かったらしいです。
 何十年ぶりのメダルとか。ごめんよくわからない。


・サッカー代表

 最後から2戦目、ホームでオーストラリアに快勝し、W杯決定。
 これは面白い試合でした。久々に楽しかった。
 本田・香川を外して若手主体。彼らが機能。
 特に、中田ヒデとテキ屋のあんちゃんの真ん中くらいの容姿の若手。
 2点目のミドルシュートは叫んだ。「うおぉぉ、何だコイツ!」
 最終戦は暑い敵地で負けてしまいました。オージーごめん。

 こんなに予選で盛り上がるのも今回が最後か。
 次からは、よっぽどでない限り本大会には出られて、
 よっぽどでない限り、決勝Tには勝ち上がらない。微妙。


・お相撲

 みんなが欲しくてなかなか取れない東京場所の切符、
 せっかく人気が高まって楽しみにしてるのに、今場所はグダグダです。
 3横綱は休場、残ったハルマもボロボロ、かわいそうだから休ませたら。
 高安も怪我、宇良も怪我、テルもヨレヨレ。目を覆うばかり。
 公傷制度って、今はないんですね?みんな出るしかないのね?
 休んで怪我を治す時間を、与えるべき。


・プロ野球

 ええっと、もうそろそろ決まるのかな。
 広島とソフトバンク、もうぶっちぎりです。
 楽天は大失速で3位転落、それでも4位には落ちなそう。

 阪神の2位はだいたい決まりだと思うけど確定じゃない。
 巨人が死んでなくて、猛チャージで3位DeNAとデッドヒート。
 3位に入っとけば日本一の目がある、私はキライじゃないですよ。


・Jリーグ

 鹿島が安定していて、一歩抜け出してます。行けるかな?
 浦和は今年はいまいちですが、まだ奇跡を起こす力はあった。
 ACL4強へ。でもここで負けそう・・。


・高校野球

 えっと、どこだっけ優勝したの・・。マジどこだっけ。
 花咲徳栄か?(調べた。当たった、良かった)
 見てなかったです。なので選手もぜんぜんわからない。

 U-18は3位。そんなに悪くないですよ3位。
 あきらかにアメリカと韓国のほうが強かったですね。
 そんな年もある。


・メジャー

 少し寂しい1年でしたね。もうすぐこちらも決まるのかな。
 ダル・マー君、マエケンは、それなりに頑張りました。 
 上原もか。この人たちはポストシーズンに進めそうかな?
 青木とイチローも、バリバリではないかもだけど、居場所はある。
 岩隈は戻ってこなかった。来年どうなるだろう。
 大谷はメジャーに行きそうです。


・バレーボール

 グラチャンが始まってます。
 女子は6チーム中5位でしたけど、試合は楽しめました。
 負けた試合も惜しかった。強くなってるんじゃないかな?
 男子は、出場国の中でぶっちぎりで弱いので仕方ありません。
 それでも、ひところよりは少し前に進んでいるはず。
 アジアを勝ち抜きたいですね。東京の後も世界は続くよ。


・テニス

 錦織選手が怪我しちゃって今年はお休み。寂しい。
 男子は上位選手がたくさんお休み中で非常事態。
 復活してきたナダルとフェデラーで決勝だったりすると、
 それはそれで胸熱。
 杉田選手は頑張ってます。なおみちゃんも。


疲れた。かなりがんばりました。
だいたいこんなところでしょうか。


このあとは、体操のワールドが残ってて、楽しみ。
北米だから、平日は生で見られなそうなのは残念。たぶん午前中。
新しい4人が最終選抜で決まりました。田中は落ちちゃった。
着地王子の谷川、一芸亀山、そして跳馬と体操の新人。楽しみ。
女子は、村上杉原寺本宮川、鉄板のところ。
種目別は見られそうかな、ちょうど3連休だし。
休日は生放送?時差放送?
少なくとも午前中に放送してくれるっぽいです。有難いです。


そして、フィギュアスケートが始まっています。
既にいろいろ楽しいですよ。
余力があったら別記事で。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-09-14 22:41 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

えーと。
秋に向けて実っていくような豊かな年もあったのかもしれんけど、
今期はなんか「枯れてきた」っていう感覚のほうが近い気がする。
でもまぁ、それなりに見続けてきているものがあるだけでも、良しとすべし。


・コードブルー おもに9話

 なんだかんだ、見ようと思う気持ちは一番強いのかもしれないが、
 シリーズ初心者の私でも、違和感いっぱいツッコミどころ満載。
 好みに合わなくてザリッと引っかかる部分がモリモリ。
 
 ・臓器移植  私にも、ほかの子が死んで喜んでるように見えた。
  自分の家庭の問題で頭が一杯な偉い医者。共感のしどころが無い。
  移植ネタ自体は、知らんかったことを知れて良かったところもある。

 ・緋山先生の恋愛ネタ。そりゃ医者だって恋愛くらいするだろ。
  でも、隔離室に無理やり入ってくる一般患者にはドン引きした。
  空気感染とか飛沫感染の病気だったらどうすんだよ。
  そんだけグイグイ来てたのに、9話では今更な理由で情緒的な別れ。

 ・「数か月前は一人しか助けられず、今日は三人とも助けられた」
  数か月前は医者が未熟過ぎたために死んだのか。
  熟練の医者がいれば助かったのか。ヒドくないか。
  何笑ってんだ偉い医者。いっつも暇そうだしお前。
  
 ・「危ない仕事は、ほかの先生に任せて」
  最悪。なんだこのナース。

 ・「彼女が夢を諦めたのに、俺だけ夢を追えない」
  気持ち悪い。なんだこの先生。
  あのピアノ少女も気持ち悪い。クレーマーとしか思えない。
  いっそ手術しないでピアノに殉じれば良かったんじゃないのか。

 ・地下鉄落盤
  工事中じゃなくて、完成後の落盤?一般客まで入れて?
  日本の話?日本の技術ってそんなもん?ありえなくない?

 ・二次崩落で医者下敷き
  なんか再放送でこんなシーン見ましたけど。
  反省は生かされないのでしょうか。

 大きいところだけ拾ってもこんな。
 私、もしかして医療ドラマってそんな好きじゃないのかな?
 真面目にやれよ、って思ってしまうんだけど。
 治療しながら、ほかの患者の情報をベラベラ喋りあうのもイヤ。
 嫁だからって、下の名前呼びなのもケジメなくてイヤ。

 役者はまずまずなんじゃないかと思う。
 サブのほうで、成田凌くんは上手いと思う。梅原くんと全然違う。
 新興宗教が発覚したあの美人も、あの華やかさは出色。
 知らないジャニーズだけは、中坊みたいに見えて場違い。

 来週最終回です。納得いけるかねぇ。


・ごめ愛

 やってるのに気づいて、たまたま8話をリアタイで。
 もうたぶん録画は見られないと思い、5~7話は飛ばして、
 9話もリアタイで。うん、大丈夫でした。大して話進んでない。
 前見た時も、だいたい同じようなことをやっていた。

 笑っちゃうような偶然の数々は、笑うしかなくて許す。
 長瀬くんがぶっ倒れた時、尻軽音楽家が偶然通りかかったのは笑った。
 でも、はらちゃんの街もかまぼこ工場の人しか歩いてなかったし、許す。

 全然泣けもしないし共感もできないし、どっちかっていうと笑っちゃう。
 シリアスな感じでヒロインと見つめあって、最後のセリフが「ボケチン」
 笑えってことですよね?そうだよね?それ以外の何? 
 でもまぁあと1回だし、死んじゃって心臓あげるんだろうし、多分見るよ。


・カホコ

 見てますけど、なんか、いつからか引いた気がする。
 竹内くんは良いかもしれない。
 話題になった幼児化号泣シーン、あの一連の中で、
 「カホコに会えないと、自分がいるこの世界もキライになる」
 っていうセリフが一番良かった。

 カホコが小賢し気になって、あんまりかわいくなくなった・・
 7話だったか、ばあばのために一族を何とか集めようとする回が不快。
 気が乗らない人に無理強いするのがキライ。

 万引きとかアル中とか覚せい剤とか、設定が濃すぎて、
 なんだか気持ちを入れる余地がだんだん減って来た。
 そんなわけで冷めちゃってるけど、最終回は見る。



・僕たちがやりました

 いや、見てはいないんですけど、思うことがあったのでメモ。
 見てはいないんだけど、たぶん何かあるんだろうなと思い、気になっていて、
 ストーリーやレビューは追っていた。
 で、結局は苦手過ぎて、今もやっぱり見る気にはなれないんだけど、
 評価している人の気持ちも、なんとなくわかる。
 人の心のある部分に、深々食い込んでくる意欲作だったんだろな、と。
 私には怖くて直視できないような。

 映画か深夜枠だったら、もっと受け入れられたんじゃないのかな。

 窪田くんが主役をあてられたことも何となくわかる。

 新田真剣佑ってスゴイ名前だけど、存在感あるキレイな俳優だと思う。
 も少し穏当なドラマで、安心して見たい。眺めたい。
 私の苦手なヤンキーじゃないヤツ。無理か。ヤンキー枠か。

 パイセンが神だという噂。そうなのかもしれない気がする。
 ちょっと見てみたい。でもやっぱり無理だろうな。
 さ‥最終回だけ頑張って見てみようかな・・・。


・植木等とのぼせもん

 名作トットてれびと同系統。見ようかと思っていた。
 植木等には思い入れがあるし。えっと、うちの父と似てるから。
 でも山本耕史は全然違うし、小松政夫は笑えないので苦手。
 見られていない。


・大河

 36話まで。楽しんで見ていますよ。
 ラストで直虎は還俗して一農婦となり、(もと)盗賊の嫁に。
 ええ~~(笑)とビックリしたが、意外に悪くなかった。

 井伊家解散の様子が、なんともせつなくて寂しく、もらい泣き。
 心くん上手いよう!!和尚様、何を吹き込んで説得したんだ。
 ゆきのじはクララ(違)のもとへ。
 ろくざ、なつ親子は虎松とともに。みんなバラバラ。
 龍雲丸との恋愛は、とくに応援してはいなかったが、
 ラブシーンはもう、しょうがないかなと思えました。
 直虎は、カシラに恋していたものね。幸せな時期があってもいいでしょ。
 これからまた波乱万丈らしいし。予告の直虎めちゃめちゃキレイだったし。

 今川の若殿が意外にご活躍。夫婦仲良く生き延びるんだね。善哉。
 高瀬の秘密がそろそろ明らかに。すごく清楚な美少女。
 大人になるのがもったいない。

 スイーツとまでは思わない。楽しみに見ますよ。


・朝ドラ

 ラストスパート。でも、のったりまったり。
 最近だと、米屋に乗り込んでオイッシーの回が出色でしたかね。
 でも「三男、今までありがとう」には「時子のバカーーー!!!」
 という気持ちになり、時子ちょっとキライになった。
 それでツイッギーにもいまいち乗れないが、まぁクライマックス。

 みね子の相手は、ヒデちゃんで確定。もう波乱はないだろう。
 ヤスハルがここへ来て注目度アップ。美味しいけど、セリフ多いとヘタ。
 女優はみね子に救出されて、愛子さんと同居してプロレス三昧。バカみたい。

 正直、このところ大して面白くないですけど、
 まったりのったりと半年間見てきたので、残りの日々も楽しみに見ます。
 終わるときはたぶん寂しいだろう。


こんな感じ。
ピークの輝きからは褪せても、名残を含んで落ち着いた秋に向かう。
うーん(笑
 
  

[PR]
# by michiko0604 | 2017-09-11 23:47 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

29日の朝6時2分、対象地域なので鳴り響きました。Jアラート。
うちは平日だいたい6時半起きなので、強制的にやや早起き。
「なんやねん!!(怒)」みたいな感じで渋々起きると、夫がスマホを見て、
「ミサイルらしい」と。間もなく防災無線も朗々と。TV画面めっちゃ怖い。

逃げろ地下もぐれ丈夫な建物に避難しろと言われても・・ないよ地下。建物。
「うちに当たったら、もう諦めて死ぬしかないんじゃん」
・・と、30秒後くらいのわりと早い段階で方針?は決まり、
10分ほど赤黒な画面を眺めて、
おんなじ画面延々と見ててもしょうがないわ、と民放に変えると、
まだ何もわからないながら、少しはわかっている人の予想と解説が始まっており、
大まかな見当はつきました。戦争が始まったわけではない。
日々はたぶん変わらない。

そのあとはおおむね、普通の残暑の一日でした。
朝のひよっこが延期になったくらい。

発表から上空通過まで4分、マジどうしようもないじゃんとは思うものの、
政府はそれなりに準備をしているのだな、と、私は評価しようと思うのですが。
平和ボケに冷水ぶっかけられた点も微プラスかと。


夏の振り返り。

・寒い。
 暑かったのは梅雨明け前の数日だけ。ずっと雨が降る。
 8月最終週にして、多少の残暑がもどる。


・8月上旬のイベントと子どもたちの帰省のため、
 夏の前半はずっと掃除と片づけをしていた。
 そして電池が切れた。ポンコツの。
 家が片付いたことは、良かったと思う。


・盆休みは、夫が9連休、私は6連休。
 娘が10連休で最大。息子は一応6泊7日だったが、家にいたのは2日くらい。
 息子だけは遊びまわってましたが、ほかの人は地味でした。
 夫はゴルフの予定も入れず、娘は体調不良気味。私も低空。
 実家の迎え盆・送り盆で墓参りをしたのが最大の実績。
 あとは、「君の名は。」のレンタルとジュラシック祭りの録画を見たくらい。

 
・子どもらが帰ってから最後の土日で帰省をする予定だったが、
 帰省先でお葬式が出来て予定が大幅に狂う。

 去年は、息子が遊びまわっている間隙を縫って、
 娘がつきあってくれたので3人で帰省し、
 掛川花鳥園でフクロウやハシビロコウに会えて楽しかったのだが、
 今年は日程がうまく組めなかった。

 結果、盆休みが終わった翌週、休みを取って平日に帰省。
 お葬式だけならば、私まで仕事を休んでいくほどの間柄じゃないけど、
 盆の墓参りとセットになったので仕方ない。
 お葬式は暑く、時間も長く過酷だったが、仕方がない。
 お義母さん、遅くなってごめんなさい。

 3兄弟が馴染みの居酒屋さんで恒例の喧嘩を始めて最悪だった。
 私は恥ずかしかったが、彼らにとってはそうでもないことらしい。
 じゃあこれも仕方ない。

 私はものすごく頑張った。


・なので、というか、翌日はキレた。

 仕方ないと思うから、お葬式も行ったし苦手な人ともずっと話したし、
 仕方ないと思うから、人前でしょうもない喧嘩されても耐えたし、
 仕方ないと思うから、仕事にも行ったしこうしてご飯もつくった。
 ビールくらい自分で取れや!!という低レベルの喧嘩。というかキレ。
 繰り返すようですが、ビールくらい自分で取れ。
 そのために、リビングに自分用の冷蔵庫買ってあるんだから。

 流れが悪いと長引く案件でしたが、まぁ幸い、その場で終わりました。



・娘が痩せていた。
 もともとデブではなかったが、「健康体」から「ほっそり」になった。
 大人になったからなのか、仕事がしんどいのか。
 でも体重は変わってなくて、結構ある。ふしぎ。
 よく見ると、下半身はまだ立派だった。脚が太くて長い。
 

・私も痩せた・・・いや、痩せてない。どっちだ。
 体重は減った。1月からではもう4キロあまり。もち麦効果しか考えられない。
 それなのに「ほんとかよ。ぜんぜん見た目変わってないんだけど」
 と夫に言われる。自分でもそう思う・・。どういうことだ。
 もともと、去年1年で急激に太った。更年期のせいかもしれない。
 それが戻っただけなのかもしれない。結局よくわからない。
 もち麦は続けようと思います。軽い運動も再開しよう。


お盆とか長期休暇とか帰省とか、いろいろ気忙しい8月は、
基礎テンションがますます下がってることもあり、ストレスで負担で、
早くやり過ごして普段の暮らしに戻りたいと思っていた。
そして実際に終わってしまうと、懐かしくてさびしい。
それくらいなら始まる前に、もっと楽しみにすればいいのに。
一生こんなことを言い続けるのかもしれない。

いろいろ思うこともあり、経過は飛ばして結局結論としては、
夫となるべく助け合って、極力仲良く日々を紡いでいくしかないんだな、と。

それなりに前向きな方向でまとめられたので良かった。強引だけど。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-08-31 22:21 | 日記メモ | Trackback | Comments(0)

ええっと・・実はいろいろ停滞していて、あんまり見てなかったり。
忙しかったってほどではなく、落ち着かなかった、というほうが近い。
やっといつものダラダラした日常が戻って来たので、
これから溜め気味の録画も見返すけど、
あんまりタメ過ぎてもやんなっちゃうので、現時点のメモ。


・ごめ愛

 前回から進んでないです・・。再開後はぜんぜん見てない。
 最悪、もう見ないかもしれない。録画はまだあるので見るかもしれない。


・カホコ

 比較的楽しみにしているんだけど、最新話がまだ見られていない。6話まで。
 麦野君と両想いになって、ママが怒って出て行っちゃったり、
 親戚連中の家庭問題が勃発しまくったり。
 専業主婦の職場放棄はハラハラしたが、
 「この子だけはずっと私のことを好き」には軽くグッと来ちゃったり。
 7話見ないと。竹内くんは、いい役をもらいましたね。


・いきもの係

 ああー、悪くなかったんだけど、お別れになっちゃったっぽい。
 フクロウの話、見たかったな・・。でも仕方ない。
 追っかけたり探したりしてまで見ようと思う体力がない。


・コード・ブルー

 これも楽しみにしてるんだけど、もう2話溜めてしまった。5話まで。
 5話は使えなさすぎるフェローが、症状見落としてガッキー切れるの巻。
 あとは、ナースの流産とか、ひやま先生の不倫ピンチとか、
 医者夫婦の子供の心臓病とか、ピアニスト少女の脳腫瘍とか。いろいろ。

 私は普通に面白く見てるけど、泣くほどでもない。
 前のシリーズを好きだった人には物足りないらしい。
 今回見ようと思った理由の一つは安藤政信なんだけど、
 山Pの引き立て役になっちゃうのだろうか?今のとこはそうでもない。
 
 第一シリーズの再放送に6話から気づいて、6,7話を見ました。
 8話は怖すぎて途中までしか見てない。覚悟の足りない視聴者ですいません。
 思ったのは、9年前のガッキーが異常にキラッキラの可愛さでまぶしいこと、
 それなのに、今のガッキーのほうが綺麗だと思えること。
 美人ナースが全く変わっていないこと。
 この状況からあのヘタレ医者と美人ナースがどうやって結婚まで行くのか、
 まったく見当がつかないということ。

 録画がたくさん残ってることが、ちょっと嬉しく思えるくらいには楽しみ。


あとは、特に触れるものないです。



・大河

 ドラマの大黒柱(ですよね)、政次が退場しました。
 予想外に衝撃的な最期で、トラウマものです。
 「究極のラブシーン」と感涙できる人がうらやましいです。素で。
 政次に敬意を表し、早虎をリアタイで視聴しましたが、
 本虎も録虎も再虎も、もう見る気しないです。姉もです(笑
 姉は別に政次ロスとかの種類じゃなく、ショックで仕事が手につかず、
 体調崩したそうです。それほどまでにか。

 無条件でグロかったですわ・・。ドラマチック過ぎた。
 批判ではないが、口には合わなかった。
 武士でもないのに、人を槍で突けない、殺せないですよ。
 黄金の日々の鋸引きが引き合いに出されていて、
 私も大好きで見ていたのでよく覚えてますが、
 なんか、あれは、怖かったけどスッと入って来たんだよな・・。
 「楽におなり」と深々鋸を入れる李麗仙と大流血、
 「ぜんじゅぼおぉぉぉぉお!」と叫んで文字通り滂沱の涙の染五郎が。
 残酷な世の理不尽な悲劇として、身近に。

 34話の気賀の惨劇のほうが、普通に見やすく面白かったし、
 素直に切なくてちょっと泣けた。
 近藤も酒井も、生き馬の目を抜く戦国の世で、出来得ることを成しただけ。
 それに巻き込まれる市井の人々の悲しさ。
 ゴクウかわいそ(泣  レスラーの人、下手だけどめっちゃカッコイイ。
 マキタスポーツ地味に逝っちまった。
 龍雲丸は助かるっぽいけど、カジはどうなるんだ。次回を待て。

 実は私、直虎の中で一番好きなのは、昊天さんなんでした。
 なのでその意味でも、34話は満足。昊天さんの出番多かった。
 やさしくて知的で大好き。おかあさんみたい。しかも槍の名手。
 傑山も無駄にカッコいいし和尚様は渋いし、ネコかわいいし、
 龍潭寺最高。
 


・朝ドラ

 引き続き、夫と楽しんで見ています。
 
 おとうちゃんが茨城に戻り、おかあちゃんが可愛いです。
 豊子のクイズ回が、予想外の神回で泣かされました。なんで!?

 それ以外は、ちょっと停滞してるかなぁ。
 由香さんには、私あんまり興味ないみたい。 
 時子もちょっと微妙・・。スタイルは抜群だけど。

 米屋は笑える。早苗さんもキレイ。愛子さんはベタ過ぎる。
 最近脚光を浴び加減のヤスハルは嫌いじゃない。
 漫画家たちも嫌いじゃない。かわいい。

 あと1か月しかないんだけど、このまままったり行くのかな。
 それはそれでいいのかもしれない。
 着地点が、のれん分けしてもらってヒデちゃんとお店、とかだったら、
 みね子のキャリアも意味があるような。


番外。

・けものフレンズ

 話題になった深夜アニメ。
 見たいなと思っていたところに、夏休みサービスで朝の再放送。
 このほど全12話終了した・・のかな?まだか?

 ええっと・・でも残念ながら、今のところ全然入れません。
 感動するポイントがまったくわかりません。
 子供向けまたは萌えアニメ、ロリアニメにしかいまのとこ見えない。
 
 「6話くらいから見て、そうだったのかと思いながら最初から見返すと良い」
 と娘にアドバイスを受けたが・・
 
 なんかの拍子でガーンと来るところがあるのかもしれないので、
 ほかの録画を見返す流れで、これももう少し見てみます。。

こんなところで。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-08-28 22:59 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

お盆中ほかコミックメモ

相変わらず低空でちょっとしんどい。
多少なり楽しんだ、ここしばらくのコミックメモ。


・ジョジョの奇妙な冒険

 息子の大プッシュで、29~38巻まで。4章の半分くらいか。
 大人気作ですが、私は読んだことなかった。絵が苦手で。
 あと、読もうかと挑戦したときが、でんでん虫が手の中に潜る回と、
 半身不随になった騎手?が失禁する回で、なんか無理だと思った。

 最近映画化されて話題になり、この機会に読んでみようかな?と、
 息子に選んでもらった分。冒頭部分は借り切られていたので4章から。
 ヤンキーは苦手なんだけども。

 ええっと。大体わかりました。ちゃんと読めましたから、無理ではなかった。
 亀や猫の虐待があって無理だと思いかけが、無事でよかった。
 わかりづらいところもあったけども、いろいろ仕掛けがあって結構笑えて、
 アイデアは凄かった。完成された少年漫画でした。さすがです。
 ジョジョラーの仲間入りはしてないですけど。

 キャラの中では、億泰がかわいかったのでは。
 仗助くんは、山崎賢人違うだろうとも思い、優しげなところはアリかな?とも。
 伊勢谷の承太郎さんは、私的にはアリです。
 ゆかこさんが怖すぎだったんだけど、映画ではそこまで行かない?
 レンタル出たら、見てみましょうかね?



・ハンター×ハンター 33・34巻

 出たのは結構前だったんだけど、お盆についでに買った。
 内容忘れてて、33巻は難しくてめんどくさかったが、
 だんだん思い出して来て頭に入ってくると、いやぁ、もう、
 めちゃめちゃ面白い・・。やっぱり富樫は天才なんだろうなぁ。
 こんなに休載が多くても、みんなに愛されてるんだなぁ。

 32巻で最終回だったとしても、それなりに納得できるような流れだった。
 それでも、長い充電を経て再びの大風呂敷。
 膨大な新しい登場人物の、それぞれがそれぞれ魅力的。参った。
 
 待ち望まれた黄金カード、クロロ×ヒソカ、クモとの全面対決。
 王子たちのバトルロワイアル、主役はクラピカ。
 
 面白い、と思ってしまったが最後、拷問が始まる鬼畜漫画(笑
 富樫さん働いてくださいよー。
 32巻を読み返したら絵がひどかったので、今のところ、
 頑張って働いてくださってはいるようです。よろしくお願いしますよ。



・ダンジョン飯 5

 読みたいなーと思っていたところに、娘が買って帰って来てラッキー。
 グルメ話は控えめ、登場人物が増えて新たな局面へ。
 レッドドラゴンは中ボスだったらしい。
 せっかく助けた妹も再び捉われて離れ離れ。
 
 漬物石や、回復魔法を習う主役が最高。
 もうしばらく楽しめそうで、有難い。


・ファイアパンチ 6

 展開が変わって停滞とも言われた6巻、
 私は毎週たいへん楽しみに待ち、楽しく読んでいました。
 ファイア要素もパンチ要素もない鬱展開になってたけど、個性的で文学的。
 「痛みと嘘に覆われていたときのほうが良かった」にはうっかり感動。
 少年漫画じゃないでしょうよ、とは思う。

 6巻の先の「負う男」は、話が動き出し、普通に面白くなって来た。
 またバトルになりそうです・・が、それはそれで不安。
 救いがないように見えたアグニに、10年の安寧があったのなら、
 それはそれで良かったようにも思う。アグニは苦しんだのかもしれんが。
  
 アグニは何を選ぶんでしょうか。

 そして、この作者、突然表舞台に引っ張り出されたみたいでビックリ。
 キシリトール20周年若手応援フェア(適当)のひとりに選ばれ、
 ガムとコラボしてファイアパンチが包装紙に載る上、
 あの羽生結弦氏のオリジナルイラストを世に出していた・・。
 無理やりやらされた仕事なのか。本気出してやったのか。
 好意的に見ればキレイかもだけど、全然似てない幽霊のような・・。

 こういう形で表通りの人たちの目に触れるのも不安です。うう。



・進撃の巨人  23

 突然の第2部開始。エレンたちはほぼ出て来ません。
 ライナー視点の、長い物語。このままだと24巻も。

 私はそれなりに楽しみに連載を追ってるし、この流れも面白い。
 でも、母数が多すぎるファンは、ふるいにかけられているかもしれない。
 
 この作者の構成力と伏線回収の手腕を、もうしばらく楽しめそう。
 アニメも、22巻まで来年やってくれるらしいし。
 ありがたいです。


こんなところで。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-08-20 15:13 | 漫画 | Trackback | Comments(0)