カテゴリ:TVドラマ( 242 )

あらまし始まりましたかね。感触だけの覚え書き。
けっこう頑張ったのですが、今のところ、そんなに・・という感じ。
事前予想に沿って。

・CRISIS

 いちおう2話まで頑張って観ました。何とか観られた。
 BORDERも、見てるうちにだんだんとハマったし、
 野間口さんが良い感じなので何とか続くかも知れない。
 楽しみではない。


・フランケンシュタイン

 おっと、まだ始まってなかった。


・小さな巨人

 ドラマ見るのって、こんなに疲れたっけ・・。
 私、半沢直樹も結局そんなに・・だった気がする。
 1話を最後まで見られていない。尾頭さんに会えてない。
 厳しいかも知れない。



第2群。

・リバース

 近頃あんまり藤原君が得意じゃないので、どうかなと思いつつ。
 うん、1話まぁまぁ良かったです。「Nのために」の雰囲気が少し。
 藤原君はやっぱり上手いね。ダサい役はちゃんとダサく見える。
 山口まゆちゃんにちょっと注目。
 これもまだ、楽しみってほどじゃないけど、次回も観てみます。


・あなたのことはそれほど

 ええ・・?これは・・?
 ひどい評判を先に聞いちゃったが、最初の10分はそこそこ見られた。
 酷評の不倫相手は、太めの福士蒼汰に見えた。確かに魅力はない。
 私はけっこう東出が好きなので、こっちのほうが良いじゃないかと思える。

 ・・という評価ができる段階ですらなく、
 「卵半分割れる呪い」の時点で、もしかして無理だ、と思った・・。
 ハルちゃん、こんなに下手なの?なんなのこの娘。どうしたの。
 誰に言わされてんの・・。なんなんだこの不自然さは。
 
 ONでも、最初下手糞すぎて無理だと思いながら少し回復したので、
 もう少し我慢したら、ハルちゃんの特異な魅力が現れてくるのかもしれない。
 でも、なんか、ストーリー自体がある程度我慢を強いられる内容なので、
 この上,棒まで我慢できる気がしない。。嗚呼。


・女囚セブン

 おっとこれもまだか。


NHK群。

・ツバキ文具店

 うーん・・・。

 雰囲気はあるので、好きな人は好きなんだろうな。。とはおぼろげに。
 冒頭の葬式とか、多部ちゃん大暴れとかは少し笑えたんだけども、
 多部ちゃん、私もこの代筆、大嘘だと思うわ。
 病むくらいなら、命の短いペットなど飼うべきじゃないだろうと思うと、
 悲しむ人にもあんまり感情移入できなかったし、
 それはそれとして、あれほど悲しんでいる人に、
 他人に書かせた言葉を届けるという欺瞞の意味は何なんだと思ってしまう。
 
 ちょっとご縁ないかな。


・みをつくし

 まだだった。


・4号警備

 窪田君と北村さんは悪くなかった。

 30分。見やすいよりも説明不足と感じた。
 目の見えない人の、杖を持つほうの手を引くのも気になった。
 途中から失明した人は、杖より人の手を頼るのかしら・・?
 あの犯人は結局何者だったんだ・・。
 2話目はあきらめちゃった。まだ再放送はあるか。


こんな感じで、今のところ掘り出し物はないです。
ちょっと頑張らないと全滅の危機。

でも実は大丈夫。


・大河

 今一番楽しみです。面白いと思う。
 重厚なヤツが好きな人には嘆かわしいかもしれないけど、
 金も人材もない小国の、知恵と勇気の奮闘が新鮮で楽しい。
 まだギリギリ臭くはない。

 モブとしか思えなかった中野君と六左衛門がたいへんかわいい。
 状況も逆転逆転で予想がつかない。
 不憫な政次が、絶妙に切なくて良い。
 坊さんたちも引き続き良い。


・朝ドラ
 
 いろいろあって、今週からは、夕食時に夫と録画を見るようになってます。
 「あさが来た」以来です。
 庶民の地味な話ですが、安定。聖火リレーは泣かされた。ベタなのにー。
 一択が出てくるとテンションがあがる。意外と好きだった。
 朝ドラを楽しめるのは幸せなことですわ。


そのほか、進撃とベルセルクも楽しみにしてるし、
松の再放送もあるし(前半見ていないので)、
今更ながらに夏目友人帳も見ようかなと思い始めた。
春ドラマはやや厳しい状況ですが、全体としては悪くなく、助かります。


番外メモ。

前期の作品ですが「猫忍」を遅ればせながら完走。
いや、面白かったですわ。猫侍より良かったかも。

猫と笑いだけを期待した人には不評だったかもしれない。それもわかる。
猫侍よりも少しストーリーがあり、少しシビアな展開もあった。
まぁ、全体としてはバカバカしくて他愛ないのですが。

主役の大野君は口元に特徴があり、私にはイケメンに見えませんが、
コミュ障気味なところが面白くて、だんだん可愛くなりました。
デブ猫はそんなに可愛くなかったですが、猫であるだけで充分。
模様があるのでダブルキャストも難しいでしょうし、
撮影は大変だったでしょうに、とてもおとなしい賢い猫でした。

迫田孝也さんがバカみたいな役で出ていて笑った。
真田丸の三十郎である程度メジャーになったのでは。

ほんのりとラブストーリー的な展開まであって盛りだくさん。
女忍者の女優さんが、谷村美月ちゃんと浅田舞ちゃんを美人にしたような、
いや、あの、たいへんキレイな子だったので注目・・してたら、
なんかリバースに出てるみたい。ちょっとラッキー。

映画を見には行かないですけど、レンタルは楽しみにしたいです。
謎が残っているので、映画で解明されるのかどうか。
先々に繋がる楽しみ。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-19 23:33 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

書かなきゃと思うことがたくさんあって、
なのになんだか上手に時間を使えない。謎に焦り気味。
書きやすいところから。

春ドラマチェック。
ここのところ自分的にも豊作なので、今期もなんとかよろしく頼みたい。
今現在、特に楽しみにしてるものはないが、チェック数はまずまず。


・CRISIS

 なんとなくBORDERを思い起こさせる。だったら好きかも。
 イロモノ系かもしれないけど、入れれば楽しめそう。


・フランケンシュタイン

 これもイロモノ系だった。好きかも。


・小さな巨人

 ハセヒロ好きになっちゃったんですもん(笑
 これはイロモノではない・・よね?


上記3作は、一回は見たいです。
下記3作は、1ランク下だけど、少し気になる。


・リバース

 湊かなえ?読んでないけど、どうだろう。
 体力あったらのぞいてみるかも。


・あなたのことはそれほど

 ハルちゃんと東出の不倫ドラマ。なんだかよ(笑
 名作続きの枠なのと、いくえみ綾は高ポイント。
 のぞいてみよか。


・女囚セブン

 西荻弓枝の名だけが引力。


下記はNHK3作。
ドラマを見るテンションが維持できれば、きっと面白いような気がする。

・ツバキ文具店
・みをつくし
・4号警備

新ドラマについては、こんな感じで、数を撃ってみた。


そのほか。

・大河

 何気に私、今年の大河楽しく見てます。世間の評価は今ひとつですけど。
 そのうちリアタイ視聴に昇格しちゃうかもってくらい。
 特にキャラ萌えはしてないので、話が面白いんだと思う。
 ムロツヨシ面白いけど、下手だと思う。
 先がわからないので、普通にハラハラできて楽しい。
 ここ、どうやって乗り切る?どうなるの?マジか!!(笑
 みたいな。


・朝ドラ

 始まっちゃった。見逃した。
 見ようと思ってるんだけど、習慣が抜けちゃってますね。
 これ楽しみにできると、一日の句読点になって張り合いになるんだが。


・春アニメ

 進撃の二期が満を持して始まりました。ブームは落ち着いてますが。
 ベルセルクは今週から。ブームは起きてないが楽しみ。
 ライオンの再放送は、わざわざ見るほどでもないかな、録画あるし。
 自分の中の盛り上がり具合で、別カテゴリーにくくって書きます。

こんな感じで、そこそこ希望あるげな春の始まり。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-03 23:39 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

・カルテット

 終わっちゃいましたね。
 さまざまに予想されていた波乱はとくに起こりませんでした。
 ただ、みんなが幸せな、暖かい両想いのラスト。

 マキさんの確定した罪状は文書偽造程度で、執行猶予がつき、
 ただし社会的なバッシングはめちゃくちゃで、周囲もとばっちり。
 離れ離れのドーナツホールが、再結成して未来に向かうまで。
 なんか、こう書くと違う気がするが(笑

 序盤は、のくた庵と別府君のズボンめくりで爆笑。
 下作な雑誌記事の写真でマキさんの居場所を突き止め、
 演奏でおびき出して女子二人のハグ、その上から家森さん。
 ミゾミゾしたのはここまでで、あとは静かに終わりに向かう。
 それで充分ステキだったですよ。

 大きな会場で強気のコンサート。
 マキさんの「こぼれた。内緒だよ」の最後の謎。
 投げ込まれる空き缶、席を立つたくさんの観客。
 それはそれとして、残って楽しんでいく半分くらいの観客。
 ありすちゃん、人生ちょろくておめでとう(笑 タフで何より。
 やさしいオーナー夫妻、序盤の探偵?コンビ、ゲーマーのかわいい中坊。
 挫折した市井の音楽家。

 別荘に訪れたリス。

 新しいお仕事と劇中歌でエンディング。
 すごくやさしくて幸せな最終回でした。これはこれで意表を突かれたのかも。

 抜群に面白かったですね。ただ、ロスではないです。お疲れさまでした。



・タラレバ娘

 毎回同じこと言って悪いけど、原作読んでなかったら面白かったのかな。
 最終回はなんだか、「ものすごくくだらない」・・と思ってしまった。
 見るに堪えず、ところどころ早送りした。

 早坂さん、気の毒でしたよね。あんないい人いないよ。
 鈴木亮平が上手すぎたのかも。この役にもったいない。ほんとに。

 吉高ちゃんと坂口健太郎は良かったんだけど、
 りんこさんとキイ君にあんまり魅力がなかったよ・・。
 だからあんまり感情移入ができなくて、特にめでたくもなかったよ。

 それから、原作のマミちゃんがめっちゃギャル?なのに超優秀で、
 笑えてかわいくて大好きなキャラだったんだけど、ドラマは普通で微ガッカリ。
 やっぱり最終回まで原作は封印したほうがドラマは楽しめるよ。たぶん。

 でも、あの原作を紹介していただいたことは感謝に堪えないです。
 原作のほうのラストを楽しみにしたいです。

 榮倉奈々ちゃんは、ご懐妊おめでとうなんですが、なんというか、
 身体も顔つきもどんどん妊婦さんになっていってて、
 シュッと美人のはずのキャラとかけ離れていったのはやはり残念です。
 最終回ではしみじみ「でけぇ・・」と思いました。
 リョウちゃんとよりが戻ったのは意外だったけど、まぁアリか。
 小雪さんもまぁ、お幸せに。

 曲がりなりにもワンクール楽しませてもらいました。そこも謝謝。


・3月のライオン

 まずは新学期。
 プロ棋士なのに、れいくん冷遇され過ぎと思うが、あんなもんなのか?
 まぁそこは突っ込んでも仕方ない。
 野口先輩は、日本人なら誰がモデルか一目瞭然なんだけど、
 外国の方はわかるのかしら。

 最終エピソードは、予想外のファイターでした。
 でも、ものすごくしっくりはまりました。
 いじめ問題の前にこれが入ると、だいぶわかりやすい気がする。

 ラストシーンの銀河鉄道と、これから戦う棋士の皆さん。
 隈倉さん、万年新人王、桜井さん、ハッチ(笑
 うおお、土橋さーん、柳原さーん(涙

 最後のEDはバンプ。後期のED良かったけど、ここはしゃあないか。
 4月からはEテレで再放送。
 エンドカードは萩尾望都。もうこれ以上の人いないじゃん。

 10月から2期放送決定!!うわあああ!ヤッター(笑笑

 10月まで生きないと。
 マジでそう思いました。



・大河

 普通に面白かったですよ。

 今川の罠に、すっぽりはまっちゃう井伊の皆様。あーあ。
 ルリ子さんひどーい。ほっしゃん久しぶり。 
 次郎もひどかったですけどね。開けろ瀬名!!だなんて。
 皆さん切羽詰まってなりふり構わなくなってるので仕方ない。
 最後にはメロドラマ。まぁ許す。ほぼありえないと、わかってのこと。

 残る資料では悪役としかみなせない小野氏を、
 高橋一生で萌えキャラに変換してるのも面白いと思う。

 ただしサブタイトルが毎回ダサくて寒すぎる。萎える。
 でも統一されないのも気持ち悪いので、
 今後とも同じトーンでダサく寒いのを繰り出して来られるのか、
 もうそこを楽しみにするしかない。
 
 とりあえず、春からも見ます。ありがたいですよ。



・朝ドラ

 なんか今朝数分見たら、谷村美月ちゃんがイケメンと暮らすことになってた。
 あれ?少年に恋されてなかった?あれは終わったの?
 まあいいか。もうすぐ終わりなんですね。お近づきにはなれずじまい。

 次は有村架純なんですな。どうなんですかね。
 「またか」とやはり思っちゃったんですけど、どうしようかな。

 今初めて情報を見てみましたが、あれ、一択出るのか。
 特に気になるような人も出ないけど、まぁ、見てみようかなぁ・・。
 春ドラマの見通しについて書く時までに、また考えてみます。


だいたいこんな感じでした。
前期ほどではないかもだけど、今期もまずまず楽しかったです。
マジありがたいことでした・・と何故か空気が抜ける。 

[PR]
by michiko0604 | 2017-03-23 23:49 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

冬ドラマ終盤他視聴メモ

・カルテット  ⑧⑨
 
 WBCが長すぎてカルテットを見る体力が残らず、録画視聴。
 素晴らしいドラマですが、気楽に見られぬ。体力が要る。

 8話は、かわいいすずめちゃんの切ない夢の話が印象的な。

 すずめちゃん宅建持ってたんだ、ちゃんとしようと思えばできるんだ。
 それだけ今までいろいろあったんだな・・という切なさ。
 新しい職場で、爺さんたちに受け入れられて居場所ができたのが感涙です。
 ミッキーカーチスありがとう。
 すずめちゃんを迎え入れて、理解して受け止めてくれて。
 きれいな恋愛色の濃かった回で、ラスト1分の爆弾。
 マキさんは別人?どういうことだ。なんかもう全然予測つかん。

 9話は、最終章前編らしい。
 ああ。なんか言葉になりませんが。また書き加えるかもしれませんが。

 「そうか、マキちゃんは普通の人になりたかったんだ」
 ・・とは、私も思っていたけれども、ここまでの事情とは。
 ふわふわな芸術家のお嬢さんが、「普通」のままごとしてみたかったのかな、
 程度にしか。ほんともう、何が隠れてるのかわからん。
 「それで今度は旦那が失踪」と半笑いの大倉刑事さんはひどいんだけど、
 思い入れがなければ確かに滑稽な話かもしれん。私は泣きそうだったが。

 自転車事故で2億円はひどいと思うが、法律で上限は決まってなかろうから、
 延々と被害者から請求され続ければそれもあるか。もはや強請りか・・。
 ここは漫然と見ちゃいましたが、家森さんの謎の可能性があるらしい?

 ありすちゃんは、これで退場?行動原理はお金?なるほど?
 最終回でスッキリ落ちる可能性もあるので、少し保留。

 クライマックスですずめちゃんの演説が響かなかったのだけが残念。
 最後の夜は胸に迫りました。みんなに会えたからやり直さない。

 マキさんが結局何をしたのかはまだ謎で、最終回は全く想像つかない。
 このドラマとお付き合いできてよかったです。あと1回。


・タラレバ娘

原作を読んでいなかったら、これでも面白いと思えただろうか。うーん。
 あの面白い原作を、なんでわざわざこんなにしちゃうのか。
 モチーフにしてるだけで、別物ってことなんでしょうけども。

 香にしても小雪にしても、不毛な恋愛とは身に沁みつつ、
 好きな気持ちがあるうちに別れるのはホントつらいだろうから、
 あれくらいエグイ展開にならないと決断できないだろうなと思うんですよ。
 原作はホント、生々しく痛ましくて、それがリアルで良かったのに。
 
 香、「セカンドじゃなくてサードだ」ってぶった切られるとこ、
 財布やスマホや化粧品が入ったバッグを置き去りにしてでも、
 この場で断ち切って去れって言われるとこ、すごくよかった。
 鳥肌立った。キイ最高だった。
 
 小雪、秘め事()の場に踏み込んでくるのが相手の姉ちゃんって、
 絶妙な人選だった。嫁ならばまだ、夢の続きが悪夢になるだけ。
 「あなた、そういうことだから」と小雪に、
 「さあ支度して。赤ちゃんに会いに行くよ」と弟に。
 ありふれた修羅場ではなく、ものすごく生活感あふれてリアルな。
 あれはもうどうしようもない。覚めるしかない。なんて見事なんだ。

 これは漫画の話で、ドラマは似てるようでぜんぜん違いました。 

 ただ、自分の好みは置いといて、原作と差別化は目指してんかなとも思った。
 二人とも、外からの圧力で抜け出すきっかけは掴むけど、
 ドラマではちゃんと自分の言葉で相手に別れを告げてるんですよな。
 ぬるいっちゃぬるいかも知れんけど、まぁ優しくきれいに作ってあるか。
 丸井が「やっぱりピンと来ない。可愛いのかどうかわからない」
 とかだったらどうするつもりだったんだ。まぁいいか。

 「恋愛はいつでもできるけど出産はリミットがある」なんて、
 新進気鋭の脚本家が有難がるような新鮮なセリフか?普通じゃね?
 ・・みたいなところまで引っかかるのは、ちょいマイナス傾向。
 
 ラスト、早坂さんの鍋をぶん投げて弱ったキイに向き合うのは・・
 原作と比べなければ、キュンとかしたのかなあ。。どうなんだろ。
 りんこさん、電話気づいたなら出ろよ。事情を話せ。話せるでしょう。
 原作とは違う。事態は緊迫してないし、自分が追ったわけでもない。
 偶然会っただけなんだから。
 ほっとけなきゃ、連れてって鍋食わせたっていいくらいだから。
 
 そもそも東京狭すぎでしょうよ・・道一本しかないのかよ。
 どんだけ偶然会ってんだよ。
 ここだけは突っ込まないで我慢しようと思ったのに(笑
 坂口健太郎のキイはすごく良いと思ったんだけど、なんか薄いし情けない。
 もっともっとインパクトある破壊的なキャラに出来たんじゃないのか。
 期待しすぎたな、たぶん。ドラマのコンセプトがそもそもライトなのだ。 

 これもあと1回です。文句言いましたけど楽しみですよ。


・3月のライオン ㉑

 大好きな人間将棋の回。高齢化社会の希望。
 原作を読んだときにものすごく感動した話。
 過疎地の高齢社会のモデルケースになる話。素晴らしい。
 
 そして、ふくふくだるま爆誕の回。
 ひなちゃんの夢。これもリアルで良い話。子どもの具体的な希望と未来。
 もしかしてこれが最終回になるかと思っていたけど違った。

 新学期と、隈倉九段の登場もアリか。
 じゃあラストシーンはあれか。夕暮れの部屋のテレビか。

 絶対2期がある、と考えていいですかね。


 余談のメモになりますけど。
 アニメになって、より将棋を近しく感じてきた・・のはある。
 漫画の時は、わかんないとこは飛ばしてたし。
 その中で、現実の棋士さんにも少しだけ興味が湧いて。

 良い話じゃなくてアレですが、八百長疑惑のニュースを読んでみた。
 けっこう騒ぎになったし表層は聞いてたけど、
 詳細は気持ち悪すぎて避けていたんで。

 だって、疑惑をかけられた三浦棋士が、
 ベルセルクのウラケンと共に私の好きな土橋9段のモデルだと言うし。
 冤罪だったら大変なことになる告発側の渡辺竜王は、
 私が進撃のために買ってた雑誌で、漫画になってた人だし。

 で、いろいろいきさつを読んだ結果・・よくわかりませんでした。
 一応、疑惑はシロという形で、冤罪だったという決着らしい。
 だとしたら、告発側が何の責任も取らないのはどうかと思うし、
 疑わしきは罰せず程度で、疑惑が残るのなら、
 土橋さんはそんな人じゃないよう(涙

 こんどNHK杯とか見てみようかな、棋士覚えようかな、とか
 明るい展望で考えたいんですが、やっぱり気持ち悪い話でした。
 こんなことが起こらなければ良かったのに。薄いタラレバ。
 


・大河

 見てますよ。特に書くこともないけど。
 
 ええっと、菜々緒が早くも阿部サダヲに粗末にされてます。
 次回は少しは大事にしてくれるのだろうか。
 浅丘ルリ子さんが美しい妖怪のようでした。ちょと怖い。
 傑山?はいいですねえ。昊天?も良いです。
 
 この場を借りてっていうのも変ですが、高橋一生がブレイクしてます。
 ここでも萌えっぽい美味しい役で出ています。彼について少し。

 最初に存在を認識したのは、デトロイトメタルシティかなぁ。
 半落ちかもしれない。テレビのクライマーズ・ハイかもしれない。

 あんまり得意じゃないんだよな。気味悪い人だと思う。ごめん。
 でもキライではなく、このところ良い役がついててそれはスキ。
 この小野も良いし、家森さんも良いし、民王がとにかく良かった。
 まだ見てないけど、たぶんシン・ゴジラも良いんだと思う。
 ある系統で、すごく魅力の出る人だと思う。
 
 でも、ハマらないと気持ち悪いし怖い。無表情が怖い。
 笑うとしわくちゃになって可愛いというけど、私は怖い。
 目が笑ってない。何考えてるかわからない。どっか異質で不穏。
 笑顔がパックリ割れて、ズラッと生えた牙とかベロとか現れそう。
 そうだ、ズバリ寄生獣みたいなんだ・・。ごめんごめん。
 逃げ恥最終回の日の,多部ちゃんとの単発恋愛ドラマ、
 見た人の評価は高いけど、私にはぜんぜん無理だった。
 演技は上手かったのかもしれないけど、不自然でキモくて怖かった。

 でも最近の役はみんなスキだから、ずっとこのまま行ってほしい。

そのほか・・うーん・・。

・バイプレイヤーズ

 レンさんが仕事入れ過ぎて倒れて、みんなで代役やる回は笑った。
 面白いんだと思う・・けど、残念ながら相性は良くない。
 本人役で出演っていうのが、すべて生理的に苦手なんだと思う。
 どこで誰が出てきても、1メートルくらい冷めてしまう。
 大丈夫だったのはSpecのエグザイルくらいですかね。
 あれは笑った。知らない人だったせいもあるけど。

 そんなわけで苦戦してますけど、も少し見てみる。

こんなところですかね。
豊かな時期だったと思いますよ。まだ締めくくりが残ってるが。

春ドラマもけっこう情報出てますね。
自分比で、わりあい豊作な気配がします。いくつかチェック。
進撃とベルセルクも始まるし!

冬ドラマ最終回の後にまとめよう。

[PR]
by michiko0604 | 2017-03-16 22:31 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

冬ドラマ下旬(謎)メモ

・カルテット ⑦

 詳細書くと大長文になりますね。今回も素晴らしかったです。
 家森さんボブスレーのスペクタクルとか、ありすちゃんホラーとか、
 ドライブテクとか別府さんの裏返るSOSとかタンクトップとか、
 それぞれ触れるととんでもないので、涙を呑んで割愛。
 とりあえずすずめちゃんは本当にかわいい。

 マキさん夫婦の終焉をじっくり。隠しテーマは巻き戻し。
 いろんな解釈あると思いますが、自分の受けをメモ。
 
 真紀さんは、ずっと夫さんが好きで待ってたんでしょうけど、
 どこかで整理整頓は進んでたんじゃないのかなと思った。
 あとは蓋を閉めてカギをかけるだけ。またはゴミ袋の口を縛るだけ。
 何もわからないことが、一番苦しい。フェードアウトって許せん。
 夫さんの言葉が、最後の1歩を進める。

 おでんを食べながら、夫さんから前向きな愛の言葉を聞けたら、
 まとめた中身はまたまき散らかして、愛の暮らしを始めたかも。 
 やっぱりできればそうしたかったかも。
 夫さんがほんとに自分のところに帰って来てくれたなら、
 殺人だって一緒に引き受けられた。めっちゃ愛してた。

 (でもそうなったとしても、どこか傷付いてて許せなくて、
  先の暮らしのどこかでなんらかの仕返しをしたのではないか。
  これはちょっと穿った見方で、私ならそうするってことかな。怖)

 でも夫さんからの言葉は、絶望的な別れだった。
 なんとなくそれが予想通りで、聞くのが怖かったから、
 最初、さえぎってゆず胡椒を取りに行ったんではないのか。
 KYとかじゃなくて。聞いてしまったら本当に終わりだから。

 だからもうそのあとは、真紀さんにとっても終わったんだと思う。
 指輪を外し、自首の前のハグを断り、別荘に戻り・・
 真紀さんの目に涙はなかったけど、心にももうなかったと思う。
 憑き物が落ちたように冷めている。
 夫さんは、執行猶予ですぐ世の中に戻ってくるような気がするけど、
 もう始まるものは何もない。何もかも終わった。
 真紀さんてそんな人のような気がする。

 詩集を暖炉にくべるのは、そりゃもうそれしかないだろと思えた。
 というか、それで失火して別荘が焼失しちゃうのかと思った(笑
 そんなことは起こらなかった。

 今回は泣きながら見ました。
 思い込みで恐縮ですが、真紀さんって自分と似てると思いました。



・タラレバ娘

 楽しく見ていますが、原作読んじゃったことは、やっぱり失敗。
 ドラマを楽しむうえでは、てことですけど。

 あの仕事を紹介するのって、なんでキイ君から変えたんだろう。 
 あの話好きだったんだけどな。キイいいヤツ!ってなるのに。
 ほんともう、早坂さんでいいじゃないですか。

 元妻さんの職業を変えたのは、まあギリ許せる・・か。
 24歳医師1年目で主治医はやっぱりナイだろうな、とは思う。
 主治医じゃなくてもやりようはあるだろ、とも思うが。
 やっぱり許せんか。キイの長いこじらせが伝わらん。
 
 まぁ、ドラマは別物。気楽に楽しもう。

 「産後クライシス」については、
 自分から遠いこのドラマの中では唯一身近なので、興味深く見ました。

 (幸いにして、自分には起こりませんでしたけれども。
  新生児と暮らす時間は、確かに24時間軟禁で地獄のようでしたが、
  それを上回る幸せがあり、実家の親の助けもあり、
  子ども達は健康で、煮詰まるまでには手がかからなかったし、
  夫はいろいろ問題あっても、子どものことは大好きな人でした。
  でも、一歩間違えばママが病んで壊れることは、実感として共感できる)

 産後クライシスって、産後の修羅場で夫が全く協力しなかったために、
 夫婦間が長期にわたって致命的に壊れることを言うのかと思ってた。
 そうではなく産婦の育児ノイローゼ的描写で、シンプルと言えばシンプル。
 むしろ、壊れたのは新米パパの丸井の心かもしれないと思えた。

 もともと家事が苦手だったところに、新生児という大クラッシャー出現で、
 妻大パニック。日常生活も大パニック。仕事で疲れて帰って来ても大修羅場。
 悪夢のようなの日々がようやく落ち着いたところで、
 もうひとり欲しいという妻の希望。またかと思えばうんざりかもしれない。
 実家に帰したくなるかもしれない。

 「僕の思ってた幸せとは違った」
 ・・という夫のつぶやきは、真実なのだろうなと思えた。
 「クズ。だけど正直で可愛い」
 という恋人の独白も、無念ながら理解できるところがあった。

 これは漫画の話であって、ドラマは深くは触れられません。
 夫はドクズだし、不倫女も何様に見える。
 ちょっとでも不倫男に理由を与えると、不倫推奨ドラマと言われて、
 いろいろめんどくさいですからね。これでいいです。

 この先もそれなりに楽しみです。



・3月のライオン⑲⑳

 そうか、前半があんまり面白くないと思っていたのは、
 原作のほうも、序盤はそんなには面白くなかったからだったんだな。
 
 後半の主役・島田さんの描写。怒涛の宗谷島田戦。 
 涙なくして見られない。マジで。

 三木眞一郎さんという声優さんは、自分が若いオタクだったころから
 何度も聞いた名前なんだけど、なんとなくご縁が遠いままで来ていた。
 声を聴いてもぜんぜんピンと来ないし、代表作も浮かばない。
 島田さんに合うも合わないもわからずに。
 でも。
 
 絵はやっぱり、原作が素晴らしいです。
 20話など特に、今期のクライマックスであるはずなのに、
 作画がちょっと不安定じゃないか、もう少し頑張ってと不満。
 れいちゃんが最後に起死回生の角を差すところも、
 もう少しわかりやすく演出できないものかと思った。

 それでもなんでも、ここ数回は、絵が動き声が乗ることで、
 原作が命を吹き込まれた、という感覚が迫ってきた。
 島田さんのモノローグ全てで涙が流れた。素晴らしい回でした。

 20話はエンドカードも最高。毎回豪華すぎ。
主題歌も良いです。特にED。バンプに負けてない。

 あと2回。ここへ来て、終わるのがものすごく惜しくなって来た。
 第2期お願いできないでしょうか。ぜひぜひよろしくです。平に。



そのほか。

・大河はまた頑張って追いつきました。
 半ドンの日に、昼ご飯を食べながら録画を見るのが習慣に。
 意外に面白くなってきた。検地の回良かった。
 不妊様の回は「これはひどい」と思いながらもあるあるかなと。
 ただ、遡って子ども回を見た時は、あとから見て良かったと思った。
 順番に見たら、ここで挫折してたかも。

 今までまったりでしたが、桶狭間が起こって風雲急を告げ、
 ドラマも緊迫する気配です。どうなっていくんだろうか。


・ブシメシ

 全8回見終わりました。他愛のない話でした。
 30分だから何とか見られた。
 瀬戸君はけっこう面白く、沙保里は学芸会過ぎでした。


・精霊の守り人

 前回の煽り「高良健吾が鈴木を吊るし何とかを誘惑」みたいなのを見て、
 完全に引きました。もういいや頑張って見ようとしなくても。
 これでいったい何を釣ろうとしていたのだろうか。もういいわ。


・おじ松(違

 寺島さん回を見て、思ったより面白くない。。と思いかけたけど、
 おじ松でコラボを見てしまいましたので、まだ切れないわ。
 もう少し置いておこう。


こんなところで。

[PR]
by michiko0604 | 2017-03-06 23:33 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

冬ドラマ2月後半メモ

・カルテット ⑤⑥

 5話はリビングでリアルタイム視聴。
 お仕事は大変。ありガトゥーショコラ。いや。笑えたけど。
 志のある3流は4流。ああー。今回もすごい。

 後半のありすちゃん、怖い怖い怖い。
 すずめちゃん涙ハラハラ。満島ひかり、やっぱりすごい・・。
 そしてラストは夫さん判明。クドカンかよ!!いや、ある。
 
 相変わらず、ながら見できません。ガン見。ぐったり。
 だから視聴率あがんないんだろうなぁ。仕方ない。

 6話は、疲れて早寝しちゃったので録画視聴。ああー。
 じっくりたっぷりじわじわと、夫婦が壊れていく過程を。
 クドカンのガチラブシーンにはビックリ。見たくはなかったが感心。
 ああ。どうしようもないじゃん。
 「40年・・」のすれ違い方が見事で涙目。あんまりだ(賛辞)。

 もたいさんの「待って」も最高。みんないい人なのに。

追記:マキさんの入院て、流産ではないの?
 高温期と腹痛、重症というのでそう思ったけど、その後ほかの感想を読んで、
 誰も言及してないので、私の勘違いだろうか。穿ちすぎか。
 まぁ、何とも明言されてないので、どう解釈しても自由ですけどな。

 「寝てるとき掃除機で顔吸われた」「なんで3回もご飯食べるの言われた」
 ゆたかさん、これそんなにひどくないと思うよ!(笑
 普段働くお父さんが、たまの休日に専業主婦にやられたならひどい。

 ラストシーンは驚愕。口がぽっかり開いちゃった、漫画みたいに。
 法的に怖い話になっていくのは得意じゃないんだけど、まぁ見る。


・タラレバ娘  ⑤⑥

 けっこう楽しみにしてます。こちらは気軽に見やすいです。
 
 5話と6話の間に娘が帰って来て、一緒に原作を借りたので、
 ここで見方が変わっています。
 つまり、原作は破壊的なほどものすごく面白くて、
 ドラマは見やすいけど薄味で平凡なことがよくわかった。
 原作ファンが不満に思うのが当然なのだとわかった(笑
 あれを読んだ後だと、真剣に物足りないだろうなぁ。

 5話で「もこみちどっから出てきた」と半笑いしながら、
 特に欠点がなさそうだけど、どうやって破局するのか?
 (するんでしょうよね)と、想像つかないでいたところ、
 原作を読んで納得してしまった。ものすごく納得してしまった。
 これはムリだ・・・。悪気ないのにホラー風味に。
 すごくいい人だけど、これはムリだ。

 ドラマのほうは毒が薄かったので、すこしリン子さんがわがままに見える。
 話し合ったらいい、不満をぶつけたらいいのにと思える。

 そしてやっぱり、私はキイが好きかなぁ。
 
 漫画は続きがすごく気になり、娘と、買っちゃおうかという話になる。
 ドラマのほうも、気軽に楽しみにしたいです。


・3月のライオン⑱

 やばい。いよいよ来たな(何が)
 好きな話。これからは怒涛。泣くんじゃないかな。

 いつも引き気味になるアニメ描写だけど、奔流はよかった。
 めちゃめちゃ流れ込んで溺死しかけてた。島田さんカッコイー。
 でもれいくん、お願いだからお湯止めて。
 
 島田さんの子ども時代。悪夢はどっちか。
 生きてるって気がするぜ・・。
 これからだけど、感動させられる気しかしない。
 
 どんなに不味くつくられても、やられる気しかしない。



この3作はそんなわけで楽しみなのですが、この時期は他が壊滅。


・大河  

 見るの忘れたし、特に積極的に見ようと思えなかった。
 頑張らないとお別れになっちゃう。


・精霊の守り人

 夜中の再放送を、千載一遇だと思って1話まるまる見ました。
 ・・・たぶんダメだな・・という気持ちになりました(悲)。

 ぜんぜん入れない。感情移入できない。
 名優渡辺えり子さんのセリフさえ空虚に聞こえる。
 も少し普通の、おばちゃんぽい話し言葉だったらまだ入れたかも。

 ディーン様、特に下手じゃないのに恥ずかしくて見てられない。
 「やらされてる感」しかない。

 ちょっと笑えるところがあってもよくないか。
 気恥ずかしい上に息が詰まる。

 文句ばかりじゃさすがに申し訳ない、
 いくらか興味を惹かれたところも挙げておこう。

 鈴木亮平はちょっと良かった気がする。女海賊?も。
 ジグロとの過去篇は少し良い気がする。おふゆちゃん意外に良い。
 松田さん(ジン)がフクロにされるところは、心配になった。
 ていうか、まだ生きてたのか、味方になってたのかと思い、
 いきさつを知りたくなった。
 大不評らしい真木よう子の棒読みは、私はそんなに許せなくない。
 真木よう子ってこんなんだと思うし、このキャラもこうだと思う。

 そんなわけで、結局ダメかもしれないが、まだ絶望ではないか、くらい。


このほかの、「なんとか見たい」と思ってる数作は、
1秒も進んでおりません。


この時期に、特に楽しみにしているドラマ以外が進まなかったのは、
娘と借りたレンタルコミックが充実してまことに面白くて、
自由時間がそっちに費やされたからです。

できればひと記事書きたいですが、
とりあえずタイトルだけメモ。


・東京タラレバ娘
・ファイアパンチ
・この世界の片隅で
・ダンジョン飯
・寂しすぎてレズ風俗になんとか

特に上二つについて。

今日のところはこれで。 

[PR]
by michiko0604 | 2017-02-23 23:12 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

2月2週視聴メモ(雑

メモメモ。余力あったら追記するかも。多分しないけど。


・カルテット ④
 
 高橋一生回。引き続きめっちゃ面白かったですよ!
 結婚は地獄~からの対義語がすごい。デスノートの反対はドラゴンボール!
 子ども可愛い。一生すごい。奥さん笑える。ユタカさんクズだろ。
 宝くじ当たったらもっと家族と・・て場合もあると思うけど、
 反論できなかったってことは図星だったんだね。チャマ子いい女。
 
 アリスちゃん怖い。マキさんも怖い。司も怖いよ!
 次回も楽しみです。


・タラレバ娘 ④

 私は・・面白いと思う。けっこう楽しみになってる。
 3人ともだらしないっちゃだらしないんだけど、なんかわかる。
 痛くてしんどい思いも、太古の昔に覚えがあるよ!

 何にもなくないよ、3人の思い出があるじゃん、素晴らしいじゃん・・
 と思っていたら、そういうオチだったから良かった。
 この点は、自分は絶望的につるむことが出来ない体質なので、
 想像というか類推ですけども。


この二つは楽しみ。有難い。火曜と水曜。


・精霊の守り人Ⅱ

 前回から5分進んだ!(笑
 冒頭が、どうしても仮面ライダークウガに見える。
 壇蜜もディーン様も悪ふざけのコスプレに見える。
 もうちょっと頑張る。

・ブシメシ
・猫忍
・バイプレイヤーズ

 前回から1秒も(以下略
 何とか見たい。


・佐江内氏⑤

 リアル放送をながら見。てかほぼ聞いてただけ。
 会社の女の子との浮気騒動。バカみたい。
 夫もながら見しつつけっこう笑ってた。
 あんな奥さんだけど、愛してるんだよね。それは伝わる。
 縁があったらまた見るかもしれない。楽しみではない。


・直虎

 前回から一番進んだのはこれです。頑張りました。
 土曜日の再放送で5話を観、日曜の最新6話を録画で観ました。
 いやぁ、もう、ラブコメ大河。どうしたらいいんだよ。
 こういうのって、キャラ萌えするしかついていく道がない。。
 でも、江ちゃんのように耐え難くはないので、見るかもしれない。
 菜々緒が楽しいような気がする。築山御前なんですね?
 市原隼人の坊さんもかなり素敵。

 主役の二人のプチラブシーンで、鼻の毛穴まで明確だったのは引いた。
 うちのテレビのせいなの?あんまり見たくなかった。冷めるから。

 大河を楽しみにできるようになると、だいぶ展望が明るくなる。



・3月のライオン⑰

 ついにラスボス宗谷名人登場。お姉ちゃんとの濃いエピも。
 うーん。
 
 原作3話分入り、今までで一番テンポ良かった気がする。
 動画ならではの演出も入り、悪くなかった気がする。

 でもやっぱり、原作の絵の劣化版にしか見えない。
 楽しみですけどね。

 宗谷対島田戦は、バトル部分の序盤クライマックス。
 全体で見ても、いじめ篇や捨男篇は別枠として、
 柳原島田戦(泣けるよ!!)に次ぐ盛り上がりでしょう。
 楽しみにしてますよ。


・エヴァ⑯

 この回でハマったって前に書きましたけど、改めて見直して、
 うわー当たり前じゃん、って感じで、いろいろ思い出しました。
 この回でハマるの当たり前だった。なんで忘れてたのかな。

 「ディラックの海」「虚数空間」「エネルギーを集めて一瞬の扉」
 これも、自分にとって特別だった作品のオマージュだ。
 「百億の昼と千億の夜」ですよね。わざとだよね。
 
 いろいろ懐かしいです。20年前と、40年前。

そんな感じで、意外に盛り上がって豊かかもしれないクール。

[PR]
by michiko0604 | 2017-02-13 22:25 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

今期はもしかして一番楽しみなのが3月のライオンの土曜?
・・と一瞬いくらか不安になったりもしましたが、
だいじょうぶ、なんとかお近づきになれそうなものができました。


・カルテット

 めっちゃ面白いです。こういうの好き。
 すっごい練り込まれた緻密な脚本の会話劇。

 1話、不毛な言葉遊びに見えた唐揚げとレモンが、背筋冷える伏線。
 エンディングのおしゃれな完成度。これはイケる!!と上がった。

 2話はさらに良く、ハマったといっていい。積極的に楽しみ。
 九條さんという同僚さんの美しさ。行間案件。
 夜明けのサッポロ一番がクライマックス。せつないホワイトラブ。
 音楽が素敵。キャラも素敵。4人とも素晴らしい。
 あとありすちゃんの闇が素敵。

 3話はすずめちゃんの過去。前2話からだと少し陳腐。
 でもそれは、より普遍的にわかりやすく人の心を打つということでもある。
 ありがちだとしても、演出と言葉は陳腐ではない。名言続出。痺れる。
 ドシリアスなわけではなく、冒頭のボーダーかぶりで本気の爆笑。
 すごいドラマです。
 火曜日楽しみ、て今期も思えて幸せ。



・タラレバ娘 

 第一印象として、二人の美しい女優さんの間に入って、
 大島優子さんの場違いなほどの格落ち感はどうしたことかと訝しみ、
 原作の1巻を無料電子版でお試し。そして納得。
 原作通りなのだと思うと、意外に受け入れられた。

 二人の美人女優さんは、見た目はともかくちょっと原作のイメージと違う感じ。
 東村アキコの毒も薄く、原作ファンは満足させられないのでしょう。
 でも私は結構面白いと思い、3話もちゃんと見たし(1話はまだ見てないが)
 次の水曜日も楽しみです。気楽に見ます。有難いことです。

 坂口健太郎の金髪にはまだ慣れませんが、かっこいいです。
 さっぱりした容姿に合う真面目役、重版や朝ドラみたいのもいいけど、
 模倣犯がとにかく凄かったので、毒を持った役は魅力的です。


とりあえず2作。

そのほかの可能性。


・精霊の守り人Ⅱ

 えっと、まだ希望は捨ててません。可能性ある。
 落ち着いて、見始めることができれば。
 最初の10分くらい見たんですが、なんか・・豪華な仮面ライダーみたいで。
 あれは、日曜の朝にやるから感情移入できるのであって、
 週末の夜のゴールデンタイムに、笑いどころもなくシリアスに、
 有名俳優さんたちが大真面目でコスプレしてCGに突っ込んでいくのを見て・・
 何とも言えず気恥ずかしいというか、申し訳ないような気持ちに。
 
 つまり、世界観に入れていないんですな。
 もう少しがんばってみる。


・ブシメシ
・猫忍
・バイプレイヤーズ

 前回の記事から1秒も進んでない・・。
 見ないかもしれないし、見始めるかもしれません。短時間だし。


・佐江内氏

 浜辺美波ちゃんのアイドル話を15分くらい見た。
 彼女かわいいですね。
 でもあんまり面白いと思えなくて、やっぱり無理かしら・・。



ちょっとチェックしたけどやっぱり無理っぽいものと、その他。

・娘をやめていいですか

 かなり怖いみたいですね。賛辞でそう聞きます。
 でも私はもう無理だな。怖いホームドラマは結局苦手だった。


・3匹のおっさん

 初回を見ようと努力してみたんですが、
 自分で思っていた以上にシャーロットが無理でした。


・嘘の戦争

 今となってはSMAPが全員苦手になっておりまして、 
 草彅剛主演といいうだけでフィルターから零れ落ちてました。
 でも、何かのバラエティをながら見したあとにやっていたので、
 15分くらいながら見をしたら、それなりに面白いのかも・・?
 という気もした。水原希子も悪くなかった。かわいくて。

 でもやっぱり多分見ない。どっちかっていうと苦手分野だし。

「たぶん見ないけど少しだけ気になっているもの」
は、やっぱり全部見られそうにありません。


・大河

 努力して2話まで見て、あとが続きませんでした。
 5話から大人俳優なので、見始めるならここが次のチャンスだったけど、
 夫が「見る気しない」といってレンタル映画を見始めてしまったので、
 遭遇の機会を逸した。無理かもしれません。
 そんなに悪いわけじゃないが、見たいと思うほど面白くもない。
 まだわからないが、残念かも。


・3月のライオン ⑮⑯

 私は、なんだかんだ言って羽海野氏の絵が好きなんだなと思う。
 デッサンが正確で、きちんとした骨格の手や指がきれい。
 
 島田さん、タイに持ち込む2戦目勝利の後の消耗絵インパクト。
 先生痛恨の計算ミス、たった一コマに凝縮された爆笑小ネタ。
 原作の素晴らしさを再認識するばかり。

 やっと4巻に入り、このあたりからはもう引き込まれる一方で、
 泣けるし笑えるし、一コマ一言が大切で。

 好きなエピソードが続くので、楽しみに見ています。
 でも、島田さんは原作のほうがさらにイケメンですよ・・。
 痩せさらばえて生え際も危ないおっさんですが、それでも尚。

 12巻を読み返し、何度も読んでるのに読み終えるのが惜しいほど珠玉。
 どこが違うのか不思議。
 蟲師やおお振りも、原作にほぼ忠実で、素晴らしいアニメ化だった。
 どこが違うのか不思議(再

 やや余談だけど、いわゆる円盤の売上ランキング記事を読みました。
 5,000枚くらいが、続編制作の目安なんだそうです。新知識。
 その記事によると、ユーリの2巻が5万枚。
 おお振りが1万4千くらいで、かなり良いと言われてた気がする。
 3月のライオンは1800枚?だそうでした・・。
 あんまり話題になってる手ごたえがなかったので、 
 やっぱりそんなもんか・・とは思っても、やはりちょっと寂しいような。

 (ちなみにベルセルクを調べたら800枚くらいでした。800て。
  よく続編の企画通ったな。有難いけど心配だ・・)

 前評判はトップクラスだったけど、やっぱり地味なんですかね。
 このままだと、島田さんと名人の戦いとその後、
 山形のエピソード(大好き!めっちゃ胸熱)、
 そのあと、桜の咲く頃か新学期くらいまでで終わっちゃうんだけど、
 続編はないですかね・・。

 微妙に文句言ってる上、関連商品も何も買ってないのにアレですが、
 これでもアニメは楽しみにしてるんです。
 続編もお願いできないですかね・・。


というわけで、今期もそこそこまずまず、楽しみがつながってありがたい。

[PR]
by michiko0604 | 2017-02-05 23:33 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

もう2回くらい終わっちゃってるのに、殆ど観られていない・・。
ドラマ見るのって、そんなに大変だったっけ・・?
チェックしたものを、とりあえず1話だけ録画して試してるんですが、
なんだか1話見ないでいるうちに2話も終わっちゃったりして、どうしよう。
そんなこんなで材料が少ないですが、現時点での視聴メモ。


・東京タラレバ娘

 例によって1話の録画を見ないでいるうちに2話の日になっちゃったので、
 仕方なく2話をリアタイで観ました。私にとって最大級の好意。
 で、だいたい話はわかった。これは続けて観ようと思います。

 坂口健太郎がかっこいいのが最大の理由です。

 原作ファンにはいまいち不評みたいですが、
 読んでいないので普通に面白い。
 痛すぎて正視できないってほどじゃないしちょうどよい。
 

・佐江内氏

 1話の録画をちゃんと見た希少作品のひとつ。
 うーん(笑  
 こういう鬼嫁っぽいのって、古いギャグマンガでよくあったよね。
 何が面白いのか、理解できたことないけどね。
 うーん、思ったより笑えなかったなぁ。どうしましょうか。
 そうしてるうちに2話めが終わっちゃった。
 そんなにダメでもないけど、良くもないからお別れかも。


・ブシメシ

 1話見ました。これは毎週予約してるので。
 うん。だいたい思った通りのゆるい時代劇。瀬戸君悪くない。
 30分だし、これは見ようかな。
 ていうか、なにやってんだサオリ(笑 すごく学芸会だったー。
 許せるかギリギリだなー。「年寄りは干物でも食ってろ」とかヒドイし。


ここまで、曲がりなりにも初回を見たもの。
以下、まだ見てないけど希望は捨ててないもの。

・カルテット

 2話目終わっちゃったわね(汗
 1話目をながら観しようと始めたんだけど、あ、これ、集中が必要なヤツだ、
 あとにしよう・・と思って、時間が空いちゃった。
 でもまだあきらめてないぞ。

追記:見ました。見ます。たぶん好きだと思う。2話探す。


・バイプレイヤーズ

 半分くらい見ました。まったり。もっさり。
 全然ダメではない。どうだろ。も少し見てみる。


・精霊の守り人Ⅱ

 番宣見てて、なんとなく楽しみになって来ていたんだけど、
 訳あって録画できませんでした。
 2話め直前の再放送を録画予約したので、見てみようと思うよ。

・猫忍

 まだ見てないけど、これは見るよ。毎週予約。


ほかはもう見ないです。たぶん。もうむりです。


・大河

 訳あって、2話を見られなかったので、土曜の再放送を見た。頑張った。
 うーん・・・。まだ子役なのに、色濃いラブの話。
 これからもそうなのかな。ラブがメイン。うーん・・。
 ムロツヨシって、面白いのかもだけど・・演技下手じゃないですか?
 うーん。


・3月のライオン⑬⑭

 みんな大好き島田さんが主人公になり(違)、俄然面白くなった。
 これからもしばらく面白いかな。このへんから好きになったかな?

 スミスさんの朝食が、傷天のオマージュだと私は気づかず。
 原作のシーンは好きでした。
 牛乳・パン・トマト・コンビーフ・コーヒーで何気にバランス良く、
 最後に新聞紙でぐしゃっとまとめてゴミ捨てるのも機能的。
 でも、コンビーフ缶の分別だけは気になった。
 アニメでは異常な力の入れようで、長尺で傷天のOP丸パクリ。
 ゴミ捨てはなく、いつも綺麗な作画なのに際立ったダメ動画に当惑。
 誰かがどうしてもやりたくて無理に押し切ったのかと思うほど。
 
 「ポカリ」はダメなんだね。「エステー化学」もダメでした。

 漫画では気にならなかったセリフの多さが、
 動画になると膨大なポエムの海となって視聴者を溺死させる。
 なんとか生き延びたい。
 


なんか、こうして書いてみると思ったより豊作かも知れない。
続きますように・・。

[PR]
by michiko0604 | 2017-01-26 19:25 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

前クールの逃げ恥のように、始まる前から
「自分きっとこれ好き」というビビビな作品はない。
でも、数はけっこうチェックしてます。もう時期は始まってるので取り急ぎ。

・カルテット

 逃げ恥の後。キャストもまぁまぁ、脚本家もまずまず。
 初回は見ます。どうかなー。


・佐江内氏

 ヨシヒコの作家さん。バカバカしくて楽しいといいな。


・タラレバ娘

 読んではいないが、東村アキコ。突き抜けたらスゴそうだ。


・バイプレイヤーズ

 どうなるか全然わからないけど、好きな人は絶対好きだろこれ。


上記は、これから始まる中で初回を見ようと思っていて、
面白ければずっと見ようと積極的な希望を持ってるもの。わりとたくさん。


以下は、一回見たいとは思ってるけど、既に何がしかの危惧があるもの。


・娘をやめていいですか

 NHKの重たそうなヤツ。
 ハルちゃんだし柳楽君だしキライな人も出ないので楽しみのほうだったけど、
 なんか親子どんぶり的な展開になるらしくて、それ苦手なので・・。


・精霊の守り人
 
 第一期は見続けられなかった。こういうの好きなはずなんだけどなぁ。
 かっこいい綾瀬はるかが違うのかもしれない、自分にとって。入れ込めない。
 二期もすごい豪華キャストだし、再挑戦してみる。でも不安。


・三匹のおっさん

 毎回楽しみにしつつ、なぜか見続けられないシリーズ・・。
 有川浩って、好きだと思ってたけど相性バッチリじゃなかった。
 広報室も阪急電車も、数ミリあざとく感じてえぐみが残った。
 おっさんにもちょっと感じる。原作よりもさらにドラマが。
 そして、今回の初回のゲストがシャーロットで、一層萎えている。
 私は彼女が苦手です・・。理由はわからない。つきつめてないし。



以下、たぶん見ないけど少しだけ気になってるもの。


・就活家族

 内容が面白そうな、興味持てそうな感じがした。
 でもキャストがむり。息子が普通で、両親と娘がむりの部類。
 
・下剋上受験

 私はあんまり好きな話じゃないし、阿部サダヲも実は苦手。
 でも夫が楽しみに録画したので、流れで見るかもしれないです。

・A LIFE

 いつみてもアルフィーと読んでしまう。
 マツケンとか菜々緒が出るので少し気になる。
 でも、何としてもキムタクが苦手でした。

・女の中にいる他人

 もう始まっちゃった。私がドラマ好きなら見たような気がする。
 多分面白い。でも、わざわざ照準を合わせるほどではなく、
 いつの間にか終わるだろう。


以下、既に始まってて、録画して見るつもりでいる小品。

・猫忍

 きっとバカバカしいと思うんだ。でも1番待ってました。

・ブシメシ

 NHKの番宣見て、好きかもと思って、急いで録画した。


番外。

・今年の大河
 
 直虎ですね。井伊直○って人が多すぎてよくわからない。
 初回を見ました。4週まで子役ちゃんだけ。かわいい。特に男児。
 真田丸みたいにすごく面白くはないが、何とか見られた。
 次回も見てみようと思います。感触はまずまず。


・朝ドラ

 あきらめました。
 朝数分見た男会がバカっぽくて面白いかも?と思い、
 50話くらいから見てみようか・・と見当つけて入ってみたが、
 保育園問題が出てきて無理だと思いました。昭和の人間なので。
 「家にこもりきりよりも、同年代の子どもたちと生活したほうがいい」
 といって、見てくれているお姑さんを否定する。
 「預かるのが仕事なのではないのか」
 と、息子がやんちゃすぎて断られ、保育園をディスる。
 いずれも「そうだそうだ!」より「何だと」と思ってしまったので、
 私はこのドラマ、どの方向からも合わないらしいです。


・3月のライオン ⑫

 今年も始まりました。今期はこれだけなので、ドラマにくっつける。
 仲間っぽい棋士たちに加え、A級棋士たちもちらほら登場。
 めちゃくちゃ悪い顔で後藤も登場。あんまり好きじゃないんだ。
 もっと思い切って悪役でも良かったのに。
 次回はついに島田さんが登場します。たのしみ。


なんか思ったよりもすごくたくさんチェックしてた(汗
3つくらい仲良くなれると、日々の張り合いになって助かるんですが。



大長文の記事になっちゃいましたが、最後に去年のまとめ。
自分的ランキング。

① 重版出来     やや迷ったけどやはりこれ。終盤号泣続き。
② 逃げ恥      めっちゃ楽しかったです。幸せな時期。
③ 真田丸      これも面白かった。有難い。
④ セカムズ     逃げ恥と同系統。怪物君はムカつくが可愛かった。
⑤ あさが来た    これもずっと熱心にみた。毎日の楽しみ。
⑥ トットてれび   いろんな意味で名作。
⑦ 奇跡の人     そんなでもないんだけど、ずっと見たし割と好き。
⑧ ヨシヒコ     全部見たし、楽しみだったし、楽しかった。
⑨ ON       言いたいことはあるが、一応楽しみに全部見た。
⑩ 一路       特に面白くなかったが、全部見たので入れとく。

すごい、だいたい全部見たドラマが10個もある!
豊作の年でしたね。

そのほか、かけらしか見なかったけど少し印象に残ってる、
・ダメ恋
・逃げる女
・ミタゾノ
を、メモだけしとくか。

スペシャルドラマも、珍しく楽しみにしたのがあった。

・模倣犯   ものすごく面白かった。素晴らしかった。
       坂口健太郎が好きになった。

・獄門島   なんだこれーと思いつつ見たが、時間が経つと、
       好意的な気持ちが増してきた。続編を待つ。

アニメもけっこう楽しんだ。進撃やおお振りまではいかずとも、
屍鬼くらいなレベルで、日々の張り合いに。

・ベルセルク
・亜人
・おそ松さん
・三月のライオン
・ユーリ!

並べてみると、例年に比べてかなりTVの恩恵を受けた年でした。
今年も良い年になりますように。 



[PR]
by michiko0604 | 2017-01-11 22:00 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)