<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

テレビ映画3題

雑で恐縮ですが、例によって録りためてたTV映画の記録。
簡単に。


・秒速5センチメートル

 けっこう有名なタイトルですが、全く内容を知りませんでした。
 背の低い男の子の恋物語のような気がしてましたが全然違いました。
 5センチ違いでした。

 「君の名は。」のヒットで関連作品が深夜放送。この機会に。

 ええと。何がどういうわけで有名なのか謎でしたが、悪くはなかった。
 宇都宮線と両毛線が、ものすごくディスられてる気持ちにはなった。
 そして雪の日に子どもが帰ってこないとなれば、
 親の心配は発狂レベルだろとも思いました。その辺はスルー。
 なんで彼らは離れてしまったのかね。そこは大して説明されない。
 男の子だけが一生ひきずるらしいので、これは男子の残酷物語だね。
 しかも、かかわる女子も不幸にするというね。
 
 「君の名は。」は観ていない。もうレンタル出てるのかしら?


・ベイマックス

 予告とぜんぜん違うといわれていたことをなんとなく思いだした。
 なるほど。そうだね。
 ハートウォーミング兄弟愛かと思ったら、理系学生戦隊もの。
 いや、私は別にどっちでもいいので、それなりに面白かったです。
 この手のって、進んで観たいとは思わないのだけど、
 観てみればだいたいハズレはないんですよね。さすがです。
 兄さんがけっこう無駄死にだったことには驚いた。
 医療ロボットは間違いなくかわいかった。
 そしてアニメーションの滑らかさは見事でした。金あんなー。


・リトルフォレスト

 ヤフーのトップで宣伝されてるのを見たことがあった。
 強い希望はなかったが、BSで深夜に放送されるのに気付いて録画。
 これは・・好きな人は好きでしょう。私は好き。録れてよかった。
 でも、大ヒットはしそうにないけど。

 20代女性の淡々とした田舎暮らし。
 橋本愛ちゃん、淡々と農作業をし、食べものをつくる。
 粉を練ってストーブでパンを焼き、麹サワー(!!)をかもし、
 グミジャムを煮る。延々とそんな感じ。
 パン、麹、グミ。トマト。作りたい。めっちゃ美味しそう。
 アケビ、クリ、くるみ、米。芋。青菜。丁寧に。大好き(笑
 イワナまでは大丈夫だったが、カモを絞めるのは少しつらい。それは感傷。

 夏と秋が録れたところです。
 来週冬、春はその2週間後。
 ストーリーは今のところあってないようなものだけど、
 何かしらの進展と帰着があるのだろうか?

 楽しみです。
 

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-25 01:36 | 映画 | Trackback | Comments(0)

・卓球
 
 一番新しいトピックス、平野みうちゃん中国をなぎ倒してアジア杯優勝。
 さらっと書きましたけど、とんでもないです。
 新兵がアシストもなく巨人3体討伐しました。ミカサ並です。

 「戦ってみたい中国選手は誰ですか」「勝てる選手と戦いたいです」
 天然スレスレのおっとりみうちゃん、世界ランク5位内の3選手をぶっ倒す。
 日本選手権でかすみちゃんを粉砕した勢いそのままに、
 ハリケーン・ミウとして卓球界を席巻。
 来月の世界選手権が俄然楽しみに。中国の逆襲はこわい。
 でも、みまちゃんひなちゃんなど、こちらも有望選手たくさん。


・水泳

 毎年の楽しみ。この前終わったばかり。
 でも、去年ほどは楽しくありませんでした。ふつう。

 国のアマスポーツで一番代表選考が厳しい水泳界ですが、
 今回は将来を見据えていくらか甘く、たくさん出すよと大盤振る舞い(違
 それなのに、あんまり突破者が出なくていつもと同じ。
 でもまぁ、ふつうということはふつうに楽しめたということ。

 エース萩野選手は、手術明けなのでまだ万全でなく、
 記録は平凡でしたが、5種目中4冠で面目は保つ。
 プロ選手になったので、悪い中でも根性ですごく頑張ったらしいです。
 瀬戸選手が4個メ初制覇。萩野君とは0.1秒差。同じ時代に二人のエース。

 冬に世界新を出したブレスト渡辺君も悪くなかったのですが、
 それ以上に小関選手がスーパーハッスル。こういうのも良し。
 
 世界を目指せるバタ坂井選手なども、まずまずのところ。

 入江選手はひさしぶりにちょっと元気そうだったんだけど、
 得意の200で萩野君に負けてしまいました。11連覇はならず。
 でも代表には決まったので、もうペース崩さず頑張ってほしい。

 ナイト君、小堀君、シンリ君、古賀氏、中村君などもそれぞれ健在。
 まだ代表には決まりませんでした。リレーメンバーは追試があります。
 もうひと頑張りして、みんな決まるといいな。

 長谷川君、川本君なども頑張って。
 競技と別に、バタフライの中尾君という子が気になった。ビジュアルが(笑
 小顔で彫り深く長身で、モデルさんのようでした。
 

 女子は池江ちゃん別格の5冠。記録は出なかったが最有望。
 そして超新星が出ました。色白で華奢な感じのかわいい大学生。
 竹内結子似なことで、結子に謝れと言われる・・いじられ系?
 しかし記録はすごかった。女子4個メでリオ銅メダル相当、
 日本記録を3秒以上更新という、大会MVPクラス。期待です。

 ルナや涼香ちゃん、咲子さんなど頑張ったが、今一つ突き抜けない。
 あっ、鈴木聡美さんが好調で、短距離で何度か笑顔はじけた。美しい。
 カナコは今年は休養のような感じ。試合には出てましたが。
 おやすみするのもアリかもしれません。心を整える。


・体操

 まずは全日本。
 今回から、採点基準が変わったらしく、全体的に得点が下がりました。
 0.5~1点弱マイナスくらいな感触。男子は15点に乗ると高得点です。
 14点で合格。
 
 結果は内村選手の10連覇。しかし薄氷でした。
 2位の田中とは0.05差。五輪のべるにゃんとの闘いより過酷。
 白井くんはじめ、大学生たちの猛追もちょっと感動的。
 谷川くん、千葉くん、萱くんなどたくさん。皆おおむねイケメン。
 内村選手はあきらかに調子が悪く、体力もなく、最終種目のあとは、
 精も魂も尽き果てた風情でヨレヨレ・・ほぼ瀕死でした。
 それでも彼が勝ちました。

 「今回は負けるかもと思った。勝ってしまったので地獄ですね」
 内村選手しか吐けない名言。すごいですよこれは。
 みんな頑張れ。頑張って彼を負かすんだ。倒せとは言わないぞ。

 加藤選手はいまひとつ目立ってませんでした。頑張れ!

 女子は、村上さんが頭一つ出た感じでした。苦手種目も克服。
 寺本さん、杉原さんが追う。宮川さんは総合はまだ来ない。
 こちらも、新顔の高校生たちがけっこう頑張ってました。
 みんなかわいくて美人で目の保養。様変わりしたなぁ。
 女子も少しずつ輝きだしてますよ。


・柔道

 少しずつ新星も現れて楽しみな。大学生躍進。
 軽量のほうで、永山君、阿部君など注目。東京世代。
 加藤さんまだ健在、応援したけど2位で代表には届かず。
 エース大野選手は学業優先の年、永瀬選手が引っ張るか。
 ベイカーは初戦で負傷、代表は辞退となりました。
 100キロ級の注目、飯田選手は勝ち抜けず。この子マジイケメン。
 最重量級、90キロ級は、昭和の日の日本選手権を経て。
 王子谷選手、ついに来るか?

 女子もボチボチ。
 話題になった、阿部君の妹で顔そっくりなかわいいJKは敗退。
 最重量級でも有望な高校生が出てきていて、東京に向かう。
 こちらは最終選考の大会も終わり、満を持しての朝比奈沙羅。
 63キロ級は派遣なし。うーん。そういうこともあるか。


・時間が経ってしまいましたが、冬の種目で快挙がありました。
 男子モーグル、世界選手権でいきなり二冠。一躍メダル候補に。
 ずっと応援していた入賞レベルの選手をぶん抜いてエースに。
 出る時は出るなぁ。
 デュアルの決勝は面白かったですね。二人とも転んでて。
 朴訥とした感じのいい青年です。アマチュアらしくて良いですね。
 ボードの選手のスタイリッシュさと素行の悪さとはかけ離れてますが、
 ボードの彼らはプロなのだから、アマの規律では縛れないのでしょう。
 お互い、無理しないほうがいいです。


・ちょっと別の話ですが、「花は咲くリオ戦士バージョン」。
 ずっと気になっていて、最近やっと録画できました。
 その時によって違うのかな?まぁ、とりあえず5分のを1本。

 女子力急上昇中のサオリから、なんか目が死んでる内村選手(汗
 パラの看板選手、リオのメダリストたち。
 全員触れたいですが、今日はもう眠いので少しだけ。

 みなさん選手団のジャージですが、競歩の荒井選手は自衛隊の制服で、
 それなのにすんごいガリガリと貧相な感じで、笑えて萌えました(何
 世陸の代表に決まったので、また会えます。
 女子たちはみんなかわいいですが、特に女子レスリングのみんな、
 一番美味しいポジションの福原愛ちゃんがさすがの可愛さです。
 錦織は特別扱いの合成風(笑)ですが、まぁトッププロですからね。
 マハルが何故かソロでしたが、東海村出身だからか?
 白井選手の絶妙なやる気のなさも笑えたので通します。
 
 話が逸れてしまいますが、アニメバージョンも味わい深いです。

というわけで、眠すぎて落ち。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-21 23:47 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

あらまし始まりましたかね。感触だけの覚え書き。
けっこう頑張ったのですが、今のところ、そんなに・・という感じ。
事前予想に沿って。

・CRISIS

 いちおう2話まで頑張って観ました。何とか観られた。
 BORDERも、見てるうちにだんだんとハマったし、
 野間口さんが良い感じなので何とか続くかも知れない。
 楽しみではない。


・フランケンシュタイン

 おっと、まだ始まってなかった。


・小さな巨人

 ドラマ見るのって、こんなに疲れたっけ・・。
 私、半沢直樹も結局そんなに・・だった気がする。
 1話を最後まで見られていない。尾頭さんに会えてない。
 厳しいかも知れない。



第2群。

・リバース

 近頃あんまり藤原君が得意じゃないので、どうかなと思いつつ。
 うん、1話まぁまぁ良かったです。「Nのために」の雰囲気が少し。
 藤原君はやっぱり上手いね。ダサい役はちゃんとダサく見える。
 山口まゆちゃんにちょっと注目。
 これもまだ、楽しみってほどじゃないけど、次回も観てみます。


・あなたのことはそれほど

 ええ・・?これは・・?
 ひどい評判を先に聞いちゃったが、最初の10分はそこそこ見られた。
 酷評の不倫相手は、太めの福士蒼汰に見えた。確かに魅力はない。
 私はけっこう東出が好きなので、こっちのほうが良いじゃないかと思える。

 ・・という評価ができる段階ですらなく、
 「卵半分割れる呪い」の時点で、もしかして無理だ、と思った・・。
 ハルちゃん、こんなに下手なの?なんなのこの娘。どうしたの。
 誰に言わされてんの・・。なんなんだこの不自然さは。
 
 ONでも、最初下手糞すぎて無理だと思いながら少し回復したので、
 もう少し我慢したら、ハルちゃんの特異な魅力が現れてくるのかもしれない。
 でも、なんか、ストーリー自体がある程度我慢を強いられる内容なので、
 この上,棒まで我慢できる気がしない。。嗚呼。


・女囚セブン

 おっとこれもまだか。


NHK群。

・ツバキ文具店

 うーん・・・。

 雰囲気はあるので、好きな人は好きなんだろうな。。とはおぼろげに。
 冒頭の葬式とか、多部ちゃん大暴れとかは少し笑えたんだけども、
 多部ちゃん、私もこの代筆、大嘘だと思うわ。
 病むくらいなら、命の短いペットなど飼うべきじゃないだろうと思うと、
 悲しむ人にもあんまり感情移入できなかったし、
 それはそれとして、あれほど悲しんでいる人に、
 他人に書かせた言葉を届けるという欺瞞の意味は何なんだと思ってしまう。
 
 ちょっとご縁ないかな。


・みをつくし

 まだだった。


・4号警備

 窪田君と北村さんは悪くなかった。

 30分。見やすいよりも説明不足と感じた。
 目の見えない人の、杖を持つほうの手を引くのも気になった。
 途中から失明した人は、杖より人の手を頼るのかしら・・?
 あの犯人は結局何者だったんだ・・。
 2話目はあきらめちゃった。まだ再放送はあるか。


こんな感じで、今のところ掘り出し物はないです。
ちょっと頑張らないと全滅の危機。

でも実は大丈夫。


・大河

 今一番楽しみです。面白いと思う。
 重厚なヤツが好きな人には嘆かわしいかもしれないけど、
 金も人材もない小国の、知恵と勇気の奮闘が新鮮で楽しい。
 まだギリギリ臭くはない。

 モブとしか思えなかった中野君と六左衛門がたいへんかわいい。
 状況も逆転逆転で予想がつかない。
 不憫な政次が、絶妙に切なくて良い。
 坊さんたちも引き続き良い。


・朝ドラ
 
 いろいろあって、今週からは、夕食時に夫と録画を見るようになってます。
 「あさが来た」以来です。
 庶民の地味な話ですが、安定。聖火リレーは泣かされた。ベタなのにー。
 一択が出てくるとテンションがあがる。意外と好きだった。
 朝ドラを楽しめるのは幸せなことですわ。


そのほか、進撃とベルセルクも楽しみにしてるし、
松の再放送もあるし(前半見ていないので)、
今更ながらに夏目友人帳も見ようかなと思い始めた。
春ドラマはやや厳しい状況ですが、全体としては悪くなく、助かります。


番外メモ。

前期の作品ですが「猫忍」を遅ればせながら完走。
いや、面白かったですわ。猫侍より良かったかも。

猫と笑いだけを期待した人には不評だったかもしれない。それもわかる。
猫侍よりも少しストーリーがあり、少しシビアな展開もあった。
まぁ、全体としてはバカバカしくて他愛ないのですが。

主役の大野君は口元に特徴があり、私にはイケメンに見えませんが、
コミュ障気味なところが面白くて、だんだん可愛くなりました。
デブ猫はそんなに可愛くなかったですが、猫であるだけで充分。
模様があるのでダブルキャストも難しいでしょうし、
撮影は大変だったでしょうに、とてもおとなしい賢い猫でした。

迫田孝也さんがバカみたいな役で出ていて笑った。
真田丸の三十郎である程度メジャーになったのでは。

ほんのりとラブストーリー的な展開まであって盛りだくさん。
女忍者の女優さんが、谷村美月ちゃんと浅田舞ちゃんを美人にしたような、
いや、あの、たいへんキレイな子だったので注目・・してたら、
なんかリバースに出てるみたい。ちょっとラッキー。

映画を見には行かないですけど、レンタルは楽しみにしたいです。
謎が残っているので、映画で解明されるのかどうか。
先々に繋がる楽しみ。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-19 23:33 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

タメ過ぎて全く書ききれる気がしませんが、記録だけでも。


・お相撲

 キセの大活躍でブームが来てます。

 3月場所は、結果として手負いのキセの連続優勝でとんでもない盛り上がり。
 横綱ひと場所目、キセは落ち着き払って快進撃を続けていましたが、
 13日目にハルマに吹っ飛ばされて肩と胸を痛め、その後は絶望的かと。
 14日目のポチとの取組は力が入らず、優しいポチが微妙に株を上げたりとか。
 こりゃもう全然ダメだ、責任だけで出てるんだとみんなが思う中、
 千秋楽、キセは本割と決定戦でテルを倒して涙の連続優勝となりました。驚。
 
 キセの回復力が人間離れしており、相手のテルもそういえば怪我人でした。
 本割でキセが少し変化したことと、髪を掴んで反則だという批判も少しあった。
 テルが琴奨菊を大変化で倒したことで、猛烈なブーイングもあった。

 私としては、キセの本割は変化ってほどじゃないと思うし、別に変化でも良い。
 髪は確かに、必死すぎて掴んでるように見えたのでどうかと思ったが、
 審判団と控え力士、物言いをつける権利がある人が誰も声を上げなかった、
 つまり反則と言えるだけの出来事はなかった、という説を採ることにする。

 テルの琴奨菊への大変化は、琴奨菊がイノシシなのが悪いのであって、
 これも批判には当たらない。私はテルも応援してるので、ヘイト許せん。

 ・・と、微妙な話も入れたところで、それでも尚、
 表彰式での、場内の君が代斉唱の朗々さに鳥肌が立ちましたわ・・。



・サッカー

 3月に代表戦があり、UAEとタイに勝って、だいぶ良い状況に。 
 UAE戦は今ちゃんと川島、タイ戦は久保の大活躍。久々明るい。
 長谷部がケガで離脱しましたが、今ちゃんとマヤが穴を埋めました。

 が、次かその次あたりから、W杯のアジア枠は8くらいに増えるらしく、
 苦労せずともだいたい出られるようになるみたいです。
 これは、お金持ちの国が出場できてお金を使ってほしいかららしいです。
 あらあら(笑)とは思うが、別に怒るほどイヤではない。任せる。

 Jリーグはそれなりに、いつも通りに。
 今のところ神戸が強いという微妙なサプライズ、鹿島もまぁまぁですが、
 浦和の得点力がいつも派手です。ガンバと広島は苦戦。広島ヤバイ。

 ACLは、浦和と鹿島がまぁまぁ。川崎は当落線上か。
 ガンバはヤバイが、まだ絶望的じゃないらしい。あと2試合くらいかな?



・プロ野球

 開幕前にWBCがあり、予想外に盛り上がりました。
 みんな大して期待してなかったと思うし、大谷も辞退で目玉がなかったが、
 始まってみると、激戦続きで試合が面白く、勝ちを積み上げて注目度が上がり、
 筒香、中田、千賀、小林などラッキースター?が輝いて、連日楽しかった。
 アメリカに渡った初戦の準決勝で惜敗。まぁよろしいでしょう。
 小久保監督お疲れ様でした。ものすごく大変だったと思いますが良い結果でした。
 アメリカ初優勝、大会のためにも良かったと思いますよ。

 平日に見るものがないので、早くペナントが始まってほしいと思っていたが、
 始まってみるとそんなに面白くもない。ごめん。
 ことしは黒田がいないし、大谷も和田もケガでお休み中。
 藤浪は、惨劇(笑)だったり好投だったり味が濃いが今はインフル中。
 あ、ムネリンが帰って来てるんだった!でもまだ2軍。

 楽天が首位で、春の珍事と言われてます。去年とABクラスが逆です。
 セは広島が走り出したが、阪神が追いついてきた。
 金本さんは去年あまりにもツキがなかったが、今年は取り返せるか。


・大リーグ

 日本人選手と言う観点でいえば、年々寂しくなってきてますね。
 4人の先発投手たちには頑張ってほしいですが、開幕1巡目は全滅(汗
 3巡目めくらいまでに3人は何とか1勝、岩隈はツキもなく未勝利。

 上原はまずまず。田澤は微妙ですが、それなりに使われて勝ちもついた。

 野手は、青木はそこそこ打ってます。下げられるときもある。
 イチローはレジェンドですが、今年はまだ全然上がってません。

 こ、これだけしかいない・・。



・テニス

 錦織は相変わらずトップで頑張ってますが、少し粘りが薄まっている。
 西岡くんが躍進しかけたのですが、大けがをしてやり直し。悲し・・。

 試合中継が多くなっているのは有難いです。
 ことしはフェデラーが良くて、ナダルとの黄金カードなども復活。
 
 お行儀悪いですが、キリオスがかっこいい。プレー楽しい。
 A・ズベレフも大変よろしいです。プレーもルックスもです(笑
 こういう人たちの試合も見られます。よい時代。


・ゴルフ

 松山くん、開幕からしばらく驚異的に絶好調でしたが、
 ここへ来て少し調子を落とし、マスターズは上位に絡めませんでした。
 最終日は躍進し、少しは見せ場があったので良かった。
 他の日本選手は予選落ちなので、やぱり別格なんでしょうな。

 優勝は、かつて神の子と呼ばれたおっさんです。おめでとう。


力尽きて来た・・。
アマ競技のほうは、日をあらためて。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-17 23:02 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

今更もいいところですが、決まりがつかないので簡単にでも記録。


・女子シングル

 優勝はメデ子。世界記録更新で、波乱はありませんでした。倍率1倍です。
 現在の採点基準に則りつつ、作品として完璧という天下一品。
 17歳の絶対女王も、リンクを出ると親日のかわいい腐女子。
 男子の試合を、チームメイトじゃなく新葉ちゃんと応援。仲良し。

 2位はケイトリン。来ました。最上級でなくても上位の技をノーミスで。
 そして笑顔がかわいく、きれいな女性の上品な魅力がたっぷり。
 女子フィギュアに求められてる理想形なのかもしれない。
 ファンのというより、採点する偉い人たちにとって、というか。 

 3位がデールマンです。カナダ女子の躍進がすごいです。
 ロシア表彰台独占かという予想は大きく外れ、カナダの本気が現れました。
 デールマンの魅力はスピードとパワーでしょうか。
 技の難易度が最高でなくても、ダイナミックに真っすぐ突っ込んできます。
 乱暴に見えても、ノーミスだとこうして見事な作品に仕上がります。

 4位にカレン・チェン。全米優勝がマグレでないと証明。
 
 5位に僅差で三原舞依さんが入りました。
 大注目のショート、珍しく最後のジャンプでミス、まさかの15位。
 けっこう騒ぎになっていろいろ言われました。国の代表はツライ。
 フリーではノーミスで自己ベスト、10人抜きの5位、国の最上位です。
 演技素晴らしかったですよ。高難度で完璧、かわいいシンデレラ。
 終わってみれば、たとえショートがノーミスであっても、
 大勢に影響はありませんでした。4位には届いても表彰台は無理。
 彼女はベストを尽くしてくれました。

 6位にコストナー姐さん、大ベテランです。復活&健在と言っていいかと。
 ベストの演技じゃなかったですが、200点近く持ってくる力はある。
 でも、申し訳ないけど容姿は劣化しましたね・・・。

 7位にワグナー。ここらへんビッグネーム。
 アメリカ女子、盤石の3枠。

 8位にソツコワちゃん。下馬評を考えたらイマイチではあった。
 そんなに全然ダメだったわけじゃないんだけど、目立たなかったですね。
 それでもロシア3枠ですが、言うほど楽々じゃなく世界は甘くなかった。

 9位、自己ベストでトゥルシンバエワ。彼女も伸ばしてきた。
 リスのようにくるくると軽やかに野生の表情。カザフも2枠かな?

 10位、ダビン。韓国美人。トップグループに入って来た。
 きれいだし、丁寧にまとめて悪くないです。スピードがつけば更に?
 彼女も国に2枠をもたらした。頑張った。

 11位、新葉ちゃん。頑張りましたが小ミス。
 なんだか出てきた頃より良くないように見える。点は伸びてるけど。
 デールマンと同じで爆走とダイナミックが売りだったように思うが、
 前ほどスピードがないように思うし、ノーミス出来てないし、
 衣装が似合っているようにも見えないです。芸人みたいです。ごめん。
 この大会最大の目標だった、五輪3枠は取れませんでした。
 3枠まではあと5点、三原さんがノーミスなら()4点。
 このへんはダンゴだったし有力選手のミスもあったので、
 可能性ゼロではなかったですが、そのすべてがタラレバです。

 これほど世界が本気を出してくる大会で、
 二線級の選手しか出せなかった自体が国の実力で、当然なのです。
 選手はそれぞれ頑張りました。

 12位、マライア・ベル。ごめん、何も浮かばない。たぶん見てないし。
 台頭してきた選手なので、来年までにまた延びてくるかもしれない。

 13位、ポゴちゃん・・。今大会最大のサプライズ・・・。
 どどどどうしたの!!?調子悪かったのだろうか・・。
 ショートは70点超えて4位、少しヨタヨタしたところもあったけど、
 相変わらずゴージャス、超美人、女王様でものすごくキレイだったのに。
 最初のジャンプで調子狂って、取り戻せなかったみたいです・・。
 いつかのNHK杯のように散々、演技後の号泣、
 キス&クライで、指で口角を上げて笑顔をつくろうとしててもらい泣き。
 一番好きな選手なんです。ロシアは競争が激しいので心配です。
 また会いたいよー。笑顔が見たいー。

 飛ばして16位、本郷さん。奇跡は起きず。
 今季はほんとに大変だったと思います・・。
 調子のいい年だったら、トップに入りかけてた。
 何もかも間が悪かったですが、仕方ないです。
 怪我を治して、また来季参戦してほしい。

 そういうわけで、女子シングルの五輪は2枠。
 大激戦になりますな。
 まぁ、それはそれで盛り上がるでしょう。
 五輪はそのあともありますしね。
 世界大戦がはじまらなければ・・。


・ペア

 すみオデ、すごく惜しかったです。
 自己ベストで60点を超えたのに、あと1歩でフリーに進めず、
 五輪枠も取れませんでした。
 今思うと、成龍はよくソチに出られたな。
 優勝はペンちゃんのところ。良かったですよー。中国のペアはかっこいい。
 ペアリングについては勘違いしてました。失礼しました。
 大好きなジャン兄さんのところは5位でした。


・ダンス

 なにげに1番ショックだったのはここかも・・。
 カナクリ、ショート失敗してフリーに進めず。五輪枠取れず。
 世界最終予選(違)へ。
 ダンスが枠を取れれば、ペアも団体戦のため五輪出場が叶います。
 ソチもそうでした。最終的には個人戦も滑り込めましたが。

 言いかえると、ダンスが取れなかったので、
 日本は五輪で団体戦に出られないかもしれないってことです。多分。
 それでもいいじゃん、シングルの選手に負担がかかるだけ、
 出たってどうせメダルが取れるわけではない・・・
 という意見もありますね。まぁそれも一理あります。
 
 でも、それなりにずっと応援して来てるので、
 カップル競技のこの結果は悲しかったです。
 最終予選がんばってー。


結局長くなってしまった。

真央ちゃんが引退を発表しました。
スマホにニュース速報としてお知らせが来ました。

マヲタではないですし、時間の問題だとも思ってたし、
真央ちゃん辞めないでと思ってるわけでもないのに、
しばらくは悲しくて、ニュース見て悲しくて特集見ては悲しくて、
ほぼ一日中、ハラハラ涙を流してました。私。
これがいわゆる〇〇ロスか。私、真央ロスなのか・・。
さすがに疲れてあきらめがつき、回復しました。

いなくなっちゃうわけではありません。
とりあえずアイスショーには出るそうです。
そこは特に興味ないですが、プラチナチケットと既に言われてます。

プラチナかどうかわからないですけど、
姉と姪たちは、今度の国別対抗戦のエキシビに行くそうです。
競技は取れなかったけど、去年の先行発売の初日に、
姪がキーボードを大連打して、エキシビ3枚は取れたそうです。
大会自体エキシビみたいなもんだし、いいじゃないですか。
さすがにそれはうらやましい。

羽生くん、宇野くんについては置いておいても、
ジェイソン・ブラウンもボーヤン・ジンも出るんですよー。
ネイサンも出るよ。Pちゃんも。メド子、ラジ子も。
いいなー。

そんなわけで長い話になりましたが、
いろいろ今季も濃く楽しかったフィギュアスケート、
後は国別対抗戦を残すのみです。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-13 22:51 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

わりと楽しみにしていました。
ブルーレイは借りられず、DVDで。

実は私、ゴジラ映画って、見るの初めてだったんですわ。
全く惹かれるものがなかった。なんであんなにみんなゴジラが好きなのか。
高橋幸治さん目当てで「ビオランテ」を見ようと努力した時も無理だった。

なので、後半に米軍の攻撃が効いてゴジラが深手を負い、
「ゴ、ゴジラが怒った・・」みたいな不穏な盛り上がりの中で、
ゴジラがぐわわわっはーーーー!!と火炎を吐き、
背中からぐわしゅわっぱーーーー!!とレーザービームを噴出させた時は、
「うわあああーーひえーーーギャーーーー!!」みたいな感じで、
ものすごくびっくりして大騒ぎをしてしまった。映画館で見なくて良かった。

それで夫が帰ってきたとき、
「ゴジラが火ぃ噴いたんだけど!!知ってた!?ゴジラが火噴くの!!」
と訴えて、
「そんなことを言う日本人が存在することが俺は信じられない。常識だろうが」
・・と、ぶった切られた・・・。冷静に考えると、その通りのような気がする。
私も、一般常識としては知っていたような気もする。
それでいて、ほんとうに火を噴くとは思ってなかったのかもしれない。
本気で驚いてしまったので。

一番インパクトが強かったことを、まず書いてしまった。

あらためて感想を言うと、たいへん面白かったです。
それはたぶん、私が震災を経験した大人の日本人だからです。
ゴジラ映画としてどうなのかは判断できないですけど、
エヴァンゲリオン風味のプロジェクトXパニック映画として、
巨大な天災に立ち向かうちっぽけな人間たちの総力戦として、
日本の働く大人の物語として、涙しつつ見届けました。


こまかいあれこれ。

いちいち出てくる細かい字幕はネタとしても、
何言ってるのか全然わからないのは困った。
なので邦画なのに字幕で見ました。映画館組はよく聞き取れましたね。

ストーリー展開でも、2回見てもよくわからないところが。
レジャーボートの博士は、結局ゴジラにどういうかかわりがあったのか。
折り紙の謎も、解けても結局よくわからない。

ヤシオリ作戦と電車爆弾は胸熱だったが、あれって・・
飲み込んでくれなかったらどうするん。線路のないところに行かれたら。
まぁここは通す。これを突っ込むのは野暮だと思われる。

広島と長崎の話が出た時は、チリッと嫌な感じ。

途中、アニメ版の亜人とかぶるところがあってちょい混乱。
米軍の突入とか核攻撃とか、米側の美人とか。デジャヴュ。


キャラのこと。

全員触れたいが長くなるのでピンポイントで。

石原さとみはひどかったが、たぶんお笑い担当だったと解釈し、通す。
ハーフの女優さんとかじゃダメだったのか。きっとわざとだったんだろう。

ヒロインは尾頭さんだったと私も思う。

戦車隊でサンシャイン斎藤が出た時は吹いてしまった。インパクト強すぎ。
自衛隊はみんなカッコいい。國村さん。ピエールさん。
なんか片桐様もいたぞ。

夫は、塚本晋也の学者が小汚くてイヤだって言うけど、私は好きだ。

進撃も巨人のキャストたくさん。ちょい役で豪華キャストたくさん。

最大の萌えキャラはかまた蒲田くん!!出た時爆笑しちゃった。
かわいい。かわいすぎる。間抜けすぎるけどスーパーラブリー。
ネットで大評判になったものわかる。グッズほしい。

2回目は夫と観ましたが、
夫は「ハリウッドのゴジラのほうが面白かった」って言ってました。
ゴジラ映画としての評価は、私にはわからんのです。
日本人にしか受けない映画、という評価は、その通りだと思います。

でも、楽しみにしていた分、期待していた分は、たっぷり報われました。
面白い映画でした。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-09 15:29 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ものすごい大会で、とんでもない大騒ぎになりました。
私も非常に楽しませていただきましたが、
混んでるところが苦手なのでビビって引いてしまった。安定のヘタレ。
いくらか収まってきた気配を待って、簡単にこっそり更新。


・男子シングル

 羽生くん、ショート5位から世界記録更新でミラクル大逆転。
 さすがにないと思われたので衝撃的でした。
 前週の、手負いのキセの大逆転に続くディープインパクト。
 まだ書いてないなこれも。

 ショートワンミスで98点、でも98点ですよ。すごい点でしょ98点。
 それで5位なんです。五輪前年の世界の本気を見ろ。
 羽生くんの今年のショートは、私は結局仲良くなれませんでした。
 曲はよくわからんけど、振りも衣装も変でした。似合ってないと思う。
 それで決まらないとなると、ほんとに変で気恥ずかしいプロでした。
 五輪に持ち越しであれば、ちゃんと決まるところが見たいかなぁ。せめて。

 フリーの完璧さは神がかってました・・。信じがたい。
 「ゾーンに入る」ってことなのか、集中力が凄かった。
 ソチの真央ちゃんに迫るほどで、結果に結びつけた点でさすが羽生くん。
 真央ちゃんにまとわるほのかな悲劇性には無縁。
 全方位に向けて、鬼のように強い選手です。泣かされちゃったぜ。
 あの繊細で美しいフリープロの最後にあのドヤ顔、あれこそ羽生くん。

 2位は僅差で宇野くん。

 羽生くんが劇的すぎて少し日陰になりましたが、
 宇野くんの320点弱がどんだけとんでもなかったか、特筆したいです。
 3ルッツでつまづかなければ、勝っていたかもしれないんですよ。
 正直なところ、プログラムとしては宇野くんのほうが好みです。
 特に今年は羽生くん、ショートは前述のとおりだし、
 フリーも、美しくひらひらとずっと同じことしてるだけで、
 盛り上がらないプロだなぁと思う。陰陽師やオペラ座のほうが好き。
 宇野くんの今年のプロ、ショートもフリーも、雰囲気が違うようでいて、
 独特の華やかさと濃さ、絶妙な淫靡さが漂っていて癖になります。
 羽生くんの小説より奇なドラマ性には誰も敵いませんが、
 フィギュアの演技としてみたら、宇野くんのほうが面白いです。

 3位はボーヤン・ジン!!2本そろえて300点超えましたよ!!
 今年はどっちも盛り上がる楽しいプロです。スパイダーマンと道。
 そしてめっちゃかわいいです。ボーヤンほんとにかわいいです!
 世の中にけっこう同じ気持ちの人がいてよかった。うれしい。

 4位はハビさん。ショート10点の貯金を守れず。去年は逆でした。
 今回のショートの、演技としての完璧さは感嘆するしかなく、
 フリーが去年のような出来ならば、あるいは逃げ切れたかもです。
 でも、最終組1番滑走の羽生くんのインパクトでやんなっちゃったのか。
 300点を超えても4位という、この大会の凄まじさにおののく。

 5位はPちゃん。Pちゃんだって、すごくよかった。
 でも、Pちゃんも、少しやんなったのかなぁってとこある。
 技術点の高い人がミスしないと、芸術点だけでは届かぬ。
 スポーツだから仕方がないですね。

 6位がネイサン。ナショナルから四大陸でピークが来ちゃったのかな。
 今回は少しミスがあり、時代の寵児も妥当な位置に。
 でもフリーはクワド6回で、何かしかぶちかましてくれます。
 来年、ピーキングが上手くいったら台風の目かもです。

 7位にジェイソン・ブラウン。まとまりました。クワド決まらんでも。
 スポーツということを置いといたら、最高。大好き。
 陳腐ですが、胸に暖かい潮が満ちてくる感覚になります。
 アメリカ男子3枠!

 8位、コリヤダ君。がんばった。でも世界の上限が伸びた。

 9位、ケビーン、ひさしぶりー。滑走順早くても頑張った。
 復活。でも、1点足りずにカナダは2枠。惜しかったけどしゃあないです。

 10位、ビチェンコさん。ひそかにファン多し。
 実はこの順位は素晴らしいのです。
 一人出場で10位、五輪でイスラエル2枠ですよ!
 サモーヒン出られるよ!!!

 11位、コフトゥン。彼なりに頑張った。上げてきた。
 フリー前に少し怪我しちゃって、ツキはなかった。
 プロがいっつも変だと思うんだけど、青い瞳が異常に美しい。

 12位、ミーシャ・ジー。これで引退らしいです(寂
 コールが「ミーシャ・ゲー」だったけど、ゲーなのか?
 これからは振付師に。依頼がもうたくさん入ってるらしい。

このへんにしておこう。
簡単にしようと努力したけどあんまりならなかったので、
そのほかの種目はわけます・・。


[PR]
by michiko0604 | 2017-04-06 23:01 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(2)

書かなきゃと思うことがたくさんあって、
なのになんだか上手に時間を使えない。謎に焦り気味。
書きやすいところから。

春ドラマチェック。
ここのところ自分的にも豊作なので、今期もなんとかよろしく頼みたい。
今現在、特に楽しみにしてるものはないが、チェック数はまずまず。


・CRISIS

 なんとなくBORDERを思い起こさせる。だったら好きかも。
 イロモノ系かもしれないけど、入れれば楽しめそう。


・フランケンシュタイン

 これもイロモノ系だった。好きかも。


・小さな巨人

 ハセヒロ好きになっちゃったんですもん(笑
 これはイロモノではない・・よね?


上記3作は、一回は見たいです。
下記3作は、1ランク下だけど、少し気になる。


・リバース

 湊かなえ?読んでないけど、どうだろう。
 体力あったらのぞいてみるかも。


・あなたのことはそれほど

 ハルちゃんと東出の不倫ドラマ。なんだかよ(笑
 名作続きの枠なのと、いくえみ綾は高ポイント。
 のぞいてみよか。


・女囚セブン

 西荻弓枝の名だけが引力。


下記はNHK3作。
ドラマを見るテンションが維持できれば、きっと面白いような気がする。

・ツバキ文具店
・みをつくし
・4号警備

新ドラマについては、こんな感じで、数を撃ってみた。


そのほか。

・大河

 何気に私、今年の大河楽しく見てます。世間の評価は今ひとつですけど。
 そのうちリアタイ視聴に昇格しちゃうかもってくらい。
 特にキャラ萌えはしてないので、話が面白いんだと思う。
 ムロツヨシ面白いけど、下手だと思う。
 先がわからないので、普通にハラハラできて楽しい。
 ここ、どうやって乗り切る?どうなるの?マジか!!(笑
 みたいな。


・朝ドラ

 始まっちゃった。見逃した。
 見ようと思ってるんだけど、習慣が抜けちゃってますね。
 これ楽しみにできると、一日の句読点になって張り合いになるんだが。


・春アニメ

 進撃の二期が満を持して始まりました。ブームは落ち着いてますが。
 ベルセルクは今週から。ブームは起きてないが楽しみ。
 ライオンの再放送は、わざわざ見るほどでもないかな、録画あるし。
 自分の中の盛り上がり具合で、別カテゴリーにくくって書きます。

こんな感じで、そこそこ希望あるげな春の始まり。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-03 23:39 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

テレビ映画3題備忘

録りためていたTV放送の映画を、ここしばらくでいくつか観ました。
単独でレビューするほどでもないので、観たよという覚え書き。


・「告白」

 R指定じゃなかったっけ。普通にテレビ放送。BSのほうがゆるい?さて。

 めっちゃ話題になった映画ですね。当時レンタルで1度観ました。
 原作も読んでおり、めずらしく映画のほうがより面白いと思った。
 賛否両論あったけど、今も変わらずあるのだろうか。
 人の心に自然とあるタブー意識は、目に見えるより千差万別なのかも。
 私には、素でたいへん面白かった。勧善懲悪で痛快とすら思えた。

 私が動物の苦しみを無条件で見ていられないように、
 どんな子どもであろうと、犯罪者であろうと、
 子どもが酷い目に会うのを見ていられない人も多いのだろうと類推。

 彼がクラスで苛烈ないじめを受け、反撃するところも痛快でしたよ。
 彼にも女教師にも特段の感情移入はできず、
 ただ、胸糞悪い出来事がいくつか起こってその多くに報いがあり、
 それらの仕掛けが面白かったというのは直球です。

 橋本愛は史上最強の美少女でした。あの子は気の毒だった。
 このころが最高。桐島は良かったが、あまちゃんの時は既に下降気味。
 一番美しい時期が映像で残されるとは幸せなことです。
 能年ちゃんが出ているらしいんだがいまだに見つけられない。
 いじめのリーダー格だったクラスの女王様ふうの女の子、
 ああ、これが「ブシメシ」のヒロインの子なのか。
 男の子たちは、大人の俳優に育たなかったのだろうか。


・「ミスト」

 キング原作のパニックホラー。
 指折りの鬱映画として、一部で話題になりました。

 ずっと気になっていて、放送があったので録画したんですけど、
 実はラストを観ていないのですよ。怖すぎて。
 そこに至るまでのB級パニック描写でさえ怖くて消耗。
 この後何が起こるのかがわかっていてさえも怖い。
 怖い映画を見慣れていないということもあるのだろうが、
 つまり私はこの映画を誉めているので、どうぞご覧ください(何?)。


・「超高速参勤交代」

 これもけっこう話題になりましたね。成績も良かったのでは。
 でも、普通の娯楽時代劇ですよね。
 悪くはなかったけど、なんであんなに売れたのかはわからなかった。
 
 バカみたいな笑わせどころがあり(西村さんの井戸落ち爆笑。不覚)、
 ねえよ!みたいなツッコミどころもあり(敵の忍者弱すぎだし)、
 それでも最後にはスッキリと大団円。深キョンはかわいいね。

 水戸黄門みたいでした。
 続編もあったんですよね。どうだったんだろう。
 そっちの噂は聞いてない。

こんな感じで。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-01 00:40 | 映画 | Trackback | Comments(0)