功名が辻

今日はついに本能寺の変でした。
数限りなくドラマにも小説にもとりあげられてる題材ですけどね。
今回はかなり思いいれを持って観ました。
大河ドラマって、ここのところ観ていなかったんだけども、ちゃんと観ればおもしろいですね。
最初配役聞いたとき、仲間由紀恵以外は随分年取った人が多いな~、華足りなくないか、
お市様ファンなんだけど、大地真央とかきれいだけどおばさんだし、
浅野ゆう子も同上だし、信長は舘ひろしかよ?西武警察かよ。
明智光秀とかも、歌舞伎の人だということしかわからなくて、
なんだこのおじさん、なんだこののっぺりした感じ、みたいな、
つまりキャラ萌え的な期待はしていなかったのだが、
やはり観続けているうちには馴染んで情もうつり、
この人でなくては!的な気分になってくるのが不思議だ。
光秀は今も確かにおじさんにしかみえないが、それでも尚、
いかにも教養ありげなオトナな感じと、立ち居振る舞いの優雅さが魅力的で素敵だ。
「細川ガラシャ夫人」@三浦綾子 で予習した感じでも、光秀自体が典雅人だし。
少し年増にはなったが、まだまだかわいい和久井映見の濃姫との、
ちょっとせつないラブストーリーが、とってもいい感じでした。
「功名が辻」では、残念ながらそれらがストーリーの主ではないので、
最初の15分くらいでさらさらと終わっちゃって、ちょっと物足りなかったですかね。
懐刀みたいなのを振り回して5,6人斬り倒してた濃姫には、
「明智の兵隊弱くないか!?つか濃姫強すぎだろ!!?」とどうしても思いましたし
濃姫が撃たれて倒れる最期のときに、光秀が現れて目と目を見交わすとか、
「そんなわけあるかー!」みたいなベタな演出はあったんですけど。
まぁ、しょうがないです。
「功名が辻」はまだ読めないのだけど、「国盗り物語」は作者さんが同じで解釈も同じなので、
これからまたたっぷり堪能させてもらおうと思う。
今読んでるあたりはまだ、光秀も出世街道第一歩くらいだし。がんばれ光秀。
結果は見えてるけど。

大切なのは、結果なのか過程なのか(悩)。
卑近な連想もしてしまったが、現代の、しかも一介のシュフが、なぞらえられるものでもなし。
[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-11 23:43 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

雨の日曜日は、ほぼスポーツ観戦で終わっちゃったさ。
午前中はサンデーモーニングとサンデージャポン観ながらだらだら家事やって、
午後はBSつけっぱにして家事やったり本読んだり昼寝(ぇ)したり、
勝ちT当たるビール(風味の酒)の懸賞はがきにシール張ったり。

初日のドイツ対コスタリカ、結局見ちゃいましたよ。次の日仕事だってのに、眠たくて参った。
でも、点いっぱい入って面白かったですね、素人には退屈しなくて楽しかった。
終わってみれば、すっごいファインゴールもあってドイツ圧勝みたいな読後感(違)だけど、
試合中は、同点か1点差の時間が長くて結構緊迫感あったし。
第2試合はさすがに寝ちゃったけど、上川さんの主審だったんだー。
NHKスペシャルで感動したんで、縁があったら見たかった。録画で見られましたけど。
最初のコイントス、見ていてなんだか無駄に緊張してしまった。
失敗して、コイン飛ばしちゃったらどうしようとか、とっさに意味不明の心配が。
私がさつだからしょっちゅうやってしまうんですが。失敗する人いないのか?
上川さんはそつなくやってらしたけど、主将と握手する局面は、なんかぎこちなかったような。
どうでもよすぎる(笑)。

昨日のベッカム様の試合は、リアルタイムで息子の部屋で「国盗り物語」を読みながら観た。
BGM的なちょい粗末な扱いで、愛情不足だった私も悪いのかもしれんけど
なんかつまんない試合だったよ。すいません。
一番印象的だったのは、ふと画面見たら、妙に細長い人がマリオネットみたいな動きしてた時。
なんだこりゃ、アンガールズか!?みたいな。DFに体当たられたら折れないか、あれは。
クラウチさんとおっしゃるらしい。ハリポタの人でした。え。
10日の試合でいっちゃんおもしろかったっぽいのは、アルゼンチンとコートジボワールですな。
コートジボワールの試合は、また見たい。すっごい動きが速い!!早送りみたい。
転ばされても、一連の動きのように復活してまた蹴り始めるとか、回転レシーブのようだ。
観てて楽しい試合がいいですね、やっぱり。
[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-11 21:30 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

中村航

2冊目「夏休み」
いや、小学生の作文みたいなこと言っちゃいますけど。
すっごい良かった。おもしろかったです。
この作家さんを知ったのは「I LOVE YOU」っていう、若手男性作家6人のアンソロジー。
伊坂幸太郎さん目当てで読んでみた中に、この方の作品が入っていて、ちょっといい感じで。
最初に「100回泣くこと」にしてみたのは、本を手に取ってみてその表紙で、
少し前に新聞の書評でも紹介されてたし、本屋さんでも見かけたことがあることに気づいたから。
ああ、この本か。この作家さんか、という感じで。
「100回」も、まぁ悪くはなかった。私の苦手な「せかちゅう」とおんなじ系統のお話だったけど、
もっと素直でシンプルで、等身大で、すんなり世界に入り込めたし。

「夏休み」
あんたらもう少なくとも20代半ばくらいにはなってるんだろうに、何やってるんだ、というような
苦笑いな気持ちも残しながら、なんか、滑稽なんだけれども、すごく真実な感じ。
吉田くんが素敵。結局ああいう人が、自分の好みだ。そして草津温泉が素敵(笑
草津行きたくなりました。不機嫌でも落ち込んでいても切れそうでも。
おいしい食事と、とろんとした温泉で、いろんな苦い毒が浄化されてハッピーになれそう。
文中に出てくる、料理の描写も好きだな。「100回」の味噌煮込みうどん、つくってみたし。
吉田くんがつくってくれた朝ごはんも、こんどつくってみよう。
美味しいお茶の淹れかたも、もすこし詳しく紹介してほしかったー。
読んで幸せな気持ちになれる本でした。土☆
[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-10 02:24 | | Trackback(1) | Comments(2)

開幕戦、ドイツ対コスタリカ。ねむい。そしてノーガードの打ち合いなのかこれは。
いや、観戦ヲタとは言え、ぶっちゃけどっちが勝ってもかまわないところですな。(すいません)
それでもやっぱ、時間の許す限り、そのような試合も見てしまうのでしょう。雰囲気で。

昨日だか一昨日だか、朝、日本代表23人から8人をセレクトし、
ドイツの女の子たちにパネルを見せて、一番のイケメンを選んでもらうという、
しょうもない上にありがちなんだけど、それだけにみんなが大好きな企画をやってました。
朝は戦場のように忙しいので、あんまりよく見られなくて残念だった。
結果は、一位が中田ヒデを抑えて宮本ツネ様、3位がサプライズマッキーだったようだ。
ほかの顔ぶれは、中澤と大黒しか確認できんかった。のこり3人がわからん。
中田コージとか小笠原とか川口とか、一応美形で通ってる人たちだったのか、
それとも各種お好みに合わせるように、誰とは言わないがアレコレ個性を取り混ぜたのかしらね。
中澤はともかく、大黒が入ってるってのはそういうことだよな。あるいはシンプルにただのネタか。
中村俊輔と二人で、何かのCMに出てたときには、その絵面の地味さ加減に笑ってしまった。
つぶやきシローバリエーションかと思った。
いや、もちろんサッカー選手としては、ものすごく期待してますけど。どっちも。

話逸れたけど、宮本選手のビジュアル的なかっこよさは世界共通なんですな。
私も好きです。かなり好き。ファンですと言ってもいいですし。
DFとしては体格的にもうひとつだってこともあるんだろうけど、
ここぞというときにとんでもなく致命的なでかいミスをしちゃったり、
競り合いで完敗して、ゴール前でぶっ倒されたり、マイナス面でも悪目立ちして
「代表に要らねぇランキング」でもアレックスあたりと覇を競ってるらしいし、
正直、うちのような一般家庭でさえも「宮本は頭いいけどサッカー下手」とか定説にされてるし、
不当な(不当でもないか)風当たりも強く受けてるらしい宮本選手なんですけど。
中学の時は生徒会長、各チーム、各代表で常にキャプテン、
「教員よりも、生徒に言うことを聞かせるのが上手なので、あだ名は『校長先生』だったんですよ」
等々の逸話を伺いますと、
「なんかそれって、すっげぇイヤなヤツじゃねぇ!?」と、これまた笑っちゃうんだけどね。
なんというか、あの頼りになる知的な感じ、にじみ出る仕切り屋的オーラ、
「俺はデキます」的威風堂々(ちょっと違うけど)、しかも物腰は優しく柔らかいんだよな。
あれはモテますでしょう、どうにもこうにも。私にも結局モテてます。
そして、サプライズマッキーも、サプライズの前から、私にモテてます。
私はJリーグ発足以降の浅いファンだけれども、
代表では中山ゴン選手が一番好きでした。とにかく一生懸命で。
器用でなくてもお洒落でなくても、垢抜けなくてもなんでもいいので、
胸を熱くさせて欲しいですね。巻選手はその流れを汲んでる人ですからね。応援してます。
見た目も素敵ですし☆ブログも素敵です、飾らなくて誠実で。すごく普通の青年ぽくて。
とりまく状況がだいぶかわっちゃったから、再開されても違う文章になっちゃうかもだけど。

今日から一ヶ月間の、ワールドワイド(笑)なお祭り。目の前に丸ごとの宝の山です☆
[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-10 01:51 | スポーツ観戦 | Trackback(1) | Comments(0)

朝ごはんにロマン☆

今朝は、朝ごはんホットケーキにしてみた。結構喜ばれる。
4枚分を8枚に分けて焼き、積み重ねて供し、食べたいだけ取ってもらう。
メープルシロップは、生協のがなめらかでさっぱりしてて最高です。いや、貧乏なので。
画像も撮ってみたんですけど、手間取ってるうちにバターが溶けてしまい、
ものすごく食いかけっぽい状況に陥って、あんま美しくないので、アップは断念した。
撮影のテクが、そもそもなっちゃいなかったですな。冷めてから撮るべきだったんだろう。
でも、主目的は美味しく食って血糖値を上げることなので、致し方なし。
自分が子どもの時は、ホットケーキって少しも美味いと思わなかった。
甘さも中途半端だし、なんかもそもそとして喉に入っていかないし、全然見本のように焼けないし(多分それだ)。
それでも思い入れは強く、特別な郷愁と憧れを持ってる。
今は発禁となっているらしい絵本「ちびクロサンボ」のせいかもしんない。そゆ人多そう。
虎が回転しすぎてバターに変わるという、まったく理屈にあわないシュールな展開だが、
それを使って(原料は虎か。虎なんだな・・)焼き上げられた、
ふかふか・こんがり・つやつやなホットケーキの、
そりゃもう美味そうでやわらかそうであったかそうで優しそうで、美しいこと。
食べ物よりもむしろ、おふとんみたい。でかいの焼いて寝転んでみたい。これもわりとメジャーかも。

今は、さすがに熟練して(ホットプレートという強い味方もあることだし)、
まずまず見本どおりにきれいに焼けるようになったんですが。
私は今でも、食うより眺める方が好きだ。郷愁の補完。

なんか唐突かもしんないけど、私は、思い出を作るために生きてるのかなぁ、とかふと思いました。
それが人生の主目的なんかなぁ、とかね。これはまたあとで、じっくりつきつめてみたいネタ。
[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-07 23:58 | 食とか健康とか | Trackback | Comments(0)

別角度近況

カナデの説明をいたしましょう。
相方+こども二人+猫一匹と暮らしてます。
パート主婦です。
平凡で貧乏ですがいまんとこ磐石(?)です。

読書好き・猫好き・スポーツ観戦好きです。
割とそれ以外の何ものでもありません。

カナデという名前は、ネームカード登録の際に一瞬の思いつきでつけました。
漢字をあてるなら、まぁ、奏ですかね。
思い入れはまだゼロです。これから仲良くなります。
それまで使っていた名前と、少し似ているようで似ていません。
蛇足ですが、ミチコという名前でもありません。

といったように、じぶんの立場を客観的にみてみよう。
うむ。なんだかんだこんな感じじゃないのかね。
のんきなものだよ。

《追記》
2010年4月現在、カナデはコデマリと改名し、
家族構成も変化して、相方+でかい娘ひとり+猫一匹(外猫少々)となりました。
息子は大学生になってひとり暮らしをしています。
パート先は3月で閉鎖になったので、現在無職、絶賛就活中。

いろいろ沈殿してきてたので、荒療治的突破口として、
良い機会だったかもしれないですな。

合言葉は変わらず、「ポジティブシンキングロード」。

《追々記》
2016年3月現在、コデマリはどっぷりと「おばちゃんカテゴリ」に首まで浸かり、
「おばあちゃんカテゴリ」も遠く視野に入ってまいりました。
子どもたちは大学から家を出て、最近それぞれ就職し、遠方に暮らしています。
相方との二人暮らし、あと猫少々の生活は、おそらく一生続くことと思われます。
前回追記の直後に再就職をし、準フルタイムパート(なんだそれ)として、
自分の保険を持って働いています。自立は出来ない年収です。
残念ながら、もしかすると間もなく再度失業かもしれません。
事業所がヤバいです。

とんでもない教育費貧乏時代を奇跡的に乗り切り、
自分たちのためにがんばって老後資金を貯めていく時期に入っています。

夫とは、若いころよりも仲よくしています。
昔はいろんなことが許せなかったけど、今は自分も相手も寛容になりました。
ちょっと予想外でしたが、そうでないよりずっと良い。

助け合って、人生の下り坂をなるべく穏当に過ごしていけるように努力していく。
と、思えるときは元気なときです。

相変わらず自分の中心に居座るネガティブクイーンとも、
一生うまく付き合っていきたい。

[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-07 00:28 | コデマリ | Trackback | Comments(0)

まずは近況か

六月になったら日記を引っ越すかとか思いつつ、もう6日だし。ダミアンだし(汗
でもまぁ始めなきゃ始まらないからな。

最近は本ばっか読んでます。感想くらい書き残しておかないと、ほんと単なる時間つぶしになっちゃうぜ。
この土日月で3冊、

「センセイの鞄」@川上弘美
「落花流水」@山本文緒
「100回泣くこと」@中村航

この作家さんたちは、しばらく追いたいかな。
5冊借りたうちの3冊、先に返して、今日また読みやすそうなのを借りてきた。
残りの2冊
「国盗り物語」@司馬遼太郎
「夜を賭けて」@梁石日
は、じっくり読みます。前者は、今期唯一マジメに見ているドラマ、「功名が辻」に関連して。
後者は、前回読んだ「血と骨」の余韻から、同じ作家さんを追ってみた。

それぞれの感想を、できればアップしたいんですけども。まぁその方向で頑張ってみよう。
[PR]
# by michiko0604 | 2006-06-07 00:09 | | Trackback | Comments(0)