嘘日記。時間経ちすぎにもほどがある。


・サッカークラブ選手権

 その前のJリーグの決定戦から続いた、鹿島のミラクルロードです。
 準決勝の川崎戦から特に勝てる気しなかったんですが、
 そこを勝ち上がって浦和との2戦、ホームで負け。
 最終戦はアウェイ、さらに勝てる気しなかったんですが、
 結果は2対1で勝ち、よくわからない細かいルールで勝ちました。

 最後の1戦で勝ち点19らしいです(違うけど)。
 まぁ、前期勝ってる鹿島は、後期頑張る必要がなかったので、
 省エネで力を蓄えていたらしいです・・。
 決まっていたルールとはいえ、この時は多少世論は揉めました。
 私は、勝ったから何でもよくて嬉しかったけどね。

 クラブ選手権は、昔で言うトヨタカップ、Jが始まる前から、
 サッカーが好きだった人には大切な大会。たぶん。私はそうじゃないから。

 最後かもしれない日本開催で、開催国枠で出場した鹿島の、
 誰が予想してたかってくらいな快進撃。
 初戦は負けそうでヨレヨレで勝つ。
 次くらいが実力的に拮抗なところか?くらいでいい感じに勝つ。

 準決。南米代表。ここらへんからは胸を借りるんだろうと思っていたら、
 なんか素人目にも相手のほうが強いように見えていたのに、
 終わってみれば3-0で勝つ。ええええー?
 なんか、ごめん・・家とか車とか売って仕事辞めて応援に来た人たち・・
 でもしょうがないですし。

 そしてあの決勝です。多くは語るまい。騒ぎになり、みんなが知ってる。
 でもジダンかっこいー!!
 
 素人なりに結構たくさんサッカーの試合を見てきましたが、
 柴崎が入れた2点目は、その中でも最大級の衝撃的感動的ゴールでした。
 次点でアフリカ大会のカメルーン戦くらい。
 ダメなほうだとドーハのイラクの2点目が衝撃の絶対値は上だが、それはいい。
 あの後の8分間は手の震えが止まらず、わりとマジ泣きになっていた。
 勝つのかと思った。後半で1点リードとか、鹿島もっとも得意だから。

 結果としてはあのように、そこからレアルは本気になり、
 延長でチート能力者のクリロナに2点取られ、2対4で負けました。
 でも、90分終了間際にも大チャンスがあり、もしかもあり得る展開だった。
 入れろよヤンキー・・はともかく。素晴らしい試合、素晴らしい大会でした。
 素晴らしい鹿島でした。



あとはなるべく簡単にしたい。

・フィギュア日本選手権

 さすがに簡単にできない。別枠でなるべく簡単に。


・ゴルフ

 順不同(笑  松山君が絶好調です。今年は大きいの取るかも。


・天皇杯サッカー
 
 別記事で触れたとおり、神がかる鹿島優勝。ガンバ三連覇を阻む。


・ニューイヤー駅伝
 
 別記事で触れたとおり、旭化成。録画して楽しみました。双子パワー。
 行っていいですよ宗さん。


・箱根駅伝

 ちらほらと別の大学が光を浴びる局面もありましたが、やっぱり青学。
 今はあんまり知ってる人がいない。
 それでも、正月ってこれ見ちゃうんですよなぁ。

こんなところで。 
 
 

[PR]
# by michiko0604 | 2017-01-06 15:39 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

年明け駆け足メモ

大嘘日記です。

去年の日記を見返したら、今年もほぼほぼ同じようなことしてました。
なので簡単に。

 1日(日)

 前夜が遅寝なので、毎年実家には10時ごろ来るように言われます。
 それでも尚、今年は全員寝坊し、9時50分に息子に起こされる。
 泡食って支度して、10時5分に出発して10分に着く。

 今年はうちで買ったおせちがメイン、あとは簡単なオードブルくらい。
 男連中は久保田の万寿と地酒で朝からよっぱらい、
 早めに雑煮を食べていったん解散。雑煮は鶏肉とほうれん草。
 お餅がめっちゃ美味しい。

 天皇杯は鹿島。去年の終わりから神がかってる。
 ニューイヤー駅伝も楽しかった。旭化成。双子パワー。

 夜は恒例の新年会。一族飲み。
 ここ数年で最悪。まことに申し訳ない。
 去年のお店が取れなかったので、今年はチェーンの居酒屋でいいと思った・・
 のに。夫の意見を聞かなければよかった(人のせい)。
 飲む人は悪くなかったらしいけど、お料理を楽しみにしていた私らは最悪。
 お正月の予約はコースを頼んでくださいと言われ、ずっと危惧してたのが的中。
 大して美味しいものが出てこない割にとても高かった。
 もう二度とここは予約しない。人生勉強。


 2日(月)

 息子は例年通り、高校の部活の初蹴りへ。
 次の日が早いので去年は夜の部をスキップしたけれども、
 今年は一次会だけ、と参加することに。行けば、と勧めた。

 この日は娘も地元の友達と遊びに。
 家族4人で食事に行ける日はなくなり、夫は少しガッカリしていた。
 まぁでも、地元の友達と会う機会が、一番大事だと思うんですよ。
 私はずっと地元に住んでいて、特に誰にも会いたくないが、
 会いたい懐かしい友達はいる人は、それはそれで幸せだと思うんです。
 この日は夫と二人でラーメン食べに行きました。


 3日(火)

 息子は早くも帰りの日。
 朝いちばんの飛行機、早起きして空港へ4人で向かい、普通に見送る。
 
 いつものヤギがいる道の駅(空の駅か)に行ってヤギと遊び、
 目当ての焼き栗屋さんが正月休みでガッカリし、
 でもせっかくなので地場野菜ショップに寄って、いろいろと。
 これがまた、買ったものが全部安くて美味しかった。ビックリした。
 ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、いちご、みんなすごく甘い。
 白眉は干し芋。そんなに好きじゃないので100円の小袋。
 100円の商品じゃない。何あの美味しさ。また行こう。

 そのあと、ダチョウを見に寄ってもらえる。
 全力で餌を投げるところを撮られ、けっこういい写真だが、
 あまりにも全力過ぎて恥ずかしいので載せない。
 
 去年は回転寿司を食べて帰ったが、今年はなんとなくみんな疲れ、
 昼頃には家に帰って来て、買ってきたほうれん草で雑煮を作って食べる。
 たいへん美味しくて満足。その後みんなで昼寝する(笑

 そのあと、いつものショッピングモールに行って買い物。
 迷いに迷っていつもの○スの店で福袋。やっぱり楽しい。
 お金に余裕が出来るのってやっぱり素晴らしい。
 しょうもないものを買ってバカバカしくても楽しい。

 そこで晩ごはんを食べて、娘は電車に乗って帰りました。
 娘は明日まで休みですが、家で体勢を立て直す。


 4日(水)
 
 いろいろ紆余曲折があり、夫がひとりで帰省。 
 向こうの仲良しが、この日なら遊べるということで。
 私は明5日から仕事、夫はもうしばらく休みがあったので。
 ずっと家族でいて、いきなりひとりになると寂しいかなと思ったが、
 特にそういうこともなかった。自由に暮らして悪くなかった。

 
 5日(木)

 仕事始めでした。

こんな感じです。

[PR]
# by michiko0604 | 2017-01-05 15:00 | 日記メモ | Trackback | Comments(0)

年末メモ

嘘日記ですが、備忘のために覚えてることだけでもメモしとく。
去年と大して変わりません。


12/16(金)

 今月に入ってからいきなり決まった、職場の忘年会。
 行きたくないが仕方ない。
 早い時間からさくさくと、8時ごろには終わったからよかった。
 去年と違い、チェーンのお店で、豪華なものが出たがしょっぱかった。

12/20頃

 バタバタとお看取りが続いた。
 ある意味、最も大切な仕事の一つ。私はレセを書くだけだが。


12/23(金)

 とても暖かい、お天気の三連休が始まる。
 ここ数年で最も大掃除が進んだ。ありがたい限り。


12/24(土)

 女子会の忘年会。お酒の席は久しぶり。
 めずらしく調子がよく、以前のように3杯飲めて、二日酔いもなかった。
 健康が戻って来たのかな?

12/26(月)

 床屋に行き、またベリーショートにしてもらう。
 夫に「せっかく伸びてきたのに!!」と文句を言われる。
 私は気に入ってるんだけど。ボサボサしなくて。


12/28(水)

 仕事納め。半日。うれしい。でも仕事が押した。なんとか。
 娘も仕事終わりのあとそのまま帰って来て、冬休みのはじまり。
 家飯。くしかつとシーフードグラタン。TSUTAYAくらいは行く。

少し大きな地震があり、3人でTVを見てるときに緊急地震速報が出て、
 ギャァァァア!みたいに騒いだりは、ガチ過ぎて出来なかった。
 さすがにちょっと怖かった。ファンヒーターだけ消して固まってました。
 この辺は震度4、最大震度は6弱でした。大きな被害はありませんでした。

12/29(木)

 息子も休みになったが、羽田行きで帰って来て、そのまま大学の街へ。
 この日はそちらの友達と飲んで泊まり。
 私らと娘は、午前中だらだらして、午後はコストコ豪遊の旅へ。
 
 いつものお酒やエビやアボカドと、コストコ飯。
 いつも買ってくれないちらし寿司(食いきれねーだろ!と止められる)を、
 年末だから買ってもらえてうれしい。
 チキン丸焼きとチーズタルトも買ってみたが、食いきれねーだろと危惧しつつ、
 おいしくてほぼ食べきった。良い買い物。
 ただし、珍しくアボカドだけは外れだった。既に柔らかく数日で腐った。


12/30(金)

 去年失敗したおせちの受け取りに成功する(笑
 これで、実家の親にも、見せるだけじゃなくご馳走できる。
 良かった。食べさせられないまま、今年親に何かあったら、
 私、一生後悔するとことだった。

 息子が数時間だけ帰って来て、この日の夜は高校の友達と飲み会。
 夫は家族で焼き肉に行きたかったみたいだけど、3人だし、
 昨日の残りもあるしということで、家飯。
 娘はずっと中学ジャージで過ごしている(笑

12/31(土)

 普通の大晦日。やっと4人そろった。
 今年も私が天ぷら揚げて家ソバになると思っていたが、
 何故か夫だけが蕎麦屋で外食を主張し、仕方ないのでそうなる。
 楽は楽だけど、私はやる気になっていたし、
 子どもらも私の天ぷらを食べたがってたんになー。まぁいい。

 で、混む前にということで5時ごろに親と蕎麦屋に行って、
 私の4人乗り軽で2往復する。けっこうたいへん。
 6人乗れるコンパクトワゴンみたいなのが欲しくなる。

 そして実家で9時くらいまで紅白を見て、
 家に帰って残りを見て、夫はだいたいもう寝てるので、
 3人でダラダラ飲んでしゃべって、年を越しました。
 
 近くの神社に3人で行って恒例の元朝参りをして、帰って来て、寝る。

 去年とだいたい同じ年越しでした。
 今年も幸せでした、ということで。 

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-31 23:19 | 日記メモ | Trackback | Comments(0)

楽しませてもらいました。
2作終わり、2作は続く。


・亜人 ㉖

 ものすごくおもしろかった!!(笑
 突っ込みどころ満載でも、なんかもうこれでいい気がしてきた。
 原作とは違うけど、それぞれで楽しめばいいんだなと。
 いやー、もう、ありがとう。

 施設を爆破して生き埋めにする作戦は、佐藤さんに裏をかかれて失敗。
 亜人たちが次々復活する中、戸崎さんは足のケガだけで生きてるし、頑丈。
 「君のお荷物になるとはな」って、戸崎さんいっつもお荷物だったじゃん。
 笑うところですよね。

 戸崎さんと泉さんの契約破棄、自由の身になった泉さんの選択、
 「新しい人生をありがとう」はベタだけど萌えたわー。
 アニメの泉さんかわいいわー。

 黒服の生き残りのおっさんがカッコいい。でも自爆の意味は不明。
 ちょっとした足止めにしかならんかったけど、まぁ。
  
 佐藤さんだけでも無双なのに、田中くんまで追いついて勝てる気しない。
 そんなこんなで泉さん大ピンチの中、ついに中野のIBM出た!!
 いやー、さすが最終回。いろいろ解決。原作ではまだだけど、中野よく頑張った。

 ケイのIBMが「永井です」つって現れた時は爆笑した。

 なんやかんやでケイは佐藤さんに首根っこ掴まれて断頭寸前。
 別人格にしたうえで大切な人をみんな目の前で殺す、と言葉責め。
 ああー、平沢さん達の殺し方はワザとだったのか、
 そしてそれだけ、それがケイに対して効果的だと、
 佐藤さんは学習したんだなぁ。
 つまりケイがダメージを受けた描写は重要だったんだ。

 ここ、はじめはちょっとだけ違和感あったんですよな。
 佐藤さんって、そういう方向にはゲスじゃないような気が。
 というより「他者を大事に思う」って感覚がそもそも欠落してるような、
 そういう人が「『大事な人』を殺されることがダメージになる」という
 発想になるだろうか?思いつかないんじゃないのか?という気がした。

 まぁそこが、オーウェンさんじゃなくてオブライエンさんだから、
 原作の佐藤さんとは別の人だから・・と思いかけたけども、
 作戦行動のひとつとして学習するってのはアリかもな、と思い直しました。

 そんなわけで、クライマックスは、鬼おこ主人公のチート能力が発動し、
 限定版ビデオを見てないアニメ視聴者にはさっぱりわからないかもしれない、
 中村慎也事件の再現、フラッド現象が大展開。
 わらわら湧き出たIBMが、それぞれ勝手なこと喋ってるのがシュールで笑。

 さしもの佐藤さんもタコ殴りのフルボッコとなり、あげく断頭。
 「あのくらいの距離なら、頭回収されるだろ誰も抑えてないんだし!!」
 という一視聴者(私)の抗議も空しく、3番目のレイちゃん、
 いや違った、とにかく別人格の佐藤さんが復活したのでした。

 その後は、なんだかんだあって吹き抜けから米軍が突入して来て、
 佐藤さんと田中くんは拘束。また実験動物かよー。
 曽我部さんがわりといい人になって後始末をつけてくれて、
 ケイと中野は国家の保護を、泉さんは今まで通り。「人間だ」て。

 亜人保護法案が通り、ある程度の人権が。ケイもある程度静かな暮らしが。

 そして佐藤さんは早い段階で脱出。気絶させとけよ米軍。
 頭は再生しちゃってるので歯の仕掛けではない。心臓かな?
 こっぱみじんになっちゃうと使えないので、その時は別の手があるのかな?
 田中くんを田辺くんと呼んだりして、性格や記憶が引き継がれても微妙にホラー。
 3番目のレイちゃんだなぁ、と少々背筋が寒く。原作の彼は平気だけどね。
 
 そういうわけで、亜人チームは再集結。
 中野が一人前のふうにかっこつけてるのが笑えたけど、
 戸崎さん・泉さん・曾我部さん、コウマ氏、オグラ博士、
 囚人服の亜人3人(笑ったけど良かった。普通の法で裁かれたんだ)。
 いや、やっぱり笑っちゃったな、全体的に。

 そしてケイも招集をかけられ、「俺たちの戦いはこれからだ」ラスト。

 ものすごく面白くて大長文を書いてしまいました。
 3期はやろうと思えばできるかもしれないけど、なくても大丈夫なくらい、
 かなりきれいに終わりました。

 原作も終盤なのでしょうが、加速度的に面白くなってきています。
 ケイの複雑な性格が、読者にかなりわかりやすくなる話があったし、
 中野の行動理念も描写されて、ちょっと泣けました。
 最初が孤独死だったと聞いて、ネグレクトの子どもかな?と予想し、
 まぁ当たらずといえども遠からず。
 それでもなお、他者と世の中に感謝して生きてるんですよ彼は。バカだけど。
 心根の非常に美しい子どもなんですよ。バカだけど。

 泉さんと戸崎さんの関係にも、変化があるかもしれません。
 アニメのほうでわかりやすくきれいにまとまったけど、原作はどうか。
 田中さんの心境の変化はどうか。
 奥山君たちは、原作ではこの後どういう行動になるのか。

 来年に続く楽しみです。


・ユーリ

 ええっと、どんなんだっけ・・(ぉぃ

 ものすごい情報量がつまった最終回でした。よかったと思います。
 でも、倍の尺があってもいいくらいだったかな、全体的に。

 JJはフリーも今一つまとまらず。万全の彼との戦いも見たいね。

 ピチットくんはフリーも伸び伸びと。やっぱり一番感動した。
 タイでアイスショーをやりたいピチットくん、衣装は変過ぎるし、
 あれを真顔でやってるオタにも笑わされたが、
 ピチットくんの未来は希望に満ちてる。勢いを感じる。

 えーと、オタが4位だっけ?クリスが3位?
 引き延ばすとダレるとはいえ、も少し一人ひとりタメてもよかった。
 1回しか見てなくて時間も経っちゃうと、あんまり印象が残らない。

 勇利は完璧なフリーで、世界最高点か?フリーは1位。
 真央ちゃんのよう。または愛のアランフェス。オマージュってほどじゃない。

 優勝は、フリーもかなりイケてたユリオ。ヤンキーなのに最後まで美人。

 ヴィクトルは選手に復帰し、コーチ兼任で勇利も現役続行・・
 ということでよろしかったですかね?
 
 途中試練もありましたが、なんだかんだ楽しませてもらいました。
 リアル競技会みたいでした。

 これでおしまいなら、ちょっと登場人物が多すぎた気がするんだが、
 続くのかな?普通に続きそうな雰囲気でしたが、まぁ、どちらでも良いです。
 お疲れ様でした。


・3月のライオン ⑪

 年内最終。おおみそかと元旦の話。三姉妹ターン。
 原作通りに淡々と、ほのぼのと。

 ええっと、もしかして、1クールかけてプロローグか・・?
 さすがNHK、余裕だな。
 
 来年からは、A級棋士がたくさん出て来て盛り上がるかな。
 なんか、このアニメを見てると、
 私、3月のライオンのどこが好きだったんだっけ?みたいな、
 ちょっと路頭に迷ったような気持ちになる。
 
 来年も見ますけれど。


・エヴァ

 12話までしか見てない。とっておいてる。貯めてる。
 見始めると数話続けて見ちゃうので、もったいないから。
 最後までドキドキしながら見て、猛然とガッカリすんのかと思うと少しつらい。
 ヨシヒコであの最終回をパロってたのは笑えたけど。
 もう20年以上も経つんですもんね、笑い話にもなりますよね。
 あのビックリというかガッカリというか呆然というか愕然を、
 もう一回なまなましく味わいたくはないですけれども、まぁ、見るよ。



そんな感じで、この時期はドラマもけっこう楽しかったし、アニメも楽しみました。

今年1年で考えてみても、
3月までの松と亜人1期、春クールはちょっと休んで、
夏はベルセルク、秋はこうして亜人とユーリ、ライオンで、
こんな年になってもまだアニメで楽しめているというのは有難いことですね。
ユーリみたいな掘り出し物にも会えました。


来年は、冬クールはライオンとエヴァを続けて見るくらいで、
新しいものを見る予定はないんだけども、
何かの拍子で出会いがあったらそれはラッキーなことですし、
春になったら、進撃とベルセルクの二期が始まる・・はず。
そこはもう、それはそれは楽しみなので、この点でも、
来年もまだ、生きる値打ちがあるみたいです。

有難いことですわ(再 

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-26 23:11 | サブカル・エンタメ | Trackback | Comments(0)

秋ドラマ最終回まとめ

いろいろ終わってしまいました。楽しい時期でした。


・逃げ恥

 初回から視聴率が伸び続けて話題になり、最終回は20%越えでした。
 めでたしですね。内容も素晴らしかったと思います。
 いろいろ意見は交わされてるみたいですけど,私はお腹一杯満足です。
 なのでロスではありません。

 ラブコメなんだから、両想いになってやってしまった後は、
 もう戦後処理みたいなものだと思うんですが、
 その部分こそがこのドラマのキモでした。多分。

 家事が無償か有償か、愛情の搾取なのか、そのへんは問題提起だけで、
 突き詰められることなくうやむやだったかもですね。
 結婚生活は晴れの日ばかりじゃなく、雨や雪や嵐の日もあり、
 それらすべてを解決するのは結局は愛なのだと、そういうことですかね。
 TVドラマでラブコメなんだからこれでいいと思います。

 前半は、雇用関係から共同経営者になることでの試行錯誤。
 真田丸のパロディは笑いましたが、3回目にはしつこいと感じた。
 今まで女神のようだったみくりちゃんが余裕をなくして感じ悪くなり、
 見ているほうも結構しんどい展開でしたが、ここは耐えて乗り切りませんと。
 最終回は、ひらまささんの成長ぶりに驚嘆させられる話でもありました。
 それは今までの、みくりちゃんの頑張りの積み重ねでしたね。
 
 シビアにみてしまえば、ああなったらもうこの関係は破たんだなと思えた。
 一緒に暮らすことで、ひらまささんにもう何もメリットがない。
 少しばかりの外貨を稼ぐために、家事は分担させるし自分の担当も手抜きだし、
 その上不機嫌になって攻撃してくるとか。(←最もアカン。これさえなければ)
 自分が炊事担当なのに総菜で済まそうとしつつ相手に一部を背負わせたうえ、
 米が炊けてないことで鬼の形相になるなんて。冷凍ご飯を常備しておこう!!
 対価のある仕事だとこだわるわりには、質が悪すぎると思う。
 こんなおよめさんイヤだわ。

 ひらまささんはもう彼女を家から出して、恋人として休日だけ遊んで、
 ほかの家事代行を頼んだほうがいいんじゃないかと思いました。
 そのほうが楽しいしめんどくさくないし、お金もかかりません。
 みくりちゃんは困るかもしれないけど、ひらまささんは困らない。
 
 それをしないで踏みとどまるとしたら、それは愛ですよね。
 ひらまささんこそ、愛情を搾取されてんじゃねえかと思いつつ、
 そこは置いといて。

 最終回は、すべての人がハッピーエンドなのが何より良かったです。

 「小賢しい」の呪いを解いてくれるひらまささん、
 「ありがとう大好き」のクライマックスハグ。

 日野さんは一番ふつうにお幸せでした。みくりちゃん達とも会えた。
 奥さんかわいい!!と思ったら、リアル奥さんだそうで(笑
 私、名前は知ってたけど顔見てもわかりませんでした。微残念。

 ゆりちゃんと風見くんも、ハッピーエンドで良かった!
 ポジモンが最後にいい仕事してくれました。
 「会えなくて寂しかった」のゆりちゃんがかわいくて感涙。
 でも、風見がおっさんだから普通にお似合いに見えて障害は感じなかった。
 イケメンじゃないっすよね。顔でかいしガタイもしょぼいし。ごめん。
 ヤツが出るから次のドラマも見よう、とは思えない。ごめん。

 沼田さんと梅原くん。スーパーサプライズだろ!!
 この伏線と回収はお見事でした。そして一番感動しました。
 沼田さんが一番、しあわせへのハードルが高いと思ってたので。
 沼田さんよかった!(涙  そして梅原くん、今思うとなにもかも!(笑

 私は姉ほどみくりちゃんに入れ込んでなかったので、
 「それでいいのかひらまささん」とじゃっかん思いますが、
 ひらまささんがいいんだからいいんですね。彼らは唯一無二の好相性。
 おめでとう!!楽しませてくれてありがとう!!

 というわけで、最終回を迎えたのでやっと原作解禁となり、 
 電子で大人買いしました。
 原作はまたちょっと趣が違い、これはこれで面白いです。
 余裕があったら別個で感想を書きたい。


・真田丸

 49話で泣いちゃったので、最終回もタオルを握りしめて待機。
 でも、泣く局面はありませんでした。普通に穏当に終わりました。
 かといってつまんなかったわけではなく、これも良い最終回でした。

 突っ込みどころは満載で、それは楽しいことのほう。
 
 お兄ちゃんと本多様の偶然の同宿。ダメ田十勇士!!

 食堂の爺さんスパイが露見、串焼きの串で自殺?!ええ!?
 あんなんで死ねるの!?と思っってたら死んでなくてもう一段の大活躍。
 そこは面白かったけど、動機が、娘が手籠めにされてって・・・
 なんか唐突じゃね?コヒさんそんなにケダモノっぽくなかったような・・。
 伏線一本欲しかったなぁ。まぁでも良し。爺さん、大物オーラありました。

 作兵衛は弁慶のような見事な散りざま・・・と思ったら、
 野っぱらの戦場から次の場面で城内の自分の畑へ瞬間移動。
 どうやって来たの!?けっこう撃たれてなかった!?丈夫すぎない!?
 私、この俳優さん好きなんで注目してたけど、感動的かと思ったら笑っちゃった。
 
 その点では、内記はベタなくらいよかったですね。この爺さんも好きでした。
 お館さまの位牌を持って歩いてたのかってのはあるけど、キレイな逝き方でした。

 三十郎のラストシーンは、一番揺さぶられました。危うく泣きそうだった。
 姉は号泣したそうですわ。つらいだろなー。

 家康の伊賀越え再現は笑いましたが、
 最後の信繁との対峙はファンタジーでした。それはそれでよし。

 佐助55歳も良し。

 最後、淀や秀頼、BBAはどうなったのか。知らん人は知らんでしょうに。
 紀行で自刃について触れられていましたから、それでいいのか。

 大助ときりちゃんの行方は謎のまま。
 ついでに言えば、信繁の生死も不明のまま。それは希望につながるの?

 佐久間象山オチは、ちょっと笑っちゃうかなぁ。

 いろんな意見があるでしょうが、私はたいへん面白かったです。
 1話も逃さずに見た、空前絶後の大河かもしれません。感謝。
 
 来年も、とりあえず見てみるつもりですよ。



・ヨシヒコ  ⑪⑫

 11話は、とってもRPGっぽい楽しいオフザケ。笑える。

 最終回も楽しかった。7人の玉人は合成。いいんじゃないか。
 3つの扉も爆笑だし。フランダースの犬とエヴァ。ヒドイ(笑
 最後は電車男みたいな。そしてループ。
 シリーズの最初に戻る、というのは・・・禁じ手のような、永遠のような。
 3人の人生は、あのままループだけなのかしらん。微妙にせつない。

 ・・というわけで、たぶん私は味わい尽くせてはいないと思うけど、
 それでも尚、まことに面白かったです。

 続編はもうないかもしれないし、やろうと思えばいくらでもやれちゃいそう。
 忘れていて、もしまた縁があったら喜ぶ、くらいの気持ちでいようと思う。


力尽きてしまったので、これ以外の端切れと今年の総括について、
あとでまた、書けたら書いておきたい・・けど無理かもしれない。  

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-25 16:30 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

簡単に。


シニア男子は羽生くんの・・ええっと、4連覇?
SPは今までで一番よく、最初からスピードあってすごい勢いで、
ジャンプが流れず加点がつかないところがあった程度で、106点。
本人は不満だったようで「106しか出せなかった」とマイクに拾われてた。
いいと思うよ。これからさらに伸びる余地があるんでしょ。

フリーは、2年前までみたいな感じでまだ完成せず、普通の得点で、
下位から猛追を受けたけどショートの貯金で逃げ切り。これはこれで順当。


2位はネイサン。今回は大爆発。フリー4回転ノーミスで1位。
精悍なアジアイケメンで、踊りもイケてるし脅威かも。
でも、意外に私はまだ、ボーヤン・ジンのほうが好きだとわかった。
なんか途中で飽きた。
今後どうなるかはわからん。最高難度の人はいつでも好きだ。

3位は宇野くん。彼もほぼほぼパーフェクトで、順位を上げました。
独特の華があって、もしかしたら今季の羽生選手より、見てて楽しいかも。

Pちゃん、ハビさんの王者ふたりは、ショートから順位を落とした。
まぁ、本番はワールドなので。

リッポンは、もともとがこの高難度争いの中では分が悪い上、
フリーはミスが続いて勝負にならなかった。
でも!悪くなかったと思います。特にショート。観客喜んでたし。
全体の完成度で勝負する人が、一人くらいいてもいいと思うの。
ブラウンが出られなかった分、彼は彼で異彩を放ってて良かった。
ミスしてちゃしょうがないけど。


シニア女子。
メドベちゃん最強伝説は続く。ショートは世界最高。
フリーはめずらしくちょっとミスあったけど、楽々優勝。

宮原さん、ミス・パーフェクトさく裂。完璧に自己新。微感動。
いつも、素人目にはよくわからなくてもすごく減点されたりするけど、
今回はちゃんと高い点が出た。きっちり2位に入った。
もしかしてジャンプも見直したのだろうか、高さは仕方ないとして、
流れを重視して大きく見せるような作戦に?
それでNHK杯ではコケたのだろうか。だとしたらすごい。

3位はポゴちゃん。豪快に美しい。点差はさほどない。

4位はケイトリン。ちょっとのミスで、ショートから下がった。
感じのいい演技ですよ。美人だし、笑顔が可愛い。
ノーミスなら台乗りはある。

5,6位は、ソツコワちゃんとラジ子か?
とにかくねぇ、レベルがものすごかったんですよ。
210点でも台に乗れないんだもん。
男子と違って、目立った新技があるわけじゃないので、
ちょっとインフラかなぁって感じるくらいだけど、
ジャッジスコアみると、そういうもんなのかなぁ、とも思う。


ジュニア女子は、ロシアの美少女2人が突出。
坂本さんが3位に入ったけど、演技は完璧でなく、点差は離れた。
紀平さんは落ちた調子を戻せないままだったよう。
まりんちゃんは現地入りしてからインフルエンザ発症で棄権。
しょうがないけど、寂しい大会に。

男子はどうだったっけ。たぶんロシアの子が優勝。
240点くらい出たので、ここしばらくでも高いほうの点ですよ。
韓国の子は、3位くらいだったかな。初めて見た時のほうが良かった。
少しミスが出たっぽい。でもまだ14歳だからね。

こんな感じ。カップル競技はチェックしてないです。



そして年内最後のお楽しみ、日本選手権がはじまるのですが。
なんと、羽生くんがインフルエンザで欠場とのこと。あららら。

まぁでも、お休みも悪くないかもですね。
特例てか救済てか、いずれにせよ代表には選出されるでしょう。
五輪会場の四大陸、本番の枠取りワールドに間に合ってくれれば。
今季日本選手権に優勝すると、アジア選手権に出ないとならんらしいので、
そこが回避されるのもなにげに良かったかもしれません。ごめん。

男子は草太やダイスも棄権で少し寂しいですが、
それはそれで、ふだん見られない人たちをチェックするのが楽しいし、
ムラ氏、デカ君、フェイ君、ジュニアの子たちなど楽しみです。


女子は真央ちゃんが戻ってるか楽しみ。本郷さんも。
宮原さんに挑戦する10代の子たちも。

そして、この大会こそ、ついに国のカップル競技が集結なので超楽しみ。
カナクリは、怪我は治ったのかな?平井さんのところと。
ペアは、ジュニアと合わせて5組も出るんですよ!嬉しくて泣いちゃうよ。
夜中に放送があるので、録画します。みんな、まとまるか!?

そんな感じで、それなりに楽しみに3連休に向かおうとしているところ。

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-21 23:06 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

秋アニメ11週目

・亜人 ㉔㉕

 なんかあんまりおもしろくないな、飽きたのかな、
 やっぱり、ちょっとだけ毛色の変わった普通のアクションアニメだよな・・
 なんて少し引き目の気持ちで見始めたんですが、
 気づいたら2話分1時間が終わっちゃってて、
 最終回どうなるのーっ!!て盛り上がったので、
 やっぱりそれなりにおもしろかったんだと思う。

 遊びたいだけで楽しくてしょうがない佐藤さん、
 難易度を上げるために、仲間が裏切るように仕向けていく。
 アニメの彼は、オーウェンじゃなくオブライエンでしたでしょうか?
 パラレルの象徴みたい。似てるけど違った。別の人。

 ケイ、物理的にどうやってエリコちゃんの病院まで来たんだよ・・。
 翼幽霊、ピンポイントに間に合いすぎだよ。琴吹どこで操ってんだよ。
 翼で3人を包み込むシーンは胸熱になったが、あれじゃ飛べませんよ。
 どうやって一度に3人運んだんだよ・・。
 などといろいろツッコんでみたが、それはそれでおもしろい。

 平沢さん達を死なせてしまった傷がカイトに癒されて、
 再びIBMを出せるようになったケイくん。なんでだ。わからん。
 まぁでもいいわ。

 実は主人公は奥山君だったんじゃないか?マジで。
 ゲンと高橋ってああいうタイプじゃないと思うけど、パラレルだからな。

 そして秋山消防士が既に解放されてるってのには驚いたわ。
 どうなってるのかずっと気になっていたので。
 コウが戦い続ける最大の理由だったですよね。原作ではより一層。
 
 最後まで佐藤さんから離反せず、2プレイヤーの席を選ぶ田中くん。
 緊迫したわずかな待ち時間に、二人でクソゲーやってるのはシュールだった。
 でも、なんだかあの場面が一番好きだったかもなぁ。
 
 そんなわけで、次回最終回。なんだかちゃんと終わりそうです。
 映画を見てないし結末知らないので、決着楽しみです。
 原作は続いていきますが、別世界だから。
 ここへ来てまた1段階面白くなってるから。



・ユーリ!⑪

 ラス前ですね。グランプリファイナルのショート。
 
 前回ネガティブな感想で下げてしまいましたが、
 今回、まことに面白かったです。リアルの大会みたいでした。

 選ばれし世界の6人、それぞれのドラマがさく裂。

 1番滑走の勇利は、JJに対抗するために難易度を上げて微失敗。4位。
 ピチットくんは失うものがなく、「ここがスタート、すべてここから」
 どうしよう、おばさん泣いちゃったよ(笑 東南アジア初のファイナル。

 ユリオ、何これ!めっちゃキレイ!!ヤンキーの癖に!
 でも点数高すぎ。小次郎君のタイガーシュートみたい(なんか違
 
 オタ君は男前フィギュア。ショタのふたりがかわいい。
 ショタユリオが真剣にめっちゃかわいい。ショタは得意じゃないのに。
 クリスは安定。

 今回最大のドラマは、ラスボスと思われたJJの大失敗。
 ファイナルの魔物に飲まれてリズムが狂い、まったくまとまらない。
 こういうの時々見かけるので、ああ、これはリアル・・と。
 それでも、涙を流しながら声を合わせて歌うJJガールズ感動的。
 時々こうしてファンが一体になってドラマを作る、これもあるよね。
 
 ほかの選手の演技を眺めて笑みを浮かべるヴィクトルの気持ちはわからない。
 勇利が不安になり、切なくなる気持ちは伝わったので、
 コンビ解消を申し出るラストは寂しかったですね。
 この程度の描写で抑えてくれたほうが、余白があって良いのになぁ。

 そんなわけで、次で最終回です。
 試合の結果、彼ら二人の関係性にもひとつの結論が出ます。出るんですよね?
 どうして勇利のような、高齢であまり未来のない選手を主人公にしたのか、
 それになにがしかの納得がもらえたら、私にとってかなり評価あがる。
 もしかして、モデルのひとりは真央ちゃんだった・・・?みたいに。


・三月のライオン ⑩

 鬱回でしたが、序盤で一、二を争う好きな話なので、アニメも一番良かった。
 お姉ちゃんの毒、ダメ父棋士と濁った対戦、零くんの血を吐く叫び。

 特に最後の、疾走と涙と絶叫。
 なんで静止画の漫画のほうが迫ってくるのか、そこはやや悲しいが。
 そして、思いっきり顔からぶっ倒れた時は「わー」と声出たが。
 よかった眼鏡割れなくて。顔も特に怪我してないみたいだし。

 ある意味タイトル回収回なんですよね。
 戦う理由がないとか言いながら、他者を食いちぎって生きるしかない。
 ケモノの物語。うん、10話はまぁ良かった。

 世間の人と違うかもしれないけど、私、ニャー将棋苦手なんですわ。
 原作では、ギャグパートとして分けて笑えましたけども。

 たっぷり10話使って、やっと2巻まで。
 ええー、22話しかないのに、どこで区切るつもりなんでしょう。
 ま、まさか島田さんの登場で終わりとかじゃないですよね?
 22話までかけて、登場人物紹介じゃないですよね?
 もう少しテンポ上げてもいいんじゃないかと思うんだが・・。

 まぁ、とにかく次週は、これもかなり好きな話。
 おおみそかの話。それなりに楽しみ。 

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-18 13:17 | サブカル・エンタメ | Trackback | Comments(0)

12月中旬駆け足メモメモ

残しておきたいことだけ。


・北の空港、大雪で閉鎖

 こっちは乾いた晴天だったので、他人事だと思っていた。
 息子の乗る予定だった飛行機も欠航になってしまい、
 翌日からの本社出張に間に合わない、大ピンチに。ええー!!

 夫は、なんとかして陸路で出てこい、社会人なんだからあきらめんな!
 と発破をかけたが、陸路もキツイ。
 東北まで出てそこで夜を明かし、始発で出るしかない。寝る間ない。

 結果として、東京直行は絶望的だったが、
 ありがたいことにスカイマークが飛んだので、それで茨城空港に降り、
 シャトルバスでつくばに出て、そこからTX。なんとかその日に東京へ。
 丸一日かかっちゃったが、飛んでからは4時間ほど。夜は寝られた。

 つまり書き残しておきたいのは、スカイマークありがとう、
 スカイマークがんばりましたよ、茨城空港使えますよ、
 みんな使ってくださいね、ということでした。



・シュトーレン

 こういう行事?があることを初めて知ったので、今年は買ってみた。
 きっかけは、ヤギ飼いさんコミュニティの中の、ヤギ飼いパン屋さんの記事。
 ドライフルーツやナッツを練りこんだぎっしり重いドイツパン、
 クリスマスまで一切れずつ頂きながら、楽しみに日を過ごすのですて。

 一個2000~4000円位の良いお値段で、日持ちするホールケーキと思えば。
 季節のイベントと思って楽しむものですよね、きっと。
 ものすごく甘くてヘビーで硬くて、最初は引きましたが、慣れました。
 いろんなお店でそれぞれの味を試すのも良いかもですね。お金あるうちに。




・toto

 アンケートサイトに、一個だけ登録しているって書きましたっけ。
 それで頑張って答えて、1問2円くらいもらって、月1000円を目標に、
 そのお金で、週に1回totoをおまかせで買ってるんですよ。
 
 アンケートで月1000円、私には結構キツイです(笑
 無から何かを生み出すのって大変なことですよね。
 変な道楽です。ベルマークみたいなもんです。違うか?
 ちりを集めて、国のスポーツに寄付しているんです。

 で、この前5等が当たりました!2000円弱。
 末等は2回くらい当たったことあったので、ステップアップです。
 入れたお金の1割にもなってませんが、そういうもんですよね。
 でないと寄付になりませんもんね。
 でも、うれしくてちょっとテンションが上がったので、記録。


・夫がついにファンヒーターを買ってくれました。
 だいぶ古くなり、安全装置が敏感過ぎてすぐ止まっちゃうので、
 新しいのが欲しい、とずっと訴えてたんですが、
 なんでそうすぐに買う気になる、修理しろ、掃除しろと却下されて来た。
 なぜ今回急に買う気になったのかはわかりませんが。
 まぁ、リビングにいる時間が一番長いのは夫ですからね。

 「新しいのはいいなぁ。ずっと暖かいなぁ」
 と感動していて、自分が却下していたのは忘れたかのようです。
 まぁ、暮らしがより快適になったのは良いことです。

 夫も、やっと、暮らしにゆとりが出たことを
 体感しはじめたのかもしれません。


・といいつつ、今現在はほんの少し不便です。
 キャッシュカードの磁気が弱って、生活費がおろせなくなってしまった。
 ボーナスと給料が同時期に入って、残高はたくさんあるんだけど現金にできない。
 なんてこった。
 
 再発行してもらえるまで、クレジットカードと予備のタンス貯金暮らしです。
 

くだらないことばかりでした。 

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-16 21:06 | 日記メモ | Trackback | Comments(0)

今期、日曜日に真田丸を見てから1週間を振り返るリズムだったんですが、
そうなると逃げ恥感想がいくぶん干からびる傾向だったので、
今回はもう少し新鮮なうちに。なのでほぼ逃げ恥だけ。


・逃げ恥 ⑩

 ラス前です。今までで1番落としてきました。
 「社会派」である以上、ここをスルーしては終われない・・
 という予想があり、心構えと備えが出来ていた分、
 おそ松さんのラス前よりは衝撃が少なかった・・かもしれんけど。
 やっぱキツイわ-。

 問題のプロポーズとその残念な結果。

 姉はどっちかっていうと「みくりちゃん怒って当然。かわいそう」
 私は・・「えー、ひらまささんがかわいそうだったよー」って感じ。
 と言っても、この流れは必然っちゃ必然なので、かわいそうも何もないが。
 ひらまささん、責任取ろうと思って、前と同じプレゼンをしただけ。
 みくりちゃん、対価のあるお仕事へのこだわりは大地雷。

 「みくりさんへの給料が浮く分」という言葉がアカンかったなと思うの。
 あの資料見たら、「ただ働き」ではなくない?と私は思ったので。
 
 そもそも、専業主婦は無償労働ではない、と思ってるせいかも。
 家賃・食費・雑費・光熱費・通信費を折半するとしたら、結構な額です。
 3歳までの育児中だったら、共働きと同じで当然だと思いますが、
 (3歳児神話とかの話じゃなく、シンプルに、誰かが見てないと死ぬから)
 私など、子どもらが進学で家を出て行ったとき、
 「ヤバい、いよいよ食わせてもらう理由がなくなった」と焦ったもんです。
 そのうえ「教育費を折半」とか考えたら、とんでもないですわ。
 家事をすることでそれらを贖ってるんですから、専業主婦って高給ですわ。
 
 いろんな考え方があるでしょうから、
 このドラマにもいろんな感想を持って意見が交わされるでしょうね。
 それこそ社会派ドラマの真骨頂なのかも。
 でも、すべての立場・意見の人を納得させるラストになることを、
 けっこう本気で期待しています。そこはあまり心配してないです。

 そのほか。
 前半のかわいさは期待以上。ひらまささんの混乱たまらん。
 輪ゴムとロボホンとぬいぐるみは爆笑。アテレコなにげにエロい(笑

 ロボホンかわいい!!欲しい!20万!!むり!!

 触れるの忘れてたけど、先週のペッパー君もかわいい!!欲しい!!
 3年で110万だそうです。むり(笑
 でも、お金持ちなら買っちゃうかもですね。
 ペッパー君すごくやさしい。
 「あなたを笑顔にします」「疲れてるんじゃないですか?」
 「僕の前では無理しなくていいですよ(だっけか)」欲しいわー。
 
 新婚さんいらっしゃいにも爆笑。
 「恐縮です」「恐縮です」まったくだ。

 そのほか、リストラ問題は確定。ひらまささん物分かり良いね。
 優秀だから再就職に苦労はしないだろうけど、ホワイトに決まるといいね。
 
 商店街の青空市場。アイデアマンみくりちゃん。
 こういうのが、就職につながるといいと思うが。

 ゆりちゃんとイケメン。順調なドキドキ。どうなるかしら。
 呼吸が止まってるゆりちゃんかわいい。でも年の差にみえないよ。
 風見さんが少し煮詰まって余裕なくなって来たのが面白いですね。
 あと一回しかないのに、いい感じの決着に収まるのかしら。

 そんな感じで、最終回はひたすら楽しみです。
 今のところ、ロスまでになる予定はないですけど、
 真田丸もヨシヒコも秋アニメも同時期なので、
 合わせ技で抜け殻になると困る・・
 とは、ちょっぴり危惧しております。


・プリンセスメゾン

 最終回でした。
 7話中3話しか見られず、あまり仲良くなれませんでした。
 あんまり何事も起こらない、淡々とした話でしたが、
 ちゃんと見たら、これ、好きだったかもなぁ・・とちょっと惜しい。

 BSプレミアムのドラマは、地味なんだけど時々好みの合うのが出る。

 初めて星野源さんを意識したのも、BSプレミアムでした。
 「昨日のカレー、明日のパン」です。

 ちなみに姉は「11人もいる!」だそうです。
 それ、録画したけど見られなかったんだよなぁ・・今思うと惜しい。
 クドカンで神木君だから大チェックしたんだけど・・ヒロスエが鬼門でした。


時期がはんぱなので、これだけです。

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-14 23:47 | TVドラマ | Trackback | Comments(0)

秋アニメ10週目

・亜人  ㉓

 佐藤さん無双。
 すべての人間を国外退去させる。
 化学兵器をぶっぱなすと、亜人以外は全滅するのでわかりやすい。
 全面戦争ですね。楽しすぎますね佐藤さん。
 でも、さすがに迷惑なのでそろそろおとなしくなってください・・。

 奥山君の優秀さがチート過ぎ。彼いなかったらどうなるのさ。
 サミュエル・T・オーウェンでSATOさん。
 アニメなりに決着つくのかな?琴吹IBMとカイは?

 「僕はやりません」とちょっぴり原作ニアミス。
 来週は2話連続で、再来週26話完結とのこと。
 あぶない!!また録り逃がすところだった!!
 この前最初の5分がハイキューで、最後まで入ってなくてショック。
 BSで録り直しました。罠かけるのやめてー。



・ユーリ⑩

 うん。9話の盛り上がりは雲散霧消しました。
 「何これ・・・」とドン引いた事実を書いておく。
 なんだかガッカリしちゃった。競技からまで少し引いた。
 笑えなかった。
 
 一番引いたのは原作者が発言したという、
 「何を愛するかで差別されることから、作品世界を守りぬく」
 みたいなヤツ。何この人。よっぱらってんの?

 楽しく見てたけど、なんかとても色褪せた気持ちになりました。

 競技が始まったら、回復するかもしれません。
 勝負の行方は気になるので。

 ユリオとテン君(違)の意外な友情、
 ポポさんの新しい恋の始まりとかは少し興味深いですね。

 続編つくってワールドか五輪までやってほしいと思ってたけど、
 あと2回で終わってくれていいです。
 
 まぁ・・続くんでしょうけど。
 続いたら見るのかもしれないけど。



・3月のライオン ⑨

 ほんとに全部やるんですね。
 長い語りも擬音も全部。

 原作は大好きなので、アニメも付き合います。
 なんでこんなに響かないのか、謎を解きたいです。
 
 ハチクロのアニメも概ね忠実だったけど、あれは良かったなぁ。
 どこが違うのだろう。



漫画のことメモ。


電子で買ってる巨人の掲載誌。最新は88話。

安易にこの言葉使いたくないけど、これが神回というものか。痺れたわ。
説明回が続いてやや難解、でもカタルシス感がすごい。
言葉の選び方もすごい。

これが初めから練られたシナリオなら、あんな絵でも、
デビューさせようと思った編集者の気持ちがわかる。

こんな気持ちにさせてくれる時があるから、下手でも鬱漫画でも追ってしまう。

風呂敷をたたみはじめているところ。  

[PR]
# by michiko0604 | 2016-12-12 18:24 | サブカル・エンタメ | Trackback | Comments(0)