タグ:フィギュアスケート ( 82 ) タグの人気記事

グランプリシリーズ6戦が終了。
激動。怪我が多すぎ。難易度が上がりすぎなのか。
4年前の五輪シーズンはここまでじゃなかった。
記録だけでも簡単に。といって簡単にならないんだが。


・第4戦 NHK杯

 日本人にとっては最大に衝撃的だった大会。悪い意味で。
 公式練習にて、羽生氏4ルッツに失敗、足首を捻って負傷棄権。
 ファイナル出場はなくなり、連覇も途絶えました。ひええ。
 今のところ、日本選手権は出る方向らしいですが、お大事に。。
 
 4ルッツなんかやんなくていいよ、やんなくても勝てるよ!!
 ・・というファンの悲鳴と専門家の助言が渦巻いてますし、
 私もまったくそう思いますが、でも、しょうがないですよね。
 本人がやりたいんだから。
 
 この後どういう方針になるのか、あくまでも最高難度にこだわるか、
 それともあきらめて、勝負に徹してブラッシュアップに特化するのか。
 毎シーズン、なかなか心穏やかに見守らせてくれないですが、
 まぁそこも彼の魅力の一つかもしれないですね。
 これでうまい具合に五輪連覇につながれば最高だけど、
 どんな結果でも、彼はたぶん輝くんだろうなとも思う。特別な人。

 試合の方は、Pちゃんと羽生氏が抜けて最有力となったブラウンは崩れ、
 (でも日本語メッセージありがとう!ジェイソンかわいい!!)
 表彰台はまさかのアラサー3人組となりました。
 ボロノフ・リッポン・ビチェンコさん。
 いや、これはこれで「たまにはいいのではないか」と皆に思わせる、
 意外に楽しい結果だったので良いのでは。
 
 そして代打友野くんが頑張った。3枠目ありだと思う。
 岩大の佐藤くんは、面白かったけど五輪はないかな。日本選手権は楽しみ。

 女子は、メド子、コストナー姉さん、ツル子。
 ツル子復活!!14歳の時も驚いたが16歳でさらに進化。
 デカい・・そして美人。琴欧州(違)。ジャンプすっごい。
 
 久々のエース宮原さんは5位。小ミス出て仕方ない。無理せず少しずつ。
 本郷さんは7位、去年よりはいいけどジャンプ刺されまくり・・
 白岩さんは8位。彼女はこれから。かわいい。

 ペアの海龍。
 SPはひどい出来で、五輪シーズンでまだこの有様なのか、
 4年もやってこれか、と、さすがに暗澹たる気持ちになりかけましたが、
 フリーを見て、また応援する気持ちが戻りました。
 以前より難しいことが出来てる。3ツイストとか。
 ソロジャンプも3ルッツで決まったし、あとはスローの着氷が決まれば、
 最低限、国の代表として恥ずかしくないかも。ガンバレー。

 優勝の中国ペアは圧巻です。応援してなくても見る価値あるので是非。


・第5戦 フランス杯

 男子は厳しい時間でライストも見られず、あんまり覚えてないな。
 リザルトを見て思い出す。

 ハビさん、宇野君、ミーシャでした。
 ハビさんはショートがとんでもない出来でブラボーって感じ、
 フリーは乱れましたがショートの貯金で優勝。
 宇野君はインフルに罹って弱っていたらしいです。いつもより小さかった。
 なので珍しく体力不足でヨレヨレになり、苦しそうでした。
 でも頑張った。手抜きはしない。それはそれでちょっと感動的。
 ミーシャは安定の芸術性で、ちょっと別枠の存在感。

 女子は夜のいい時間だったし、注目の試合でライスト張り付き。
 でも、ちょっと寂しい結果になりました。
 ザギ子・ソツコワちゃん、ケイトリン。が
 ザギ子はショートでコケて5位から根性の大逆転。素晴らしいフリー。
 ソツコワちゃんは今までで一番のフリー演技(私の見る限り)。
 本命のケイトリンは、ショート・フリーともミスあって3位。点は出た。
 
 三原さんは、ショートで壁に当たりそうになって点が伸びず、
 フリーも、慎重になりすぎてスピードがなく見え、
 輝きませんでした。勝てないなと思った。4位。でも200点超え!
 
 白岩さんは6位だったけど、NHK杯よりずっと良かったです。
 元気でかわいくて溌剌で、ダイナミックでした。


・第6戦  アメリカ杯

 最新。見られるところはライストチェック。
 女子フリーなんて、平日朝の忙しいところを頑張ってチェック。

 男子はネイサン・リッポン・ボロノフ。アラサー達頑張りました。
 4位に怪我を抱えたボーヤン・ジンが入って、この4人がファイナルへ。
 今年は怪我と回避と初期の不調でトップ6の3人が脱落、
 ファイナルはなかなかフレッシュな顔ぶれ。平均年齢は高め。 

 サモーヒンの転倒・脱臼・棄権の衝撃があり、
 リッポンも最初の転倒で肩が外れたように見えたんだけど、
 自分で入れたのか?その後はきれいにまとめて得点も出ました。
 リッポン、初めて見た時には単におとなしめの美少年と思ったが、
 年取ってどんどんフェロモンが出てきて色気がすごい。立ち位置作った。
 ネイサンはショートはすごかったがフリーでやや失速。優勝はしたが。

 女子。なんかシリーズ中一番感動したかもしれない。
 日本選手の結果が良かったから・・だけじゃないような。

 坂本さん、ショート・フリーともノーミスの自己ベスト。
 いや、スピンはちょっと怪しかったか。それもご愛敬。
 210点を超えて堂々の2位。もーめっちゃかわいい。明るくて元気で。
 大きなジャンプ、スピード、ダイナミック、胸のすく清々しさ。

 そして宮原さん、ミス・パーフェクト復活優勝。
 今までで一番、彼女の演技で感動した。所作の優雅さと気品が半端ない。
 まれに来る「芸術作品を見た」という戦きが久々に訪れた。
 ジャンプはやっぱり高くはなくて、ほかの大会だったら刺されたかも。
 それでも、国のエースは彼女だな、と納得せざるを得ない貫禄と美しさ。
 特にファンではなかったけど、ちょっと掴まれたかもしらん。

 この大会、有力だったワグナーがやはり怪我で途中棄権。
 やはり優勝候補だったツル子はショートで失敗、
 フリーは良かったと思うけど第一グループで点が出ず4位。

(忘れてた。もう一つ見どころがあった。プル様のヴィトンのジャケット。
  セラフィマちゃんのコーチとしてキスクラ登場、
  それだけでも話題になってましたが、ジャケットが衝撃的。
  オッサンのオサレなはんてんじゃないですか。90万円のドテラ)  
 
 この結果、厳しいと思われていた樋口さんがファイナル進出。
 メド子骨折の報道があり、仮にファイナルを辞退すると、
 第一補欠の宮原さんが進出となりますが、それは望まない。
 今シーズン、大事なのはナショナル、そして五輪ですし。

 国の候補の展望。
 現段階だと、男子はよほどのことがない限り2強は決定、
 彼ら以外で日本選手権の最上位者が決まるのではという感じ。

 女子は大激戦。
 今のところは、宮原・樋口がリードという印象。
 彼女たち以外の選手がが日本選手権で優勝すると紛糾するかも。
 三原さんは残念ながら少し遅れた。坂本さんは上がってきた。
 返す返すも3枠あれば。それでも全員は行けないが。
 まりんちゃん、リカちゃんは厳しい。選手権優勝しかない。
 ある意味白岩さんも。さすがにその辺までかなと思われ。
 楽しみです。


・日本ジュニア選手権ほか

 男子は須本くん。グランプリファイナル出場者が順当に。
 試合中なのにアメリカ杯見てツイートしてて話題に。
 ベルセルクで滑る子がいるので見たいんだけど、
 上位には来ず、日本選手権には出ない。残念。

 女子は世界に衝撃が走る。
 ジュニアにして世界最高難度のフリープロ、
 3A3T2Tタノ+単独3Aをクリーンに決めて紀平さん逆転優勝。
 ショートが弱いので、なんとか上げていってほしい。
 
 3Aなしで技術点70点を出す山下さんにも注目。
 ジャンプが高い荒木さんにも注目。
 彼女たちは日本選手権に出ます。見られる。楽しみ!!


・番外

 草太の演技を見られました。ネットは便利。
 ゆったりと雄大で、なめらか。
 でも、この構成で195点というのは、もうMAXだなと感じた。
 ジャンプはこれ以上難しいものは跳べないのかも知れない。
 いつかまた、4回転を跳べる日も来るんだろうか。
 切ない気持ちになった。

 日本選手権で会える。それはシンプルに楽しみ。


五輪はいまのところ、楽しみなのかどうかわかんないです。
「最終点火者は慰安婦」「各会場に一体、慰安婦像」
「選手村の食事に独島エビ」などひどい噂が出回っており、
さすがにそこまでは・・と引きつつ、絶対ないとも言い切れないような。
それら自体より、嫌がらせの意思を表明されるのが不快すぎるので、
わざわざイヤな思いをしたくない・・という警戒心が捨てられぬ。

でも、近くなって来れば、それらを乗り越えて盛り上がるかもしれん。
それはそれで楽しいかもしれん。どうだろうか。

とりあえずはグランプリファイナル。と、その前に柔道グランドスラム。
そして日本選手権。

[PR]
by michiko0604 | 2017-11-30 23:24 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

もう半分終わってしまった。早い。
見られる限りはライストを追って楽しませていただきましたが、
書いておかないと忘れてしまうので(既にだいぶ忘れてる・・)、
自分のためにざっくり記録。

・第一戦 ロシア大会

 いきなり大エース羽生くんと対抗ネイサンの直接対決。
 結果は、まとめたネイサンが優勝、対してSPのコケが響いた羽生氏は2位。
 まあ初戦としてはマシなほうでしたよ、羽生氏。
 初戦から勝ちたかったなら4ルッツなんかやんなきゃいいんだし、
 練習試合でお試しの割には、最低限先に続く台乗りはしてるので良いのでは。

 といっても、4ルッツは成功して話題になりました。
 根性で成功したようにも見えたけど、加点が結構ついて、よくわからん。
 まぁまとまれば無双なんで、次また期待。
 
 個人的な感想として、陰陽師は大好きで楽しみにして・・いたんだけど、
 思いがけなくさみしい気持ちになった。試行錯誤中だから仕方ないと考えつつも。
 あの完成された美しい陰陽師が、俗っぽい別のものになり損なわれたような感傷。
 シン・陰陽師の完成で、懐古な感傷なぞふっ飛ばしてくれることを願う。

 そのほか、エキシビション後の集合写真でリフトされる羽生氏、
 引退撤回で神演技のミーシャ・ジーなども話題。

 
 女子はメドベちゃんぶっちぎり。もうどうしようもないわよ。
 2位は大人の完成度でコストナー姉さん、
 新葉ちゃんが200点超えて3位。今年いいですね!!
 坂本さんもシニアデビュー、ちょいミスで5位、ちょい残念。
 194点で全然悪くないんだけど、五輪の年のレベルが高すぎ。ミスはできないわ。

 すみオデも出ましたが、あまり良くありません。
 シーズン序盤で調子が上がっていないのか。モチベが下がってるなら悲しい。



・第二戦  カナダ大会

 宇野君が安定して300点を超え、優勝。大変よろしかったです。
 やっぱりまとまった演技を見せていただけると気持ちいい。

 Pちゃん、SPはよかったですがフリーで崩れて4位、次戦棄権でファイナルなし。
 2位はジェイソン・ブラウン、五輪のメダルに絡まないとしても、
 彼を見られるのは幸せです。陳腐な言い方ですが心が洗われます。
 あとは、キーガン君のすっころびようがスペクタクルでした。

 無良氏の惨憺たる結果は目を覆うばかり。何度言ったこのセリフ。
 いや。今までで一番ヤバい気がする。人に見せる演技じゃなかった。論外。
 いつまでこんなことやってんねん。3枠め、どうなんねん・・。

 女子はケイトリン。前回のワールドから、カナダ女子、来ております。
 ケイトリンは顔がかわいいのでファンシー系(?)と思い込んでましたが、
 今回初めて、たいへんデカくて豪快であることに気づきました。カナダ女子・・。
 ロシェットから続く伝統か。
 メドベちゃんを倒せるまでにはいかないとしても、ノーミスなら台乗り有力。
 評価も上がってる。うがった言い方すれば、上位に仕訳されてるってことに。

 2位がソツコワちゃん、3位がワグナー姉さんで、順当っちゃ順当ですが、
 200点には届かず、レベルが低いというよりすごく採点の厳しい大会でした。
 注目の日本女子まりんちゃんはSPで大失敗し、フリーで盛り返したものの5位。
 一見ノーミスで調子よさげだったリカちゃんは減点されまくりの6位。しんどい結果。

 まりんちゃんは、周囲のヒートアップと反比例して、
 競技への情熱を下げているのではないか。。となんとなく思ったり。
 
 そして個人的に一番悲しかったのは、またしてもポゴちゃんの大自爆・・。
 身体に痛みがあるようです。大事なシーズン、厳しい枠争い、まだ大丈夫だろうか。


・第三戦  中国杯

 最新です。
 女子がものすごいメンツで、なんでこうなった、とは疑問だったが、
 わかりやすい直接対決でとっても楽しみにしてました。
 しかし、なんでいつも放送は夜中なのか。時差もないのにひどい。
 まぁ、ライストは見やすかったのでいいですけどさ。

 結果はあの通りで、超新星ザギ子、予想通りの優勝。
 SPで珍しくコケて出遅れましたが、差はわずかで、
 フリーはお見事な安定感でした。そしてとにかく美少女。
 
 でも、さほどの差でなく新葉ちゃんが2位に。新葉ちゃん素晴らしい。
 爆走と爆ジャンプと爆構成。パワフルでダイナミックでカッコいい。
 演技としてみたら、タイプは違うけどザギ子に負けてないような。
 五輪の枠取りも1歩リードかなと思われ。

 結果のことを言えば、三原さんが4位でした。この結果が切ない。
 直接対決が楽しみ、なんて気楽なこと言ってたのがバカみたい・・。
 SPのものすごい拮抗した戦いの中、わずかなミスで7位。
 んー、でも、いつもの輝きはなかったかも。慎重すぎ、スピードがなかった。
 化粧は、去年から洗練されてだいぶ大人っぽくなってましたが。

 まりんちゃんと同点ながら、技術点の差で順位がついて、第1グループ。
 なんてツキがないんだろう、最終グループなら、きっともっと点が出た。
 フリーはいつもの三原さん、まことにキラキラ美しかったです。天使。

 ファイナルは厳しくなりました。フランス杯で優勝すればまだある。
 ザギ子とケイトリンが出るのでかなり厳しい。
 でも、彼女たちに勝てなければ五輪の表彰台もないので、
 勝つ気で行くしかない。ファンも勝つ気で応援しなくては。
 。。私って、もしかして三原さんのファンだったのか・・・。

 まりんちゃんは、彼女なりにがんばって5位でした。
 たいへんにかわいらしく、魅力的だったと思います。。
 でもやっぱり、五輪を前に本気を極めたトップ選手の気迫の中で、
 彼女はお人形さんのようでした。薄く軽く、ゲストのように見えた。
 五輪に対してどのくらい本気なのかわからんけど、全日本一発勝負。
 まだある。

 男子は、最終的には結構な自爆大会になり、
 ハビさんも6位となってファイナルは絶望的。波乱っちゃ波乱。
 その中で、特筆すべきはコリヤダ君、今季最高のショート。100点越え!
 冒頭の4ルッツの美しさは必見。ライスト見てて「おおっつ!!」と声出た。
 フリーはモヒトツだったものの、ほぼドングリの中ショートの貯金で優勝。
 ファイナル一番乗りかな?
 
 ボーヤン・ジンが、ショート・フリーともいまいちながら2位。
 なんかおしゃれな髪形でかっこよさげになってたのが笑えた。

シニアデビュー(か?)のビンスは、どえらい構成で大技は決めたが、
 以下まとまらず、なんだかんだ4位。まとまればすごい。ハズ。

 ケガ明けのデカ君、ショートはけっこううまく言ってPBの4位、
 フリーはまだ体力が足らなかったようで、変な所で転んだりして7位。
 でも247点ほど、日本男子3枠目としてまともな感じな人がやっと現れた。
 日本男子3枠目は、日本選手権一発勝負で最上位の人が選ばれそう。

次は早くもNHK杯。


日本選手権の予選、今週最後の西日本大会がありました。
いくつか書いておきたい。

まずは草太(涙)。
ブロック大会から、大変な復活を遂げたようです。
ジャンプはまだ戻り切っていないものの、トリプルが入るようになり、
スケーティングやスピンは美しく戻り、ノーミスで、
計195点ほどで5位。日本選手権で会えます(涙涙
放送に入るかな。入ってほしい。会いたい。そういう人多いはず。


東日本はダイス、西日本はフェイ君が、それぞれ230点台で優勝。
友野君が西日本2位。この辺までは、チャンスあるかな。
ジュニアのほうも楽しみ。須本君山隈君、三宅君木科君、壺井君、
島田君など。東日本のほうの子はよく知らないけど、得点は悪くない。
ジュニア選手権でチェックしたい。もう今月末。


女子のシニアは、坂本さんがちょい抜けてて、リンさん松田さんなど。
東日本は永井さんが取りましたが、美しいけどトップというわけには。

女子はジュニアがとにかくすごい。
紀平さんは3A3T、単独3Aも決めて加点つき、べらぼうな技術点。
山下さんも、3Aなしで技術点70点超という恐ろしさ。
めっちゃ見たいし。

ペアの成嶺も出たのですが。。ううむ・・(汗
ジュニアのぺアのほうが点が高いです。どうしたらいいんだ
勝負は全日本!!

というわけで、ジュニアが楽しみでしょうがない、
そしてグランプリシリーズ後半、日本選手権、
それから、五輪へ・・・・・・・。

うむ。 

[PR]
by michiko0604 | 2017-11-05 23:38 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

直前にもほどがあるので、かっ飛ばして行きます。


・ジュニアグランプリシリーズ

 少し前に7戦まで終わり、ファイナル進出者が出そろいました。
 みんなライストがあったので、時間が合えばライブで楽しめた。

 女子はとにかくロシア無双。全勝です。
 強すぎて、一戦目が2位だった子は2戦目のチャンスがもらえない。
 6人全員ロシアでもおかしくなかったですが、
 6番目にギリギリ紀平さんが入った。3A挑戦してます。
 最後のフリーはステップで2コケしたり、印象は良くなかったですが、
 意外に良い点数が出て、滑り込みました。メンタル強くないのかも。
 でも、3Aの話題だけだった去年より、格段に上手になってますよ。
 素人目にもわかるくらい。彼女が次代のエースなのかな。
 ファイナルで3A期待してます。今ロシアに対抗できる唯一の飛び道具。

 ロシアっ子で印象深いのは、まずトゥルソワ。4Sを跳ぶ子ども。
 後半出てきたコストルナヤは、完成度が高く優雅。
 ほかの3人は、ちょっと区別つきません。同じように強い。

 ファイナルには進めませんでしたが、日本女子も有望選手いっぱい。
 中で、初見の荒木菜那さん?が印象的。ジャンプがふわっと高い。
 山下真瑚さんは去年も見て、見た目がかわいい。
 ほかにも何人か惜しい選手がいて、来季からも楽しみですが、
 えっと、山下さん以外の子が、みんな同じ顔に見える件・・。
 だんだんに見分けがつくようになるのだろうか(汗

 男子、久々にファイナル出場者が出ました。
 須本光希くん、イケメンです。昭和の優男風ではあるが。
 上位の選手とは、演技構成も違うしPBの得点も離れてますが、
 去年のファイナルのリッポンのように、完成度勝負はアリと思う。
 とりあえず5位になろう。

 壷井くん、島田くんなども、今出来ることを頑張ってました。
 それはそれで、応援するのも楽しかったので良い。
 

・国内のブロック大会など

 動画は見られてないですが、結果はチェックしてました。
 今井さん、庄司さん、中塩さんなど、真央ちゃんの次の世代の人たちは、
 トップ選手としてはもう厳しいようですが、まだ健在ではある様子。
 松田さん雅さん凛さんなどは、ワンチャンあるかないかくらい?
 中では坂本さんが200点を超え、トップ選手の存在感。
 ガチンコ日本選手権へ。女子は、比較的誰にでもチャンスある。

 男子は、それぞれ頑張ってる皆さん。
 国内トップ2は不動として、3番手が出てこない。
 その中で、草太が久しぶりに試合に出てきました。
 私らが思っていたのとは別次元の大怪我だったみたいで、
 まだジャンプは跳べません。ぜんぶシングルジャンプだったと聞いて涙。
 それでも、滑れるようになったから、戻って来てくれた。
 次の五輪は全く間に合わないです。その次へ。待つよ草太。
 背が伸びたなぁ・・。


・シニアB級大会

 8月のアジアントロフィーから把握はじめ。
 デカくん、リュージュくん、坂本さん白岩さん。まぁ初戦だし。
 ペアは五輪を狙う2ペア。どっちも130点くらい・・。
 最有力の海龍、4年やってもこんななのか。・・ちょいガッカリ。ごめん。
 ダメ元に見えた成嶺に、抜かれてしまうのではないか。まぁそれもアリか。
 
 最終予選でダンスが五輪チケットを取ったので、団体戦出場はアリ。
 どっちかは五輪に出られる。さあどっちだ。
 個人戦は、すみオデが実力発揮できずに取れなかったけど、
 チケット5枚の6位、補欠は1位のはずなので、ノーチャンスではない。
 ソチもそうだった。枠内との実力差はあったけど、ラッキールーザーで。
 でも、団体戦だけでも良いと思うよ。

 宇野くんの初戦が出来上がっていていきなりPB、みんなビックリ。
 本番は年明けなのに、息切れしないか大丈夫か。
 2戦目は調子崩してたので、まただんだんに上げていけばいいのでは。
 
 羽生くんも、初戦はおなじみバラ1のSPが完璧で世界最高点。
 でも、フリーはバラバラになり失速。
 いや、当たり前だから。初戦はいつもこんなだから。SPが異常。
 今年はまたどえらいものを出して来るみたいなので、ドキドキ。
 彼ら二人が代表を外れることはないと思う。怪我だけは気を付けて。
 
 3人目がいないよ。ガチでいない。女子に枠をわけてほしい。
 決まった当初は思わなかったが、今になると痛いほど思う。
 殿が現役復帰して代表争いに参戦したら、普通に行くと思うよ。

 無良氏、デカくん、リュージュくん、ダイス。
 今のところ誰もまとまっていない。
 下からがんばって上がって来た友野君もノーチャンスじゃない。
 みんなせいぜい220、良くて230くらい。アカンがな。
 本番に向けて、上げてくる人はいるのか。


 女子の激戦が半端ない。

 実績トップの宮原さんの怪我が癒えず、ますます混沌。
 今のところの最有力は三原さん。丁寧な滑りときれいなジャンプ。
 かろやかにミス・パーフェクト。清々しい。
 いくらかシニアのフェロモンも見えてきた・・かもしれない。

 次いで新葉ちゃんとまりんちゃん。
 報道のまりんちゃん推しが凄いが、新葉ちゃんの初戦のほうが凄い。
 今や金候補の恐ロシア・ザギ子に肉薄。勝負できてる。
 直接対決の中国杯が超楽しみ。
 
 坂本さんも悪くない。日本選手権を取る可能性はゼロじゃない。
 リカちゃんも、今年は良いみたい。
 どうなるか、ぜんぜんわかりません!!


かっ飛ばしました(疲)

グランプリシリーズが始まります。ふー。
五輪については、入れ物は間に合ったみたいだけど、
世界情勢は不安だし、それ以外でも、なんというか、
地図から日本を外されたり、下がるような話が聞こえてくるので、
さすがに・・ふだんの五輪に比べて、ぜんぜん楽しみじゃありません。

とりあえず、目の前の試合を楽しむことにします。

[PR]
by michiko0604 | 2017-10-19 23:13 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

今更もいいところですが、決まりがつかないので簡単にでも記録。


・女子シングル

 優勝はメデ子。世界記録更新で、波乱はありませんでした。倍率1倍です。
 現在の採点基準に則りつつ、作品として完璧という天下一品。
 17歳の絶対女王も、リンクを出ると親日のかわいい腐女子。
 男子の試合を、チームメイトじゃなく新葉ちゃんと応援。仲良し。

 2位はケイトリン。来ました。最上級でなくても上位の技をノーミスで。
 そして笑顔がかわいく、きれいな女性の上品な魅力がたっぷり。
 女子フィギュアに求められてる理想形なのかもしれない。
 ファンのというより、採点する偉い人たちにとって、というか。 

 3位がデールマンです。カナダ女子の躍進がすごいです。
 ロシア表彰台独占かという予想は大きく外れ、カナダの本気が現れました。
 デールマンの魅力はスピードとパワーでしょうか。
 技の難易度が最高でなくても、ダイナミックに真っすぐ突っ込んできます。
 乱暴に見えても、ノーミスだとこうして見事な作品に仕上がります。

 4位にカレン・チェン。全米優勝がマグレでないと証明。
 
 5位に僅差で三原舞依さんが入りました。
 大注目のショート、珍しく最後のジャンプでミス、まさかの15位。
 けっこう騒ぎになっていろいろ言われました。国の代表はツライ。
 フリーではノーミスで自己ベスト、10人抜きの5位、国の最上位です。
 演技素晴らしかったですよ。高難度で完璧、かわいいシンデレラ。
 終わってみれば、たとえショートがノーミスであっても、
 大勢に影響はありませんでした。4位には届いても表彰台は無理。
 彼女はベストを尽くしてくれました。

 6位にコストナー姐さん、大ベテランです。復活&健在と言っていいかと。
 ベストの演技じゃなかったですが、200点近く持ってくる力はある。
 でも、申し訳ないけど容姿は劣化しましたね・・・。

 7位にワグナー。ここらへんビッグネーム。
 アメリカ女子、盤石の3枠。

 8位にソツコワちゃん。下馬評を考えたらイマイチではあった。
 そんなに全然ダメだったわけじゃないんだけど、目立たなかったですね。
 それでもロシア3枠ですが、言うほど楽々じゃなく世界は甘くなかった。

 9位、自己ベストでトゥルシンバエワ。彼女も伸ばしてきた。
 リスのようにくるくると軽やかに野生の表情。カザフも2枠かな?

 10位、ダビン。韓国美人。トップグループに入って来た。
 きれいだし、丁寧にまとめて悪くないです。スピードがつけば更に?
 彼女も国に2枠をもたらした。頑張った。

 11位、新葉ちゃん。頑張りましたが小ミス。
 なんだか出てきた頃より良くないように見える。点は伸びてるけど。
 デールマンと同じで爆走とダイナミックが売りだったように思うが、
 前ほどスピードがないように思うし、ノーミス出来てないし、
 衣装が似合っているようにも見えないです。芸人みたいです。ごめん。
 この大会最大の目標だった、五輪3枠は取れませんでした。
 3枠まではあと5点、三原さんがノーミスなら()4点。
 このへんはダンゴだったし有力選手のミスもあったので、
 可能性ゼロではなかったですが、そのすべてがタラレバです。

 これほど世界が本気を出してくる大会で、
 二線級の選手しか出せなかった自体が国の実力で、当然なのです。
 選手はそれぞれ頑張りました。

 12位、マライア・ベル。ごめん、何も浮かばない。たぶん見てないし。
 台頭してきた選手なので、来年までにまた延びてくるかもしれない。

 13位、ポゴちゃん・・。今大会最大のサプライズ・・・。
 どどどどうしたの!!?調子悪かったのだろうか・・。
 ショートは70点超えて4位、少しヨタヨタしたところもあったけど、
 相変わらずゴージャス、超美人、女王様でものすごくキレイだったのに。
 最初のジャンプで調子狂って、取り戻せなかったみたいです・・。
 いつかのNHK杯のように散々、演技後の号泣、
 キス&クライで、指で口角を上げて笑顔をつくろうとしててもらい泣き。
 一番好きな選手なんです。ロシアは競争が激しいので心配です。
 また会いたいよー。笑顔が見たいー。

 飛ばして16位、本郷さん。奇跡は起きず。
 今季はほんとに大変だったと思います・・。
 調子のいい年だったら、トップに入りかけてた。
 何もかも間が悪かったですが、仕方ないです。
 怪我を治して、また来季参戦してほしい。

 そういうわけで、女子シングルの五輪は2枠。
 大激戦になりますな。
 まぁ、それはそれで盛り上がるでしょう。
 五輪はそのあともありますしね。
 世界大戦がはじまらなければ・・。


・ペア

 すみオデ、すごく惜しかったです。
 自己ベストで60点を超えたのに、あと1歩でフリーに進めず、
 五輪枠も取れませんでした。
 今思うと、成龍はよくソチに出られたな。
 優勝は中国のペア。かっこいい。
 ペアリングについては勘違いしてました。失礼しました。
 ジャン兄さんが大好きだということ以外は静かにしていよう。

・ダンス

 なにげに1番ショックだったのはここかも・・。
 カナクリ、ショート失敗してフリーに進めず。五輪枠取れず。
 世界最終予選(違)へ。
 ダンスが枠を取れれば、ペアも団体戦のため五輪出場が叶います。
 ソチもそうでした。最終的には個人戦も滑り込めましたが。

 言いかえると、ダンスが取れなかったので、
 日本は五輪で団体戦に出られないかもしれないってことです。多分。
 それでもいいじゃん、シングルの選手に負担がかかるだけ、
 出たってどうせメダルが取れるわけではない・・・
 という意見もありますね。まぁそれも一理あります。
 
 でも、それなりにずっと応援して来てるので、
 カップル競技のこの結果は悲しかったです。
 最終予選がんばってー。


結局長くなってしまった。

真央ちゃんが引退を発表しました。
スマホにニュース速報としてお知らせが来ました。

マヲタではないですし、時間の問題だとも思ってたし、
真央ちゃん辞めないでと思ってるわけでもないのに、
しばらくは悲しくて、ニュース見て悲しくて特集見ては悲しくて、
ほぼ一日中、ハラハラ涙を流してました。私。
これがいわゆる〇〇ロスか。私、真央ロスなのか・・。
さすがに疲れてあきらめがつき、回復しました。

いなくなっちゃうわけではありません。
とりあえずアイスショーには出るそうです。
そこは特に興味ないですが、プラチナチケットと既に言われてます。

プラチナかどうかわからないですけど、
姉と姪たちは、今度の国別対抗戦のエキシビに行くそうです。
競技は取れなかったけど、去年の先行発売の初日に、
姪がキーボードを大連打して、エキシビ3枚は取れたそうです。
大会自体エキシビみたいなもんだし、いいじゃないですか。
さすがにそれはうらやましい。

羽生くん、宇野くんについては置いておいても、
ジェイソン・ブラウンもボーヤン・ジンも出るんですよー。
ネイサンも出るよ。Pちゃんも。メド子、ラジ子も。
いいなー。

そんなわけで長い話になりましたが、
いろいろ今季も濃く楽しかったフィギュアスケート、
後は国別対抗戦を残すのみです。

[PR]
by michiko0604 | 2017-04-13 22:51 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

ものすごい大会で、とんでもない大騒ぎになりました。
私も非常に楽しませていただきましたが、
混んでるところが苦手なのでビビって引いてしまった。安定のヘタレ。
いくらか収まってきた気配を待って、簡単にこっそり更新。


・男子シングル

 羽生くん、ショート5位から世界記録更新でミラクル大逆転。
 さすがにないと思われたので衝撃的でした。
 前週の、手負いのキセの大逆転に続くディープインパクト。
 まだ書いてないなこれも。

 ショートワンミスで98点、でも98点ですよ。すごい点でしょ98点。
 それで5位なんです。五輪前年の世界の本気を見ろ。
 羽生くんの今年のショートは、私は結局仲良くなれませんでした。
 曲はよくわからんけど、振りも衣装も変でした。似合ってないと思う。
 それで決まらないとなると、ほんとに変で気恥ずかしいプロでした。
 五輪に持ち越しであれば、ちゃんと決まるところが見たいかなぁ。せめて。

 フリーの完璧さは神がかってました・・。信じがたい。
 「ゾーンに入る」ってことなのか、集中力が凄かった。
 ソチの真央ちゃんに迫るほどで、結果に結びつけた点でさすが羽生くん。
 真央ちゃんにまとわるほのかな悲劇性には無縁。
 全方位に向けて、鬼のように強い選手です。泣かされちゃったぜ。
 あの繊細で美しいフリープロの最後にあのドヤ顔、あれこそ羽生くん。

 2位は僅差で宇野くん。

 羽生くんが劇的すぎて少し日陰になりましたが、
 宇野くんの320点弱がどんだけとんでもなかったか、特筆したいです。
 3ルッツでつまづかなければ、勝っていたかもしれないんですよ。
 正直なところ、プログラムとしては宇野くんのほうが好みです。
 特に今年は羽生くん、ショートは前述のとおりだし、
 フリーも、美しくひらひらとずっと同じことしてるだけで、
 盛り上がらないプロだなぁと思う。陰陽師やオペラ座のほうが好き。
 宇野くんの今年のプロ、ショートもフリーも、雰囲気が違うようでいて、
 独特の華やかさと濃さ、絶妙な淫靡さが漂っていて癖になります。
 羽生くんの小説より奇なドラマ性には誰も敵いませんが、
 フィギュアの演技としてみたら、宇野くんのほうが面白いです。

 3位はボーヤン・ジン!!2本そろえて300点超えましたよ!!
 今年はどっちも盛り上がる楽しいプロです。スパイダーマンと道。
 そしてめっちゃかわいいです。ボーヤンほんとにかわいいです!
 世の中にけっこう同じ気持ちの人がいてよかった。うれしい。

 4位はハビさん。ショート10点の貯金を守れず。去年は逆でした。
 今回のショートの、演技としての完璧さは感嘆するしかなく、
 フリーが去年のような出来ならば、あるいは逃げ切れたかもです。
 でも、最終組1番滑走の羽生くんのインパクトでやんなっちゃったのか。
 300点を超えても4位という、この大会の凄まじさにおののく。

 5位はPちゃん。Pちゃんだって、すごくよかった。
 でも、Pちゃんも、少しやんなったのかなぁってとこある。
 技術点の高い人がミスしないと、芸術点だけでは届かぬ。
 スポーツだから仕方がないですね。

 6位がネイサン。ナショナルから四大陸でピークが来ちゃったのかな。
 今回は少しミスがあり、時代の寵児も妥当な位置に。
 でもフリーはクワド6回で、何かしかぶちかましてくれます。
 来年、ピーキングが上手くいったら台風の目かもです。

 7位にジェイソン・ブラウン。まとまりました。クワド決まらんでも。
 スポーツということを置いといたら、最高。大好き。
 陳腐ですが、胸に暖かい潮が満ちてくる感覚になります。
 アメリカ男子3枠!

 8位、コリヤダ君。がんばった。でも世界の上限が伸びた。

 9位、ケビーン、ひさしぶりー。滑走順早くても頑張った。
 復活。でも、1点足りずにカナダは2枠。惜しかったけどしゃあないです。

 10位、ビチェンコさん。ひそかにファン多し。
 実はこの順位は素晴らしいのです。
 一人出場で10位、五輪でイスラエル2枠ですよ!
 サモーヒン出られるよ!!!

 11位、コフトゥン。彼なりに頑張った。上げてきた。
 フリー前に少し怪我しちゃって、ツキはなかった。
 プロがいっつも変だと思うんだけど、青い瞳が異常に美しい。

 12位、ミーシャ・ジー。これで引退らしいです(寂
 コールが「ミーシャ・ゲー」だったけど、ゲーなのか?
 これからは振付師に。依頼がもうたくさん入ってるらしい。

このへんにしておこう。
簡単にしようと努力したけどあんまりならなかったので、
そのほかの種目はわけます・・。


[PR]
by michiko0604 | 2017-04-06 23:01 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(2)

シーズン最大のイベント・世界フィギュアまであと1週間。
その前にあった大会について、自分のためにかんたん備忘メモ。


・ジュニアワールド

 今季は今までで一番盛り上がりました。女子フリーは地上波生放送。
 スター候補が出てくると違うな、やはり。まぁ、有難くご相伴にあずかる。

 男子シングル。

 ビンス・ゾウ大爆発。なにこれ、去年までと全然違うじゃん。
 クワド3回降りて、フリーの技術点は100点越え。羽生くんやネイサンレベル。
 総合で260点近く、ジュニアの点じゃないよこれ。

 サマリンやアリエフ、サモーヒンなども、クワドを織り込んで高得点。
 フィギュアの進化早すぎ。怖いよ。
 スポーツなんだから良いんだけど、楽しいより怖い気持ちが先だった。
 男子ジュニアはまだコドモも多くて、身体が出来ないのに高難度過ぎなような。
 でもそんなこと、私が心配することじゃないですね。
 無理すんなよとも言えないので、目の前の出来事を素で楽しめるよう努める。

 日本男子は、友野君、島田君。
 彼らだって彼らなりに悪くないし、9位と14位で2枠を取れてるし無問題。
 でも、上位とはあまりにもレベルが違ってしまい、目指すものも違いすぎ。

 
 女子シングル。

 ものすごい盛り上がりでしたよ。
 結果はあの通り、ロシアのザギ子が世界最高レベルで200点越えの優勝。
 連覇を狙ったマリンちゃんが、やはり200点超えても及ばず、2位でした。
 
 簡単に書いたけど、マリンちゃん素晴らしかったです。
 子どもなのに媚媚過ぎて、周囲のアゲも強すぎて、
 変態ロリのコメントもイヤすぎてちょっと苦手だったんだけど、
 も、ほんと素晴らしかったです。優雅できれいで可愛かった。
 そしてパーフェクト。

 去年の女王とはいえ、去年は有力選手棄権の間隙をぬった棚ボタもあり、
 報道があおるほど有力だとは全く思ってなかったんですが、
 ごめんなさい、おばさんの目が曇ってました。
 こんなに魅力的な演技をする人だとは。
 本人も、勝つつもりだったんですね。

 それを上回ったザギ子がすごいということでした。
 基礎点がそもそも高いので、ノーミス同士では勝てない。
 芸術点では差を埋められませんでした。
 残念だったけど、たいへん面白い試合で、予想以上に楽しめました。
 来季のシニアがまた楽しみ!

 坂本さんが3位。彼女も良かったですよ。
 ジュニアの試合、とくくってしまえば、一番爽やかで清々しかった。
 豪快なジャンプと健康的なステップ、すごく気持ちいい演技。
 レベルが高すぎて3位だけど、優勝だっておかしくなかった。

 白岩さんが5位。SPまとまって良かったです。
 フリーは・・転倒もあったけど、ちょっと固く感じた。
 背中の膏薬も痛々しく見えた。
 万全に健康になったら、彼女もトップに来ると思う。
 少女たちが津波のように。

 そのほか、優勝候補と思われたツル子が、精彩を欠いて10位。
 去年、怪我してないときはあんなに無敵だったのに。
 楽しみにしてたので、少し残念。怪我が完治すれば戻る?
 それとも、ほかの多くのロシア選手のように、一瞬の輝きで沈むのか。
 別の意味で恐ロシア・・。

 それと、韓国から新星が出ました。ほっそいんだけどジャンプ凄い。
 さすが五輪の秘密兵器、と思ったら、出られないんだって。
 勝負は北京らしいです。

 女子は勝負が面白いですね。来期以降もめっちゃ楽しみです。

 カップル競技。
 ペアもダンスも一組出場。いいじゃないですかー。
 順位はどっちも13位くらい。点数も120点くらい。
 そんなに悪くないと思う。これからのこと考えたら全然悪くない。
 これからも見守りたいです。



・冬季アジア大会

 1月にやってたやつ。(違った。2月だった。四大陸の翌週だ)
 トップレベルの大会とはいいがたいんだけど、予想を超えて楽しかった。
 いろんな国の選手が、それぞれ目標をもって頑張ってました。
 アラブの全身タイツ女子に感動。
 マレーシアの男子選手にも感動。3連続バタフライ。
 インドの選手が、花をもらって喜んでたと言う報道に涙。

 勝負のほうは。

 男子シングル。
 宇野昌磨くん、フリー2コケながら僅差で優勝。
 ボーヤン・ジンもまとめましたが及びませんでした。
 普段見ない人は納得いかない結果かもしれない。
 まぁでも、この結果。
 3位はハン・ヤン。彼も良かった。順当な結果か。
 いや。テンくんが不調だった。四大陸でなくこっちに出たのは何故。

 女子シングル。
 坂本さんがインフルで欠場、りかちゃんもいまいち。
 優勝は韓国の美人、2位が李子君ちゃん、3位がトゥルシンバエワ。
 見てた限りでは、順当でした。

 ダンス。
 クリカナ、四大陸よりもはるかによかったですよ。
 ベストに近かったのでは?惜しくも2位でした。

 ペア。
 海龍の海ちゃんがインフルで欠場。マジか。どこまで続くインフル禍。
 楽しみにしてたんだけど仕方ない。
 成嶺はドキドキでしたが、この前よりずっとレベル上がってた気がする。
 SPは46点くらい出たかな?海龍とそんなに差がなくなって来た。
 スゲー。・・と思ったが、フリーはまだメタメタだった・・。
 でも伸びる希望があるのはワクテカですよね。
 ジュニアのペアといい勝負になって来てるし。

 
・ルクセンブルクの大会

 この大会にトップ選手が出る意味がまったくわかんないんだけど、
 宇野君がエントリーして、ほかの選手と別次元の演技して300点。
 調子がいいのがわかったことはよかった。
 無良氏はぜんぜんダメでした。何しに行ったんだ。
 リカちゃんも一応優勝でしたけど、160点くらいでレベルが。
 ノービスやジュニアも優勝してましたけど、うーん、
 遠くまで行って練習試合。いや、いいんだけど、


こんな感じで。


世界選手権については、宮原さんの怪我が癒えず、欠場となりました。
リカちゃん大車輪の代役です。

五輪の3枠は、絶望的ってことはないけれど難しくなりました。
新葉ちゃんが大舞台で強さを発揮してくれることを祈る。
まぁ、2枠になっちゃっても仕方ないです。
ただ、そうなったら真央ちゃんの五輪は完全にないな、と
そう思っちゃったことだけが、ちょっと痛恨。

男子は、枠については心配してないです。当然といえば当然。
でもここも、エース二人のどっちかが出られなくなって、
ほかのふたりがデカくんと無良氏とかなったら、いつかの悪夢再現ですが。

カナクリ、すみオデも含めて、みんなのベストの演技が見られますように。

[PR]
by michiko0604 | 2017-03-21 21:50 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

私が見るようになってからという範囲ですが、史上最高に盛り上がりました。
簡単に覚え書いておこうと思う。


・男子シングル

 ハビさんとテンくんがいないくらいで、ワールドレベルのすごいメンツ。
 300点出しても勝てない、ビビるほどハイレベルな大会に・・。

 結果はあの通りです。
 絶好調を維持したネイサンが、クワド7発ぶちかまして優勝。
 羽生くんは鬼のリカバリーでの猛追も及ばず、3.5点差で2位に。

 フリーでは1位、2位でも収穫大、芸術点ではまだ差が・・など、
 どれもその通りですが、この試合の勝負のことを言えば、
 羽生くんはネイサンに「完敗」だと思いました。ガチンコで負けた。
 恐ろしい試合でした。マジ怖い。でもめっちゃ面白かった。
 羽生くんに勝たせたかったですが仕方ない。
 フリー、今季一番良かったです。初めてちょびっと感動した。

 男子の進化が半端ない。ワールドでも名勝負を期待。ケガしないでー。

 宇野くんはSPは100点超えましたが、フリーで少しミスあって3位。
 でも自己ベストだし、今回はそんなにガツガツせず試してる感じ。
 やりたいことが全部まとまれば、彼こそ凄いんじゃないかという気も。

 デカくんはちょっとダメでした。自分を越えろデカくん。

 Pちゃん、ボーヤン・ジンも、それぞれ持ち味を出してまぁまぁです。
 ミーシャ・ジーやブラウンも、フィギュアスケートってこうでしょ?
 っていう気分を思い出させてくれて、いい感じでした。
 勝負は置いといても楽しませてもらえたので、良い大会でした。



・女子シングル

 女子は反対に、頂上に立つロシア勢がいないので、
 挑戦権争いとしても、いい試合をしておきたいところ。

 三原マイさん、ショート4位から逆転優勝です。ヤッター!
 ミスパーフェクトさく裂でした。可憐でかわいくて完璧。
 ジャンプがお手本のようにふわっとキレイ!文句なしです。

 だからこれを言うのは勝手で贅沢ですが、
 三原さんのことは、来季までとっておきたかった・・・。
 後ろでノビノビ経験値を上げて欲しかった。エースになるのは早すぎる。

 でもっ。こんなの素人の取り越し苦労ですね。このまま伸びる、きっと。
 技術はあるので、来季は高梨沙羅ちゃんみたいに化粧で別人になって、
 ガンッと華やかに飛び出してきて欲しい!期待!

 ケイトリンやカレンは、ナショナルの好調のまま爆発できれば、
 勝負はわからないと思ってましたが、どっちかっていうと、
 ショート僅差の4位は大チャンス、逆転はアリだった。
 彼女たちはまだ不安定。

 2位に、ケイトリンでなくデールマン。彼女は良かった。まとめた。
 未来ちゃんも良かったんだけどなー。ワールドは出ない。3位。

 新葉ちゃんはどうしたんでしょうか。今までで一番アカン。
 メンタル?イップス?不調にもほどがある。キスクラで号泣。
 演技になってない、と感じた。ぜんぜんやる気がなく見えた。
 ダメな時の渡辺カナコちゃんみたい。迷子になっちゃったのかな。
 ただでさえ叩かれやすくてかわいそうなのに・・
 って、叩かれたのか?それで?わからない。
 ワールドまでに立て直してくれるかな。

 キムヨナが好き、て口に出すことのどこが悪いのか、
 私にはぜんぜんわかりません。キムヨナきれいじゃん。
 日本人のイヤなとこ。

 リカちゃんは、急きょ代役出場と言うことを考えても、
 ぜんぜん出来上がりませんでした。
 自分ではまぁまぁ、と言ってたので、ほんとに今季調子悪いのね。
 アジア大会にはも少し、自分のベストに持っていけますように。

 あとは、宮原さんが万全で戻って来てくれるのを待つ。


・ダンスは、カナクリが140点で9位。
 あんまりよくありませんでした。
 場外で、カナちゃんがよその愛国者に変な絡まれ方をしてイヤな感じ。
 カナちゃん、訂正しないで言わせておけば良かったのに。
 カナちゃんは何も悪くない。日本海がキレイって言っただけ。
 でも、本気で訂正したならあまり頭良くないし、
 ワザとだったら・・オイオイやめとけよ!と言いたいぞー。

 エミマリは・・こんなもんですか?


・ぺア

 すみオデは、164点で10位。
 今まで一番ってわけじゃないけど、実力は出せたと思う。
 最初のツイストリフトのふわっとした感じが大好き。
 ちょびちょびミスあるし、スピンもだいぶズレてるけど、
 まだすぐに伸びる余地があるってことで、けっこう期待。

 海龍は・・頑張ったんだとは思うんだけど。130点13位。ダメだ。
 ショートは50点でまずまずだったけど、フリーはわりとボロボロ・・。
 世界選手権のミニマムに届いてないので、また頑張って。
 アジア大会も楽しみに。フリーの技術点、45点取って!
 そこが最低目標だよ!(何様
 

そんな感じで、だいぶ楽しみました。ありがとう。

連戦でアジア大会があり、
宮原さんの欠場で回って来た坂本カオリさんが、なんとインフル。
またかよ!ほかのみんなは大丈夫なのか?
残念。女子は彼女が一番楽しみだった。出場はリカちゃんひとり。
頑張れリカ!・・まぁ、たまにはほかの国が優勝でもいいか・・。
李子君ちゃんとかカザフの子とか、コリアンの美人たちとか。

男子は、健康な宇野君がそのまま出るので、無欲の爆発を期待。
マジ期待。すごいの来るんじゃなかろうか。
あと、無良氏。アピれるところはアピッとこう!!

カナクリはベストを期待。

ペアは海龍と成嶺!がんばれ!少しでも上へ。順位じゃないよ。

そんなこんなで楽しいフィギュア。

[PR]
by michiko0604 | 2017-02-22 22:04 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

ええっと・・谷間時期と言いつつ、けっこうたくさん大会が。
去年も書いた内容なのに、今年はなんかめんどくさく感じる。
いくらか熱が下がってるのかもしれないし、
単に出力パワーが落ちてるだけかもしれないし、
それよりも単に、項目が多くて拾いきれないのかもしれない。

いやいや別にネガティブな話じゃない、楽しんでますが。
とにもかくにも覚え書き。結果だけなるべく簡単に。


・全中

 最新です。

 男子は、新イケメン木科くんが逆転優勝。
 フリー1位の壷井くんが2位、本命島田くんはミス出て3位。
 それぞれの差が1点未満、大接戦でしたが、順位はこのように。
 全員180点ちょい、トップに顔を出すまでにはもう少し。

 女子はまりんちゃんのぶっちぎり。ノーミスじゃなくても190点近く。
 2位は真瑚さん、3位は滝野さん。
 白岩さんはミスが出たか、今回は170点の4位。
 紀平さんは、なんらかの大会で11位で出場資格がなかった。シビア。


・インターハイ

 男子は友野君、本田君、須本君。よく名前を見る子たちですね。
 友野君がコンスタントに200点を超えて、この中では有望のよう?

 女子は三原さん190、坂本さん183、こころさん172。
 世界戦か。女の子たちのフィギュア人気すごいな。


・国体

 成年男子は、趣味でやってる皆様のお披露目的な感じなのか。
 いや、それで十分ですが、結果は割愛。

 成年女子は本郷さんの連覇。でも得点は180点ほどで冴えない。
 去年の213点という驚異的な数字からは比べるべくもない。
 今年は試練の年。
 2位は雅さん、3位は中塩さんで、頑張ってる2番手の皆さん。

 少年男子は、友野くん202、須本くん184、木科くん178。
 少年女子は、白岩さん187、坂本さん184、三原さん177。
 
 細かい差異は見逃してください。だいたいの目安?ってことで。


・ユニバーシアード

 カザフでやってました。大学生の世界大会。
 今回、例年より盛り上がったような気がする。テンくんのおかげかな?

 男子は①テンくん ②デカくん  ③マヨロフさん  でした。
 トップ選手のテンくんに次ぐ2位、250点を超えてデカくん頑張った。
 リュージュくんも226点くらい出て、かなり上向きです。
 イケメンで世界を驚かせたらしいです。白人枠でもイケメン。

 女子は①ラジ子196  ②凛さん187 ③ひなのさん174?でした。
 国の層が厚すぎて苦しいラジ子は別格、凛さんが立派です。
 2番手グループから壁を破ってくるだろうか。少女たちと戦えるか。


海外のナショナル他。

・ロシア選手権

 メド子とどまるところを知りません。
 国内とは言え230点を越えてぶっちぎり。
 違反で点が減っても3連続3回転をぶちかます余裕。
 てか、今は違反なのか。長野でタラがやってなかったか?

 しかし恐ロシア、彼女を技術点で超える子が。
 ジュニアのザギトワちゃんが2位。美少女。
 ツル子が次世代の女王と思っていたが、この子もすごい。
 身体が変わるタイミングに恵まれれば一気に来る可能性も。
 
 3位はソツコワちゃん。
 ポゴ、ラジが4,5位。210点超えてもここ。マジロシア怖い。

 
 男子は、今やエース格のコリヤダくんが勝ち。
 2位がジュニアのサマリン、3位コフトン。なかなかまとまらん。

 
・アメリカ選手権

 世界に衝撃が走りました。
 ネイサン、ノーミス7クワド?で、318点の優勝です。キャー。
 2位はビンス・ゾウ、3位はブラウン。リッポンは骨折で長期離脱に・・。
 ブラウンはなんとか戻ってきました。大技なくても美しいです。
 ワールドで会えそうです。てか会いたい。

 女子はカレン・チェン。17歳のチェンがアベック優勝。
 2位がさすがのワグナー、3位は台頭して来ていたマライア・ベルです。
 GGは今季まとまりませんでした。


・カナダ選手権

 男子はPちゃん貫録の優勝。
 ジャンプはまだヨタヨタでも、高難度を積極的に入れてます。
 苦手なアクセルも頑張ってます。
 2位は帰って来たケヴィン、3位はこれも復活ナムくん。

 女子。ケイトリンが出てきてます。笑顔かわいい。台乗りあります。
 2位がデールマン、3位はアレイン。カナダ女子のおなじみ。


・欧州選手権

 ハビさんも貫録の優勝。300点は行かないが敵はいない。
 2位、久しぶりにまとまったコフトン!!がんばれ!
 3位はちょいミスのコリヤダくん。ここで250くらい。

 女子はロシア大会再現・・かと思ったらそんなことなかった。
 メド子世界新クラスの異次元は変わらなかったけど、
 2位が211点のポゴ、
 3位に210点でコストナーが来ました!ここもさすがです!
 真央ちゃんも帰って来てほしいなぁ。


・・というわけで、情報が多くて記録するだけで精いっぱい。


四大陸選手権がもう来週です。

五輪のプレ大会の様相があるので、メンツはかなり豪華です。
羽生くんが久しぶり、仕上がりはどうなっているか。
絶好調のネイサンはそのままぶちかましに来るのか。
ボーヤン・ジンは復調しているのか。
Pちゃんは。宇野君は。テンくんは。デカくんの世界での立ち位置は。
ここまで全部アジアン。じゃあブラウンを応援(違

女子は、ワールドの3枠獲得を占えるか。

カップルも楽しみ!国際大会で海龍。どうかなー。
最近どんどん好きになってるすみオデ、ダンスの二組も。
放送はないんだろうなぁ・・・ライストかネット動画探すよ。


こう書いてくると、やっぱり楽しみですね。

五輪については不安いっぱいで、正直、ほんの少し心の準備を始めてる。
あんまり楽しみにし過ぎないように。
普通の五輪が見られるものと、当然のように期待しないほうがいいのかも。
ついでに東京五輪も不安だけど、そこは今はいい。

もちろん、こんな心配が取り越し苦労で、
またあの楽しい2週間が味わえるのであれば、それに越したことないです。
まずは今季の四大陸。

そしてワールド。


追記:驚愕のニュースが入って来た。

日本女子のエース宮原さん、負傷で2大会棄権。ああー・・。
四大陸には本郷さん、冬季アジアには坂本さんが補欠繰り上げ。

サト子が万全だったら、ワールドの台乗りは可能性あり、
悪くても4~5位くらいは期待できるところであり、
もうひとり8位以内に入れば良いとなれば、五輪3枠は何とか・・
など、外野の素人は勝手に計算していました。

今のところワールドは出場の見通しらしいですが、出来上がりはどうか。

さすがに一報はショックでしたが、今はただ、お大事に、というだけ。
だってしょうがないし。

3枠が厳しくても、3人中2人で28位内の2枠はさすがに大丈夫でしょう。
そうなってしまっても、それが今の国の実力なら仕方ないです。
枠だけは確保しておいて、この1年で少女たちがぐんと伸びるかも・・
それがベストですが、それが叶わなくても誰のせいでもありません。

順位も当然大事ですけど、皆さんのベストの演技が見られますように。
それぞれ、楽しみにしてます。



[PR]
by michiko0604 | 2017-02-07 22:15 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

フィギュア全日本小メモ

引き続き大嘘日記。
昨期の日記を見たら、全日本については触れてないんですね。
書かないと忘れちゃう。今回はメモ位残そう。


・男子シングル

 羽生くんインフル禍で欠場。なのに存在感が色濃く異様な大会に。
 優勝は、まぁ突出した実績の宇野君が順当に。
 完ぺきではなかったけど、リカバリーの練習だけは実を結び、
 ついにフリーでコンボ券を使い切って高得点、涙の初優勝。
 アジア大会出場という罰ゲーム(違)付きですが。
 
 少し離れた3枚目の切符は、そこそこまとめたデカ君がつかみました。
 SP1位のムラ氏はまとめきれず、代表落ち。しゃあない。
 
 フェイくんが彼なりに頑張って、230点で歓喜の4位。
 数年前ならシリーズで台乗りもある得点。今はムリだけど。

 ジュニアの選手たちがちょこちょこ上位に来ていて、
 やっぱりまだ、世界を獲れるような気配はただよわないけれども、
 世界を獲るなんて滅多にできないんだから、有望な空気だけでも楽しい。
 というか、いつもこれだけは生放送してくれる男子ショート、
 ここでしか見られない選手がたくさん出て、思った以上に楽しめました。
 世界のトップレベルじゃないんだけど、飛ばさずに全部見た。
 なんだかみんないとおしかったです。


・女子シングル

 さっとんぶっちぎりの優勝。小ミスあっても盤石。ワールドも頼む。
 2位は新葉ちゃん、3位は三原さんでした。
 シリーズでそこそこの結果を出してた二人が、200点に肉薄。
 順当と言えば順当で、彼らがそのままワールド代表になりましたが、
 3人並んでいるのを見ると、その地味さに衝撃を受ける。ごめん。
 五輪の3枠、どうかよろしくお願いします。
 まりんちゃん、白岩さんなども上位。
 特に白岩さんは、フリーの技術点では1位。今後期待。ケガしないで。

 本郷さんは、ロレンスをあきらめて昨期のリバーダンスで勝負。
 でも完ぺきとはいかず、ショートから順位を落として涙の代表落ち。

 カナコ久しぶりにフリーまとまる。笑顔と涙爆発。
 ああ、これで引退なのかな・・と思うと寂しい。コーチと激ハグ。

 真央ちゃんは、今期はとうとうまとまりませんでした。
 初めての、大きなケガを抱えたシーズン。
 後半戦の小さな大会も出ず、体調を戻す日々に。
 真央ちゃんの納得いくように。

 トップには来なくてもきれいな選手がたくさんいました。
 楽しいナショナル。


・ダンス

 カナクリきれいでしたよ。安定してきた。
 クリスの怪我はあるのでしょうが、世界で戦えるくらいに。
 平井さんのところも、見ていることはできる。
 ギリ鑑賞に堪えるというか。素人は無責任ですいません。


・ペア

 すみオデ良かったです!だんだん良くなってる気がする。
 「世界で戦える」って言っていいのかわからんけど、
 世界大会の出場者として、違和感ないくらいにはイケてる。
 ただ、すみさんの日本語が、オデ君と遜色ないくらいに残念だったので、
 もっとインタビュー受けて場数踏んでこなれるといいですね。

 海龍は、木原君の怪我があったので万全じゃなく、
 なんとか要素をこなしてる感じの市内大会レベルで、
 思い入れがなければ鑑賞に堪えないかもしんない。
 それでも尚、去年よりずっと進化してます。胸熱です。
 アジア大会楽しみです。ミニマムスコア取ってほしい。

 古賀ハウも有望らしいんですが出てませんでした。

 成嶺も、前回よりずっといいです。五輪間に合うのかな。
 
 五輪はどのカップルが出られるでしょうか、という楽しみも。
 ある意味ぜいたく。まだドングリっていうか、どこも届いていないような。

 こんな感じでそこそこ楽しみました。

[PR]
by michiko0604 | 2017-01-08 14:56 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)

簡単に。


シニア男子は羽生くんの・・ええっと、4連覇?
SPは今までで一番よく、最初からスピードあってすごい勢いで、
ジャンプが流れず加点がつかないところがあった程度で、106点。
本人は不満だったようで「106しか出せなかった」とマイクに拾われてた。
いいと思うよ。これからさらに伸びる余地があるんでしょ。

フリーは、2年前までみたいな感じでまだ完成せず、普通の得点で、
下位から猛追を受けたけどショートの貯金で逃げ切り。これはこれで順当。


2位はネイサン。今回は大爆発。フリー4回転ノーミスで1位。
精悍なアジアイケメンで、踊りもイケてるし脅威かも。
でも、意外に私はまだ、ボーヤン・ジンのほうが好きだとわかった。
なんか途中で飽きた。
今後どうなるかはわからん。最高難度の人はいつでも好きだ。

3位は宇野くん。彼もほぼほぼパーフェクトで、順位を上げました。
独特の華があって、もしかしたら今季の羽生選手より、見てて楽しいかも。

Pちゃん、ハビさんの王者ふたりは、ショートから順位を落とした。
まぁ、本番はワールドなので。

リッポンは、もともとがこの高難度争いの中では分が悪い上、
フリーはミスが続いて勝負にならなかった。
でも!悪くなかったと思います。特にショート。観客喜んでたし。
全体の完成度で勝負する人が、一人くらいいてもいいと思うの。
ブラウンが出られなかった分、彼は彼で異彩を放ってて良かった。
ミスしてちゃしょうがないけど。


シニア女子。
メドベちゃん最強伝説は続く。ショートは世界最高。
フリーはめずらしくちょっとミスあったけど、楽々優勝。

宮原さん、ミス・パーフェクトさく裂。完璧に自己新。微感動。
いつも、素人目にはよくわからなくてもすごく減点されたりするけど、
今回はちゃんと高い点が出た。きっちり2位に入った。
もしかしてジャンプも見直したのだろうか、高さは仕方ないとして、
流れを重視して大きく見せるような作戦に?
それでNHK杯ではコケたのだろうか。だとしたらすごい。

3位はポゴちゃん。豪快に美しい。点差はさほどない。

4位はケイトリン。ちょっとのミスで、ショートから下がった。
感じのいい演技ですよ。美人だし、笑顔が可愛い。
ノーミスなら台乗りはある。

5,6位は、ソツコワちゃんとラジ子か?
とにかくねぇ、レベルがものすごかったんですよ。
210点でも台に乗れないんだもん。
男子と違って、目立った新技があるわけじゃないので、
ちょっとインフラかなぁって感じるくらいだけど、
ジャッジスコアみると、そういうもんなのかなぁ、とも思う。


ジュニア女子は、ロシアの美少女2人が突出。
坂本さんが3位に入ったけど、演技は完璧でなく、点差は離れた。
紀平さんは落ちた調子を戻せないままだったよう。
まりんちゃんは現地入りしてからインフルエンザ発症で棄権。
しょうがないけど、寂しい大会に。

男子はどうだったっけ。たぶんロシアの子が優勝。
240点くらい出たので、ここしばらくでも高いほうの点ですよ。
韓国の子は、3位くらいだったかな。初めて見た時のほうが良かった。
少しミスが出たっぽい。でもまだ14歳だからね。

こんな感じ。カップル競技はチェックしてないです。



そして年内最後のお楽しみ、日本選手権がはじまるのですが。
なんと、羽生くんがインフルエンザで欠場とのこと。あららら。

まぁでも、お休みも悪くないかもですね。
特例てか救済てか、いずれにせよ代表には選出されるでしょう。
五輪会場の四大陸、本番の枠取りワールドに間に合ってくれれば。
今季日本選手権に優勝すると、アジア選手権に出ないとならんらしいので、
そこが回避されるのもなにげに良かったかもしれません。ごめん。

男子は草太やダイスも棄権で少し寂しいですが、
それはそれで、ふだん見られない人たちをチェックするのが楽しいし、
ムラ氏、デカ君、フェイ君、ジュニアの子たちなど楽しみです。


女子は真央ちゃんが戻ってるか楽しみ。本郷さんも。
宮原さんに挑戦する10代の子たちも。

そして、この大会こそ、ついに国のカップル競技が集結なので超楽しみ。
カナクリは、怪我は治ったのかな?平井さんのところと。
ペアは、ジュニアと合わせて5組も出るんですよ!嬉しくて泣いちゃうよ。
夜中に放送があるので、録画します。みんな、まとまるか!?

そんな感じで、それなりに楽しみに3連休に向かおうとしているところ。

[PR]
by michiko0604 | 2016-12-21 23:06 | スポーツ観戦 | Trackback | Comments(0)